EDGE V8特集 西川さんキャブの308にも乗ってみて。

今発売のEDGEはFerrari のV8 特集だ。
あのカウンタックLP400 を所有する西川氏の記事がでていた。

速さだけを追い求める現行V8モデルから 
美しいフィオラバンティ氏のデザイン、踏み抜けるパフォーマンス、
ちょうど良い大きさなどから328に戻る人が増えているというもの。

その原点が308のキャブモデル。
フィオラバンテ氏が今でも大事に所有しているのも理解できる。
西川さんには是非乗ってもらいたい。

カウンタックだってインジェクションモデルは興味ないはず。
ディアブロだったらあそこまで徹底したレストアをする気にはならなかったと思います。

初めてF40や288に乗った時は叫びたくなるような衝動にかられるほど興奮したものでした。
その感動を久々にキャブレターの308に乗って感じます。
数年前には思いもよらなかったけど
運転するたびに楽しいし、見ていて美しく思えるのだから
仕方ない。

430スクーデリア、チャレンジストラダーレ、458、599、どれも素晴らしい車です。
だけど自分で振り回すにはかなり緊張も強いられる。

458は別格だけど、友人のレーサーもモデナは
首都高速で飛ばすのは躊躇するほど限界時の挙動はシビアだという。

アクセルコントロールでノーズをクリップにトレースさせていくことが簡単に
出来るアルピーヌA110 のような車が308だ。
スペックもサイズもちょうどいいのだろう。

そんなドライビングが30年前のフェラーリでできてしまうのが
たまらなく楽しい。しかもアートのようなインテリアもついてくる。

もちろんゆっくり走らせてもいいが、その気になればモダンカーをコーナーで
追い詰めることさえ出来るのだ。
それでいて不安なく何処へでも行けるのだから言うことはない。

街で430やモデナを見ることはあっても308を見かけることはまずない。
自分だけの一台になるはずです。

今あえて古い車?を普通に乗るのがかっこいいと思う。
だけど自分もそうだったように初めてフェラーリを購入する人は
やはり458か430やモデナがいいのかなぁ。

  # by cavallino-cars | 2010-09-10 15:13 | Comments(1)

フェラーリはキャブの308が一番!

フェラーリはキャブの308が一番!_a0129711_2017631.jpg
今日78yのキャブモデルの308に乗って目黒まで行き、
エアコンの修理をした84yの308QVに乗って帰って来た。

フェラーリはキャブの308が一番!_a0129711_20304652.jpg
キャブから乗り換えた時、キャブと同じつもりで
左足でクラッチを踏んだら、軽すぎて床がぬけるほどふんでしまった。
それほどQVのクラッチは軽くなっている。

アクセルも発進時は非常に軽くあっという間に3000rpmまで回転があがる。
低速ではインジェクションのQVの方が速く、乗りやすい。

フェラーリはキャブの308が一番!_a0129711_20311482.jpg
車の進化を確実に感じる。
では格段にQVが速くなっているのかというと
そんなことはない。
一般道から首都高にはいり、エンジンをフルスケールでまわすとその印象は一変する。

フェラーリはキャブの308が一番!_a0129711_20223095.jpg
キャブの308が3000回転から上のトルクがいっきに増し、ノーズが上を向くほどの加速
をするのに対し、QVは排気ガス規制のせいなのだろうか、湧き上がるようなパワーが
感じられない。

もちろんどちらも欧州仕様の車だ。

1度程度のよいキャブレターモデルの308に乗ればこの違いは誰にでもわかる。
ピュアスポーツという点では確実にキャブレターモデルのほうに軍配があがる。
それほどこのF106Aエンジンは素晴らしい。

  # by cavallino-cars | 2010-09-07 20:32 | Comments(0)

How many 308carb model for sale in Japan?

How many 308carb model for sale in Japan?_a0129711_1581723.jpg
ネットで308のキャブレター車の売り物を検索してみると該当車は全部で10台。
うち弊社のものが5台だ。

残りの5台は4台がUS仕様(ディーラー車も含む)。
1台が欧州仕様だ。
US 仕様は欧州仕様とくらべ、40馬力もパワーが落ちる。

唯一のヨーロッパ仕様の売り物はシルバーのgt4だが、これも
エンジンがオリジナルのウエットサンプからドライサンプに変えられ、
トランクルームの絨毯もオリジナルではない。

程度のよいオリジナル性の高いヨーロッパ仕様の308は
私が輸入したもの以外売り物がない状態だ。

当然、お客さんも乗る機会がないのでその良さはわからない。
ヨーロッパ仕様の308は
US仕様の308とは別の車といっても
過言ではないほどすばらしい。

How many 308carb model for sale in Japan?_a0129711_14585263.jpg
おそらく数十台輸入されたヨーロッパ仕様の308のキャブモデルは
今でも幸運なオーナーのガレージに保管されているに違いない。

How many 308carb model for sale in Japan?_a0129711_157752.jpg
是非1度程度のよい308を一人でも多くの方に乗っていただきたい。
30年前の美しい美術品のような車とすごすことは
本当に素晴らしいことなのです。

しかもその気になれば毎日でも乗れてしまう
エアコンなどの装備のつく車はそうたくさんは
ありません。

308のある暮らしは今までとは違う
喜びを与えてくれます。

  # by cavallino-cars | 2010-09-02 15:08 | Comments(4)

308 Fibreglass

308 Fibreglass_a0129711_18331212.jpg
ファイバーグラスの308 で首都高を走った。
細いステアリング、すわり心地の良いシート、
すっきりしたメーター、そして独特のエンジン音。
今の車にはないものばかりだ。

最新の458や599も素晴らしいがここにはまた別の世界がある。


日本の夏は英国の夏とは比べようもなく暑い。
今の時期英国では夕方はセーターを着ないと寒いくらいだ。

そんな国から来たこの308のエアコンは優秀で今日のような暑さでも
風量をミニマムにしてもよく効く。


やせ我慢しながら汗をふきながら運転するなんてことはない。
こんな日でも横に彼女をのせても彼女のファンデーションが
崩れる心配は全くない。

308 Fibreglass_a0129711_18344129.jpg
ちなみにダッシュボードのエアコンの吹き出し口をウインドウに向けると
こんなに水滴がつくほど冷えるのだ。

308 Fibreglass_a0129711_18341555.jpg
1976年にマラネロからデリバリーされたこの車は多くの英国人が
ステアリングを握り、感動し、愛され、大事にされて、今東京の道を走っている。

712台生産されたファイバーグラスの308で現存するのは半分くらいだろうか。
しかも右ハンドルの生産台数はわずか154台。

この車を運転していると古いものを大切にする英国人やヨーロッパの人の気持ちが理解できる。
フェラーリの歴史の一部を共有しているような高揚感がある。

出来ることならこのまま会社のガレージにしまっておきたい。

  # by cavallino-cars | 2010-08-31 18:49 | Comments(0)

New タイヤ

昨年輸入した2台目のgt4はハンドルが輸入1号車に比べかなり重かった。

原因は古いタイヤ。新品のタイヤに交換したところそれまでが嘘のように
軽くなった。

New タイヤ_a0129711_20313196.jpg
この車についていたのは2008年第8週に製造されたもの。
それほど古いものではないが、
ハンドルがばたつく感じがするので新品タイヤに交換して
ホイールバランスもとりなおしてみた。

停止時のすえ切りでもう違いがわかるほど軽くなった。

New タイヤ_a0129711_2039250.jpg
高速での突き上げ感もなくなり、快調そのもの。
18万円の出費。
 
よりフェラーリらしくなった。

  # by cavallino-cars | 2010-08-25 20:32 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE