chassis#13370のDino208gt4

5月18日Lufthansa204 便でフランクフルトからドレスデン空港に向かいます。
a0129711_17243292.jpg
フランクフルト国際空港とは異なり、ドレスデンは小さな地方空港。駐機している飛行機も2機ほど。
気温は11度。日本に比べ10度以上低いです。

a0129711_17254110.jpg
ドレスデンからはレンタカーで目的地のSchneeberg に向かう。
途中の高速は有名なアウトバーン。
走行車線ではどの車も時速150kmほどで走っています。
空港から約100km。1時間ほどで到着。
a0129711_17273635.jpg
今回の目的は走行わずか13,650kmのDino208gt4。

a0129711_17293243.jpg

フロントウインドウはオリジナル。一度も交換したことがないのはメッキのモールのコーナーの納まり具合や新車時に貼られた空気圧のステッカーが残っていることからもわかる。
ワイパーブレードはCARRELLO製のオリジナルがつく。
a0129711_17305154.jpg

フロントフード上のダクトも208のオリジナルのシルバーで、
a0129711_17324550.jpg

スペアタイヤセクションのカバーはクラックしているものが多い中、この車の状態は素晴らしい。
ブレーキオイルタンクのチェック用の点検口をおおう丸いカバーまで揃う。
a0129711_17321846.jpg

ヘッドライトをおおう黒いプラスティックのカバーをとめるネジは小さなプラスのものでこれも当時のもの。
納まりもちりも完璧です。もちろんヘッドライトも78年にマラネロをでてきたままのものがつく。
a0129711_17374063.jpg

エンジンルームはエアクリーナーとオイルクーラーにつくホースのアルミ製のバンドも金色の当時のものがすべてつくのもいい。
エアクリーナー上部のマルネジも当時のもの。プラグホールカバーは新しいものに交換されている。
a0129711_17312791.jpg

リヤトランクフードの生地も麻のようなオリジナル。その状態もご覧のようなコンディションだ。


a0129711_17365482.jpg


もちろんマフラーもシングルパイプのオリジナル。
内装はすべてオリジナル。
a0129711_17342894.jpg


ステアリングのレザーの傷みもほとんどないことからもこの車のコンディションがわかる。
唯一異なるのはホーンボタンが跳ね馬のがついていること。
これはおいおいオリジナルのDino のものを捜していけばいい。

a0129711_17331085.jpg
運転席側につくVitaloni 製ミラーも打刻のある当時のものだ。

a0129711_17400450.jpg


念のためドア下の腐りがあるかも確認。
もうこの車を買わない理由はどこにもない。
このような状態の車にはいつ出会えるかわからないほど貴重な1台なのです。
a0129711_17332764.jpg


メーターがきちんと作動するかどうかの確認のためにSchneeberg の街を数キロ走る。
a0129711_10325280.jpg
エンジンはプラグがかぶりぎみで本来のトップエンドまでいっきに吹け上がる208ならではの加速はしなかったが、
キャブレターの調整で本来の調子をすぐに取り戻すだろう。
a0129711_10332782.jpg
メーターはすべて作動し、距離計も動いていることを確認した後、ミッション、ブレーキなどのテストをして終了。
今回はタイミングベルトをいつ交換したかが不明なため、最小限の試乗でお店に戻り、購入させていただいた。
このショップのオーナーの故郷がボローニャでその知り合いから譲り受けたとのこと。
ドイツにはまだきたばかり。まだナンバーもつけてない状態。
時間を作ってきた甲斐がありました。
5月11日から今日までホールドしていただいた社長のSpahoさんには本当に感謝したい。
日本には7月到着予定。
a0129711_10321507.jpg
今夜はドレスデンの空港近くのホテルに泊まり、明日の朝6時の飛行機で英国のマンチェスターに向かいます。


  # by cavallino-cars | 2018-05-27 15:19 | Comments(0)

arrivo!! Benvenuta a Tokyo!!



a0129711_21363940.jpg
3月の雪降り積もるドイツのOffenburg から譲り受けたDino208gt4 が無事横浜本牧埠頭に到着した。
これから板金工場にむかう。リアの欧州ナンバーの穴埋めやボディの塗装の補修作業を行う。
a0129711_16080296.jpg
その後、タイミングベルト交換を含む作業を行う予定。
すでにこの車両は仮契約済み。整備が済んだら実際にご覧頂いて、正式にご契約いただくかどうかをご判断いただきます。


  # by cavallino-cars | 2018-05-25 16:12 | Comments(0)

812superfast

a0129711_16380762.jpg
初めて599に乗った時はその加速の凄さに何人のオーナーが高速でフルスロットルに出来るだろうかと思ったほどだ。
a0129711_16233246.jpg
その後に発売されたF12は首都高速でアクセルを全開にすると、あまりに速く、ステアリング上部に付くLEDの表示が全て点灯するまでアクセルを踏み続けることができないほどのGを背中に感じた。少なくとも599では赤いLEDライトの右端が点灯するまでは恐怖心はなく踏めたがF12のパワーは強烈でステアリング上部のLEDが左から右端まですべて点灯するのを確認するまでアクセルを踏み続けるにはサーキットのような場所以外では躊躇するほどなのです。

a0129711_16231237.jpg

F12 は初めてF40をフル加速させた時よりも格段に速く、フェラーリ史上最大の740馬力の加速は想像以上。
トラクションコントロールをオンにしていてもリヤタイヤが空転し、テールが左右に動くほどだ。かつての重く、スポーツカーとしてのレスポンスがV8に劣るというイメージはF12からは全く受けない。
一度この12気筒の加速を体験してしまうとあれだけ速く感じた488がアンダーパワーに思えてしまう。
a0129711_16225818.jpg
812はさらにパワーアップされ800馬力となる。F12から乗り換えた印象はクラッチの繋がりが実にスムーズとなり、特に低速時に感じたF12のシフトショックが全く感じられず、助手席にすわり、目を閉じていればメルセデスに乗っているのかと思ってしまうほどだ。

その足回りでも同様でF12で首都高の継ぎ目でゴトッと感じたショックも812からは何も感じられないほどスムーズになっている。
70年代のF1と同じ加速が一般道で誰にでも体験できてしまうことは技術の進歩として当然評価出来る。
一部の方はエンツォが存命していた頃の美しさが失われ、上場したフェラーリに創業時のスピリットが無くなったと批判的な人もいるようですが、一度でもF12や812に乗って1速、2速、3速とアクセルを踏み続ければ、フェラーリがピュアスポーツであることを理解するはずだ。
a0129711_16234338.jpg
上の写真は812。ミラーのステーがF12 (上から2番目の写真)と比べるとリアフェンダーがでているために長くなっている。

問題は800馬力を公道で十分に楽しめるかどうかだろう。レース経験のある私でも怖いほどの加速をする812を公道で限界に近いコーナリングを楽しむことは難しい。
コーナーで少しアクセルを緩め、ノーズがスーッと中に入ってクリップを抜けていくスポーツカーならではのドライビングはもはや一般道では不可能だろう。
これからますますパワーアップされ、近い将来1000馬力のフェラーリも登場する日が来るかもしれない。

全て電子制御でとてつもなく速く走れる車より、その車をコントロールして走る喜びが得られる車こそがスポーツカーと呼ぶにふさわしいと考える。800馬力の812は実に素晴らしい車でその速さはデザインを超越するほど印象的だ。と同時に初めてスポーツカーを乗る方には極めて危険な1台とも言える。何台もフェラーリを乗り継いで来られた方だけが乗りこなせる車なのです。

異次元の速度を体験できるsuperfast とクラシックフェラーリを乗り比べると40年のフェラーリの進化を感じる。
モダンフェラーリに乗って308GTBやDinogt4 の素晴らしさもまた再認識できる。
5000万円という高額な価格を支払えば、公道で誰でも70年代のF1と同じ加速が楽しめてしまうという時代がきた。

  # by cavallino-cars | 2018-05-25 10:17 | Comments(0)

Chersee から関西へ


a0129711_20465189.jpg
ゴールデンウイーク明けの14日の月曜、2009年に英国のチェルシーから譲り受けたgt4が日本での2人目となるオーナーのもとに納車された。
今回は40年ほど前の車にもかかわらず、乗られることはもちろん、見られることもなく、購入いただいた。何度もご来店をお勧めしたが私を信用していただきこれほど嬉しく、また責任を感じたこともない。もちろんこのようなコンディションの固体は今では非常に貴重で、探してもそう簡単に出会えるものではないとの自負もある。


a0129711_20461199.jpg
地方の納車には基本的にはたちあわずに来店された時に取り扱いの注意点を説明するのが常ではあるが、今回は実際にオーナーにお会いしたく関西までうかがうことにした。


a0129711_20485748.jpg
1時間ほど試乗しながら取り扱いの注意点を説明したが、他に何台ものクラシックをお持ちのようで、その取り扱いにはかなり慣れており、不要な説明もしてしまったようにも思えた。しかし、独特のエンジンの始動方法や、コックピットを離れてのエンジンをかけっぱなしでのアイドリングではプラグがかぶってしまうこと、再始動時にアクセルペダルを床まで踏んでしまうとプラグが濡れすぎてエンジンがかからなくなってしまうこと、始動前にはエンジンルームのエアクリーナーのネジがきちんとしまっているかを確認することなど、他のキャブ車にはない注意点もある。
そして一番気になったのはトラックから降ろして初めてご覧いただいた時の印象だった。思っていた以上に綺麗とのことでとても喜んでいただき大変嬉しく思う。



a0129711_20494118.jpg
以下は納車当日の夜にいただいたメールです。

本日はありがとうございました。早速40kmほど乗ってみました。
とても気持ちよく乗れました!
想像以上にエンジン気持ちよく、軽やかでありながら、剛性感がっちりで大変満足です。有難うございました。これからどんどん乗って満喫したいと思います。

gt4は見ても美しいが、それ以上に運転するとこれほど楽しい車はない。
飽きっぽい私が10年近くも乗るたびに魅せられ続けられている理由はそこにある。
いっきにトップエンドまで吹け上がるエンジンと甘美なサウンドはこの車の大きな魅力の一つだ。しかし残念ながら多くのgt4はきちんとした整備がされずにこの気持ち良さをオーナーに感じてもらえない。
それが日本での評価があまり高くなかった理由のひとつだろう。

1stオーナーに渡ってから弊社でメンテナンスは行っておらず、入庫時には本来の調子とはほど遠いものだった。デストリビューターキャップ、ローターなどを交換し、キャブレターの調整を行い私が初めて英国で乗って虜になった状態に戻ったのだ。
同じコンディションの車は1台もないが、私はアクセルを踏んだ時のレスポンスはどれも同じような状態でお届けしている。

40年前にマラネロから出荷されたgt4が2018年の現代でも十分に刺激的で、運転して実に楽しいことは何度もお伝えしてきたとうりだ。

ご丁寧なメール有難うございました。
またインプレッション是非お聞かせください。



  # by cavallino-cars | 2018-05-20 18:06 | Comments(0)

Michele Alboreto の308GTB

a0129711_17125390.jpg
5月11日にモナコで行われたCoy's のオークションLegende ET PASSIONMONACO 2018に1台のFerrari 308GTB が出品された。
a0129711_17140547.jpg
1981年モデルのドライサンプのこのGTBのオーナーはF1driver のミケーレアルボレート。
a0129711_17143273.jpg
1981年にフェラーリから贈られたこの車の走行距離は19000km。
アルボレートはタイレルからフェラーリに移籍。その後アウディのテストで不幸な事故で亡くなっている。

a0129711_17150849.jpg
それにしてもビルヌーブもアルボレートも12気筒モデルではなく8気筒のモデルを選んでいるのが実に興味深い。

308の方が512に比べてより運動性能に優れ、、運転して楽しかったからだ。

気になる落札額は判り次第また報告します。

  # by cavallino-cars | 2018-05-13 17:15 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE