スポーツカーの定義

スポーツカーの定義_a0129711_13333268.jpg
スポーツカーは速く、美しくなければならない。

レースを始める前はスタイリングや内装、排気音に加速感、
コーナリングの安定感などにスポーツカーの魅力を感じた。
車を洗う度にボディの形の美しさにほれぼれしたものだった。

初めて348チャレンジでレースを始めてからは車をコントロールする楽しさを覚えた。
筑波の最終コーナー出口で外に膨らんでいこうとするフロントを
アクセルコントロールでテールを滑らせながら内側に向け、
縁石ぎりぎりのラインをトレースしていく。

第1ヘアピンではフルブレーキングの後、ゆっくりブレーキペダルから足を離し、
ノーズをダイブさせたままインべたでコーナーをクリヤする。

車の挙動をコントロールできた時の楽しさを覚えると、
スポーツカーは何倍も楽しくなった。

348のパワーは300馬力。
16年前の話だ。

今は458が570馬力、599にいたっては620馬力を誇る。
当時の348とは比べものにならない程、速く、電子制御システムにより
安全になってはいるが、限界が高いだけに348のように簡単には
ドライバーが車をコントロールすることは出来ない。
タイヤが滑り出すとコンピューターが自動的にコントロールしてくれる
ようになった。
その性能の高さゆえ、公道で車をすべらせながら
コーナーをクリヤすることはほとんど不可能だろう。

308となると簡単にアクセルワークでフロントをタックインさせることが出来る。
立ち上がり加速は458や599とは比べものにはならないが、
気持ちよいサウンドとともにスポーツカーらしい走りをする。

低速コーナーや高速コーナーをドライバーがコントロールしながら
走らせる楽しみは格別で、まさにスポーツカーを操っているという
醍醐味がある。
それに美しいボディラインとスポーティなコックピット、
極めつけにあのフェラーリ独特なサウンドが
ついてくるのだからたまらない。

570馬力や620馬力のスーパースポーツでは気軽にそんな運転を
するのは難しく、本気でとばすとなるとかなりの疲労をともなう。

この20年ほどでFerrari のエンジンパワーは2倍に跳ね上がった。
同じ様にドライバーの身体能力も2倍に跳ね上がれば問題はないのだろうが、
そんなことはありえない。

アンダーパワーでもいいから、軽く、小さなサイズで運転して楽しい
スポーツカーという意味で308は私の中でのBest Buy!!なのだ。

  # by cavallino-cars | 2011-02-04 13:35 | Comments(0)

Ferrari 328GTB

Ferrari 328GTB_a0129711_1636581.jpg
久しぶりに328に乗った。
走行は僅か6800kmの固体。
6年ほど前にスイスから輸入した車だ。
さすがに308と比べると新しく?感じる。
エンジンはキーを回すだけで電気モーターのように簡単に始動する。

アクセルを踏み、回転をあげていくとブーンという排気音とともに
室内はキーンという独特なギヤノイズのような音で満たされていく。
Ferrari ならではのサウンドだ。
この音を楽しむためだけにこの車が欲しいと
思ってしまうほどだ。

Ferrari 328GTB_a0129711_16362959.jpg
328の程度のよさを見る簡単な方法の一つはスモールライトをつけ、エアコンのボリュームノブや
クーラーの温度ノブの回りの下から照らされるプラスティックを見ること。
使い込まれたものは照明で下から照らされるとペイントが所々、はげている。
この車は実走行なのでご覧のとうりきれいな状態。
赤く点灯するヒーターの温度調整インジケーターと
風量ライトもすべて点灯するか確認することを忘れずに。

Ferrari 328GTB_a0129711_16401212.jpg
308と乗り比べると328は本当に乗りやすい反面、
キャブレター独特の剃刀のような
シャープな加速に欠ける。
308に比べるとどうしても、もさっとした加速に感じてしまう。

86年に初めて328に乗った時にはキャブのFerrari は
日本仕様の200馬力のgt4を運転した経験しかなかった。
その後はQVに乗っていたので328 の乗りやすさとトータルバランスのよさ
に感動したことを思い出す。

キャブレターの308の速さに気がついたのはなんと20年以上たってからだ。
体感では328よりヨーロッパ仕様の308の方が格段に速く感じる。

この違いと良さは乗ってみないとわからない。

  # by cavallino-cars | 2011-02-02 16:46 | Comments(0)

458 italia のハイテクコックピット

430スクーデリアから458に乗り換えてまず感じることはすべての操作が
ステアリングで出来るようになっていることだろう。

458 italia のハイテクコックピット_a0129711_124055.jpg
シューミーが提案したというマネッティーノのCTオフ(トラックションコントロールのカットオフモード)
の位置とエンジンスタートボタンの位置はそのままだが、
センターコンソールにあったダンパーのソフト調整ボタン、ウインカーボタン、
ワイパー、パッシングライトスイッチなどがすべてステアリングに納められ、
高速での操作が格段にしやすくなっている。
下がスクーデリアのコックピット。ダンパーの切り替えスイッチはセンターコンソールにあった。
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_12273498.jpg
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_1220305.jpg


タコメーター右のスピードメーターはアナログとデジタルの好きな方に設定が可能。
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_12221053.jpg
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_12214195.jpg

右上に表示される時計表示は消すこともできる。
ナビを使用するときはスピードメーター表示は自動的にキャンセルされ、
この画面に地図が表示される。
またCDのディスクや曲名もここに表示され選曲するのだ。
昔の車のようにマニュアルを読まなくても使いこなすことは不可能。

通常タコメーター左側には水温計、油温計が表示されるが、
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_12232815.jpg
油圧計、電圧計をよびだすことも可能。
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_1224875.jpg


さらにこの画面に車両のウォームアップが十分に出来ているかを確認する表示も呼び出せる。
458 italia のハイテクコックピット_a0129711_1265563.jpg

タイヤ、エンジン、ローター部分の表示が今は無色だが、
エンジンをかけるとWARM UPのサインが上にでてそれぞれブルーの表示になる。
十分に温まるとブルーからグリーンに色が変わり、GOのサインがでる。
熱くなりすぎるとOVERのサインがでて、スローダウンをドライバーに
促すのだ。
レース前の予選でピットに入り、メカニックにタイヤの内圧のチェックをしてもらうような
ことも瞬時に行なえる458のこのシステムはドライバーをその気にさせる。
公道でも使いたいシステムだ。

3200万円のこの高価な車のステアリングを握ることのできるオーナーの方は
マニュアルを熟読するか、営業の人にゆっくり時間をかけて説明を受けることを
お勧めします。納車時の説明だけだは理解することは不可能です。
570馬力のスーパースポーツは乗りこなすにも使いこなすにも簡単には
いかない。

  # by cavallino-cars | 2011-02-02 12:46 | Comments(0)

キャブレター308に魅せられて

キャブレター308に魅せられて_a0129711_2319864.jpg
昨日、ファイバーボディの308のオーナーの方が来店された。

モダンカーにはあきて、古いキャブレターの車に最近は魅せられているという。
2年前に355を売却されて308を購入。

キャブ独特の加速感、美しいスタイリング、まず街では同じ車には遭遇しない
自分だけの1台ということにも惹かれている。
まさに同感。
355のマニュアルを売って、308を購入しての感想は355にはない
キャブ独特の剃刀のような加速とトルクの立ち上がり感の素晴らしさ、
きわめつけは内外装のデザインの秀逸性だという。

355はF1のような排気音とその操縦性の良さで定評がある車だ。
そんな355から308に乗り換えて本当に満足している話を聞くと
同じ価値観を共有した人と出会えたようで本当にうれしくなる。

時間を忘れ、数時間も話込んでしまった。
キャブレター308に魅せられて_a0129711_23214529.jpg
ファイバーの308のエンジンは絶好調で、首都高速でもアクセルの開度により、
ノーズの向きを変えられるほど足回りもしっかりしている。
599や458ではこんな運転は限界が高すぎて楽しめない。
こんなところも308の魅力的なところだ。

タイヤだけは12年も前のものがついていたのでさすがにバイブレーションがステアリングに
伝わってきたが、それはタイヤを交換するだけで解決する。
多少クラッチも重くなっていたが、新しいクラッチディスクとプレッシャープレートを
組み込めば格段に軽くなるだろう。
それ以外はミッションの入りもよくパーフェクトな固体だった。

キャブレター308に魅せられて_a0129711_23232791.jpg
その後、308gt4を試乗。
キャブレター308に魅せられて_a0129711_23251810.jpg
エンジンがGTBより後ろにあるため排気音が適度な音となり
コックピットに入り込み、あのキーンというFerrari 独特なサウンドが
室内を満たす。圧倒的なコーナリングスピードはGTBに劣るが、
視界のよさによる操縦性のよさとDino246を彷彿とさせるサウンドでは
gt4がまさる。
キャブレター308に魅せられて_a0129711_23281462.jpg
キャブレター308に魅せられて_a0129711_23305121.jpg
ピュアスポーツのGTBを選ぶか、コートやバッグの置き場のある使い勝手の
よいgt4にするか、そんな話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

308は見ても美しく、運転すればさらに惹かれてしまう。
オーナーにしかわからない魅力に溢れている。

  # by cavallino-cars | 2011-01-30 23:39 | Comments(3)

Ferrari 599 on the road

Ferrari 599 on the road_a0129711_1852489.jpg
時速90kmくらいで運転席左前からカタカタという異音がするのでコーンズに入庫して
点検してもらった。

原因はライトスイッチの取り付け不良で再度つけなおして音は止まったように思えたが、
今度は120km以上でカタカタという音がするようになった。

ダッシュ回りや、ライトスイッチなどをはずし、メカニックが考えられるところを手で押さえながら
4日間ほど走行テストを繰り返した結果、フロントタイヤのインナーフェンダーの合わせ目が
風圧で暴れて音がでていたことが判明した。こちらも再度つけなおし、音は止まった。
今までにない軽く、強度のある素材を使用しているためなのだろう。

360チャレンジストラダーレでもある速度以上になると足元から
ブーというタバコのビニールを吹いた時にでるような音がでたことがあった。
ノーマルより軽量化されたアンダーパネルの合わせ目がばたついたことによる音だった。

Ferrari 599 on the road_a0129711_18215449.jpg
それにしても599の圧倒的な速さには驚くばかりだ。
アクセルを床まで踏むとドラマは4000回転から始まる。

身体はシートに押し付けられ、バックツーザフューチャーのデローリアンがワープするような
加速がはじまるのだ。全身の血管に流れる血液が沸騰するような興奮。
ステアリングを握る手はわずかに汗ばむほどだ。

Ferrari 599 on the road_a0129711_1821286.jpg
599の圧倒的な加速はタコメーターがあっという間に跳ね上がり
目視するのが難しいためステアリングにLEDの赤いランプが5つ点灯することに
よりドライバーにおおよその回転数をしらせるオプションが用意される。

Ferrari 599 on the road_a0129711_18185364.jpg
ほとんどのオーナーはアクセルを全開にしてその赤いランプが点ききるのを確認する前に
ペダルから足を離してしまうに違いない。それほどその加速はすさまじい。
F40 は2速3速4速と高速でアクセルを踏みっぱなしで走れるが、
599はそれが出来ないほど速いのだ。
もちろんトラクションコントロールのスイッチはオンのままでの状態でだ。

Ferrari 599 on the road_a0129711_1820076.jpg
初めて599に乗り、首都高速を全開で攻めると誰もがブレーキポイントが50メートルほど早くなる。
それほどその加速がすさまじく、ぎりぎりまでアクセルを踏んでいられないからだ。
その加速は前方のエアポケットに吸い込まれるような感覚。
気をつけないと4速でもあっという間にスピードは200kmを越える
しかもオプションのカーボンブレーキの制動力は予想を上回るので
コーナーの手前で減速しすぎてしまうのだ。

富士のストレートを全開で走り抜け、150メートルの看板を過ぎてフルブレーキングする時の
ような緊張感が599に乗ると日常になってしまう。

Ferrari 599 on the road_a0129711_18162473.jpg
この12気筒のエンジンはフレキシブルで低速でもメルセデスのように快適に走れるのが
大きな魅力だ。しかもそのサウンドはモダンフェラーリの中ではかなり控えめで
コックピットでフロントインナーフェンダーからの異音を確認できるほどなのも好ましい。

ゆっくり走っても、とばしてもその剛性感はすばらしく、加速はひと昔前のF1のようだ。

Ferrari 599 on the road_a0129711_1816538.jpg
私は初めてフェラーリを乗る人には599は薦めない。
この車の価値はアクセルを踏んで初めてわかる。
もちろんゆっくり走ってもその姿は美しく他の車を圧倒するが、
全開にした時の血液が逆流するような興奮を楽しまなければ意味がない。
同じ12気筒でもグランツーリズモのようなBB や Testarossa とは明らかに違う。
599 はFerrari の racing spirit を体感できるピュアスポーツと呼ぶにふさわしい車だ。

  # by cavallino-cars | 2011-01-28 18:40 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE