GTB turbo 納車

一昨日のクリスマスイブの24日午前10時に横浜に1987年のGTB turbo を納車してきました。
新しいオーナーはすでに弊社から208gt4をご予約いただいている方。
現地でエアコンの取り付けに時間がかかるため、gt4が来るまでに乗りたいとのことでご購入いただきました。
購入を決めたのはあのF40を彷彿とさせるような加速。試乗されて即決でした。

GTB turbo 納車_a0129711_10122373.jpg
この固体は2014年8月にパリから譲り受けた1台。
GTB turbo 納車_a0129711_11201156.jpg
イタリアからシャルルドゴール空港に行き、そこからパリ市内に向かいます。
GTB turbo 納車_a0129711_11192474.jpg
目的のクルマは地下にあるガレージにありました。
GTB turbo 納車_a0129711_11195945.jpg
思い出深い一台です。1987年のイタリアのモデナにデリバリされ、2人のオーナーを経てフランスに来たクルマです。
GTB turbo 納車_a0129711_10124999.jpg
当時の走行距離は22,000㎞。2015年1月に日本でのファーストオーナーに納車。
この秋に再び弊社に戻ってきました。今の走行距離は26,000㎞。
そして2回目のタイミングベルト交換を含む整備を終えたばかり。

本日オーナーから写真とともにインプレッションのメールが届きましたのでご紹介させていただきます。

GTB turbo 納車_a0129711_10150678.jpg
24日は朝早くから納車のためにお越しいただきありがとうございました。
当日は100㎞ほど走り、慣れさせて、翌日早朝に箱根にいってきました。
バランスのとれたシャーシと魅力的なエンジンを堪能してきました。
GTBターボは本当に生き物のようで、乗り慣れてくると益々魅力が高まること間違いなしだと思います。
とり急ぎお礼まで。

GTB turbo 納車_a0129711_11123813.jpg
私が輸入を始めた頃はこのクルマのインプレッションはネットでも皆無で、イタリアで乗るまでは328を購入できない人のための廉価なクルマと思っていました。
GTB turbo 納車_a0129711_11141097.jpeg
しかし実際にアクセルを踏んでみるとその印象は一変します。328とはまるで別次元の加速はF40 のような楽しさです。一度のってしまったら間違いなく誰でもこちらを選ぶでしょう。生産台数わずか308台のこの美しいベルリネッタ。そのエンジンを作ったのはあの F40 と 288GTO を設計した二コラマテラッツィ氏。彼はビルヌーブが乗ったフェラーリのF1のターボエンジンの開発者でその技術がこの3台にはフィードバックされています。
彼の作った3台のフェラーリで、F40 と 288 に比べ、GTBターボは極端に過小評価されていると感じます。
その理由は2つ。
GTB turbo 納車_a0129711_11151925.jpg
1つはジャーナリストがこのクルマの素晴らしさをとりあげてこなかったこと。
そしてもう一つは現存するこのターボの固体差があることでしょう。私も何十台ものGTBターボをイタリアで試乗してきましたが、本来の加速をするものとそうでないものがあります。
GTB turbo 納車_a0129711_11160869.jpg
ターボのウエストゲート内のカップリングが破れていたり、それを押さえる金属のプレートが腐植して本来のブーストがかからなかったり、燃圧を保つアキュムレーターの不良であったり、エンジンのコンプレッションが低下していたり、その理由は様々です。
しかし本来の加速をするこのクルマはまるでミニF40といっていいほどの加速をします。

GTB turbo 納車_a0129711_11155656.jpg
過去に288GTOを所有する方に納車した際、288の悪いところがすべてこのターボはなくなっているとおっしゃていたのが印象的です。私も実に同感で288のリヤのサスペンションのバタつきはなくなり、その加速は288のスーパーチャージャーのような加速に対し、F40に近い、暴力的な加速です。これは実際に288に乗ったことのある方なら必ず感じることです。
今や二コラマテラッツィの作った他の2台は天文学的な価格になってしまいましたが、このクルマだけは頑張れば手が届く価格で購入できる彼の唯一のフェラーリなのです。






  # by cavallino-cars | 2022-12-26 21:49 | Comments(0)

benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!

10月にドイツのデュセルドルフから譲り受けたファイバーグラスの308GTBが通関がきれて今朝引取りに行ってきました。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15483420.jpg

あいにくの雨ですが、それとは裏腹に心は弾みます。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_16000852.jpg
陸揚げされたコンテナの扉を開く時はいつもワクワクします。46年間をヨーロッパで過ごしてきた珠玉の1台が縁あって日本にやってっくる感激に胸が熱くなります。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15485024.jpg
フロントフード下のキルスイッチをON にしてコックピットに滑り込み、クラッチを踏んでセルを回します。待つこと8秒ほど。初爆があり、エンジンが目覚めます。外気が低いので白い煙をマフラーから出しながらあの乾いたサウンドが埠頭に響きます。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15495349.jpg
ゆっくりとコンテナから出して、外観のチェックをします。いつものルーティンです。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15502056.jpg
それにしてもこのアボリオサファリという色は実にエレガントで写真でみるよりはるかに美しい。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_16004543.jpg
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_16025853.jpg
このファイバーは現地で購入した時の様子をブログにアップした時にそれをご覧になったお客様がすぐにデポジットをお振込みいただき、ホールドされました。弊社からご購入いただくのは今回で2台目。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_16050302.jpg
私を信頼してくださり、見ないでご契約いただきました。実にクルマ屋冥利につきます。
もっともこの308を見て気に入らない人は誰一人としていないでしょう。
本当は見に来ていただき、その素晴らしさを確認していただきたかったです。
今からオーナーの満足されたお顔を拝見するのが楽しみです。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15521959.jpg
年内はショールームで預かり、ETCなどの取り付けを済ませ、年明けに予備検査を受ける予定。
納車は来春。
benvenuta in Giappone 日本にようこそ!!_a0129711_15585468.jpg
こんなミントコンディションの308がまた日本にやってきました。
最高のクリスマスです。
Buon Natale!!



  # by cavallino-cars | 2022-12-22 16:18 | Comments(0)

gt4 のワイパー

gt4 のワイパー_a0129711_20570666.jpg
gt4 のワイパー_a0129711_20574092.jpg
gt4のカレロ製のワイパーのステーの長さは運転席側の右は短く、助手席側が長くなっている。
写真をよく見ると左が長いのがわかりますか?
gt4 のワイパー_a0129711_20581638.jpg
さらに74年の初期モデルのステーの付け根の形状がナット型なのに対し、
gt4 のワイパー_a0129711_20584412.jpg
中期以降はナットの上にこのようにキャップがつけられるように変更されている。
これはカレロの製品の変化なので直接フェラーリには関係ないのですが、年式によって変更されているのが興味深い。

  # by cavallino-cars | 2022-12-19 20:59 | Comments(0)

loading 引取り完了

loading 引取り完了_a0129711_23352227.jpg
本日、今回の出張で譲り受けた308GTBを無事にトラックに積み込みました。
loading 引取り完了_a0129711_23354544.jpg
これから港に向かいます。今年最後の1台です。
loading 引取り完了_a0129711_23353102.jpg
来年も素晴らしいフェラーリだけを日本の皆様にご紹介していきたいと思います。



  # by cavallino-cars | 2022-12-16 23:48 | Comments(0)

航空会社のラウンジ

航空会社のラウンジ_a0129711_19514057.jpg
出発前や乗換時にはいつもラウンジによります。今回はJALとLufuthansa とBritish airways を利用しました。
航空会社のラウンジ_a0129711_19511974.jpg
それぞれもう1年前のコロナのひどかった時に比べ緩和され、食べ物も用意されるようになりました。
航空会社のラウンジ_a0129711_19523238.jpg
航空会社のラウンジ_a0129711_19524891.jpg
航空会社のラウンジ_a0129711_19530732.jpg
上は Dusseldorf 空港内の売店の価格。水とコカ・コーラがそれぞれ1本、561円、ビールは604円。
驚きの価格です。日本は本当に安い。ドイツ人がきたらびっくりするでしょうね。
各航空会社のラウンジではすべて無料なのでここはスルーしてラウンジへ。
航空会社のラウンジ_a0129711_19505015.jpg
これはローマのルフトハンザのラウンジ。
航空会社のラウンジ_a0129711_19501631.jpg
左の奥のキッチンでは4種類のパスタから好きなものを言えば調理してだしてくれます。
右のカウンターではカフェやアルコールなどを提供してくれます。
さすがにピザは冷凍のものを温めて提供していましたが、機内食よりはいいかもしれません。

航空会社のラウンジ_a0129711_20202829.jpg
上は羽田のJAL のラウンジ。
今回は午後の11時45分の遅い便だったので夕食はラウンジで済ませていこうと思い、いただいた牛丼。
いつからか提供し始めたのかは知りませんでしたが初メニュー。
意外に美味しくて、個人的にはカレーよりもお勧めです。

Alitalia のラウンジやBAのラウンジもそれぞれ快適です。
出張の小さな楽しみです。


  # by cavallino-cars | 2022-12-15 10:47 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE