エンジン音の魅力

連休中は1日を除き、天気にも恵まれ、スポーツカーのオーナーにとっては絶好のドライブ日和だったにちがいない。
a0129711_19524522.jpg
先月GTBturbo でクラシケを取得された方からも素晴らしいショットをいただいた。
長尾峠やターンパイクをあのターボの独特の乾いた排気音を響かせながら疾走するGTBターボが見えるようです。
スポーツカー独特のエキゾーストノートでドライバーの気分は間違いなく高揚する。
5月4日、F12 のオーナーが弊社に来店された。
他にも73年の911のナローや80年代の911、そしてDino308gt4 も所有されている。
その方にどの車のエンジンが一番気持ちいいかお聞きしてみた。
a0129711_19533770.jpg
速さという点では圧倒的にF12がまさるが、音ではDino308gt4 が一番素晴らしいという。
それには私もまったく同感であの管楽器のようなサウンドはキャブレターのエンジンならではの音色だ。

40年前にマラネロで作られたF106 というコードネームでよばれるフェラーリ初のV8engine は実に素晴らしい。
そのピックアップの良さもそうだが、あの独特なサウンドは当時も、今も私を魅了する。

a0129711_20024164.jpg
gt4や308GTBのキャブレターモデルはその販売台数の多さからよいものが年々少なくなってきている。
a0129711_20033331.jpg
さらにきちんと整備されているものが少ないため、この素晴らしいサウンドを聴くことの出来るオーナーは限られている。

あのキーンという音と澄んだ排気音のおりなすサウンドはまさにフェラーリミュージックと呼ぶにふさわしい。

GTBターボのF40 のような乾いたサウンドも魅力的だが、キャブレターの音色には美しさを感じる。
モダンフェラーリのレーシングカーのようなサウンドとは異なるエレガントさがある。

  # by cavallino-cars | 2018-05-08 20:04 | Comments(0)

gt4 の初期モデルと後期モデルのバンパーの違い

私がgt4を購入する時に見るポイントの一つがバンパー。

初期モデルはバンパーのラバーが薄いものがつく。
a0129711_19043076.jpg
a0129711_19051625.jpg
正面から見ると初期型はメッキのフレームの中にバンパーが納まっており、クロームがバンパーの上下左右を囲みこんでいる。
a0129711_19081841.jpg
それに対しフェラーリのバッジがつけられた後期モデルはメッキの下の部分がラバーで隠れている。

フェラーリ伝統のアルミグリルをつけたことにより、ゴムのラバー部分を大きくして、

メッキ下の部分をかくすことにより、デザインを美しく見せる必要があったのだろう。
a0129711_19060702.jpg
初期モデルは前後ともラバー下のメッキ部分が見えるのに対し、
a0129711_19090911.jpg
a0129711_19103842.jpg
後期モデルは前後ともメッキ下の部分はラバーで隠れるようになっている。

フロントやリアが初期モデルでありながら、大きなラバーでメッキ下の部分が隠れているものは

何らかの理由で間違いなく交換されていると思って間違いない。

今ではフロントのラバー部分やメッキのバンパーは中古でも入手が困難。

すべてが完璧な車はないのは当然かもしれないが、知っていて購入するのと、

知らずに購入するのとではオーナーの車に対する思いがことなります。

自分のガレージにはできるだけオリジナルのものを納めたい。

  # by cavallino-cars | 2018-04-24 19:22 | Comments(0)

Ferrari Classiche

a0129711_14525878.jpg
昨年、弊社の輸入した308GTBQV とGTBtrubo の2台がクラシケを申請。
a0129711_14562050.jpg
今月やっとマラネロの本社から到着する。

これで弊社で輸入した車でclassiche を取得した車は10台。

半年以上もディーラーに預けなければならないが、フェラーリ本社のお墨付きをいただけるのはやはりうれいい。

この1冊に50万円の価値があるかどうかは個人の考え方次第。

オリジナルと違うパーツを使用していたり、工場出荷時に左ハンドルだったものを右ハンドルに改造しているようなものもある。

当然そのようなモディファイがされた車は取得することが出来ない。

40年も経過しているこれらのクラシックモデルでオリジナルの塗装という固体はまずないだろう。

しかし再塗装してあってもそのボディラインが出荷時と同じであれば問題ない。

内装の張替えなどもオリジナルのものを使用しているものだけが取得できるという。

その意味で、自分の車がこの1冊を取得できたことはFerrari社がオリジナリティのギャランティーをしてくれたことになる。

オーナーにとっては嬉しいに違いない。

月末までには各オーナーのご自宅に届く予定です。

  # by cavallino-cars | 2018-04-18 15:00 | Comments(0)

Chelsea からのDino308gt4

a0129711_09540564.jpg
弊社が3台目に輸入した英国の高級住宅地のチェルシーから譲り受けたDino308gt4 の新しいオーナーが決まりました。
a0129711_09511184.jpg
この車を購入した2008年6月は価格も高騰する前で、数あるgt4の中から本当にコンディションのよいものばかりを購入できた。
a0129711_09515772.jpg
売っていただいた英国人からその後、買い戻したいといわれるほど、当時でもオリジナルコンディションの素晴らしい固体だった。

この車のさらによいところはそのエンジンレスポンスの素晴らしさだろう。
a0129711_09514108.jpg
今回ご購入いただいた方は試乗もせずに、弊社を信頼していただき、ご契約いただきました。

クラッチの重さは今の車に比べれば、かない重いことはお伝えしたが、気になさらないとのこと。

納車はゴールデンウィークになる予定。あのキャブ独特のフェラーリサウンドや足の微妙な踏み加減にも反応するエンジン、細いステアリ

ング、熟練の職人技でしかできない、内装の美しさ、私がスポーツカーにのぞむすべてがこのgt4にはあります。

フェラーリ全盛期の40年前のスポーツカーが今乗っても非常にエキサイティングなことを知っていただきたく思います。

世界中をさがしてもこの色でこのようなコンディションの車をみつけるのはまずむずかしいでしょう。

自分だけの1台がガレージにあるという歓びは格別なのです。


  # by cavallino-cars | 2018-04-16 10:02 | Comments(0)

sold!!

a0129711_21395493.jpg
先月ドイツから譲り受けたDino208gt4 の仮予約の申込金が入金されました。

新たなオーナーになられる方は328を所有されている方。

今からキャブのgt4を実際に乗られてのインプレッションをお聞きするのが楽しみです。

a0129711_21383797.jpg
車は今週船積みされるため、東京港到着は5月末。

通関はゴールデンウィーク明けになる予定。

日本に到着し、現車をご確認いただき、本契約となります。

万一、ご希望にそえないような状態のものであれば、申込金は全額返金しますが、今までそういったケースはまずありません。

イタリアを41年走ってきたこのgt4が今年日本の道を走ることになります。

今からその日が待ち遠しい。

  # by cavallino-cars | 2018-04-12 17:56 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE