愛しのDino246gt

a0129711_1518348.jpg
久しぶりにDinoに乗った。
ステアリングギヤボックスのがたや、
低速から高速までのキャブのセッティングの確認などの
最終ロードテストに首都高速の目黒線はよく使う。

246はアクセルONで野太い排気音が、
OFFでキーンという金属音がする。

エンジンの回転を6000rpm以上に上げるとキーンという
金属音が排気音を上回り、
車好きにとってはたまらない音楽になるのだ

Dinoの魅力はやはりそのハンドリングだ。
ひらひらと舞うようにコーナーをクリアしていく。

特に中速S字コーナーでは右にハンドルを切ると左に10度ほどロールし、
クリッピングポイントを過ぎたところでアクセルON,
すぐにアクセルOFFにしフロントに荷重をかけながら
ハンドルを左にきると車は右にロールし
きれいにコーナーをクリアする。

ロールの角度とそのピタッととまる感じから車の軽さを感じる。
今の430にはこの感覚はない。

3速で回るような低速コーナーはアクセルONでパワースライドさせコーナーに進入。

ステアリングの舵角はそのままでアクセルを少しもどせば
ノーズがキュンと内側にはいる。

再びアクセルを開け、元の回転に戻せば
どんなコーナーも回転を下げることなくクリアしていく。

アイルトンセナのようなアクセルコントロールが容易にできてしまう。
もちろんアクセルを完全に戻してしまうとスピンモードになるので大変危険。

よく後輪が滑るとあわてて、アクセルから足を離したり、ブレーキを踏む人がいるが、
これは事故につながるので厳禁。

Dinoを運転するとスポーツカーは軽さが重要なことを痛感します。
a0129711_15272155.jpg
FERRARIはいつになったらまたこんな車を作ってくれるのだろう。
車は速さだけではけっしてないのです。

こんなハードなドライビングが出来て、
とまっている姿は優雅で美術品のようなDino。

そのデザインにはまさにイタリアの職人技が凝縮されている。
こんな車はもう造る事が出来ないと思う。
世界遺産のような車です。

  # by cavallino-cars | 2009-09-19 15:45 | Comments(0)

1年越しの再会

a0129711_17334588.jpg
昨年末Scotlandで初めて308gt4を買った帰りに
Londonによって見たこの黄色のgt4。

帰国して迷っているうちに他の人に買われてしまった。
あれから何回も英国に車を見に行ったが
あんなにきれいな車はみたことがない。

そう思っている時に308GTB を買った会社からメールがきた。
まだマーケットにはでていないが素晴らしいgt4の売り物があるという。

a0129711_17362154.jpg
写真をみたら1年前に見た車そのもの。
距離もほとんど乗っていない。

2ケ月間オーナーと交渉の末譲ってもらうことが出来た。
不思議な縁を感じます。

来週には船に載り、10月末には東京に着きます。
その頃は東京も気温が下がり、LONDONと変わらないでしょう。
また楽しみが1つふえました。
入港が待ち遠しいです。

  # by cavallino-cars | 2009-09-17 17:37 | Comments(0)

丸の内ブリックスクウェア

a0129711_1153381.jpg
会社から自宅への帰り道、ロンドンのスローンストリートにある
JO MALONがあるのにきずいた。

お店の広さは本店の3分の1ほど。
雰囲気はまったく同じ。
9月3日にできた三菱地所の新しい商業施設の1階にある。
1894年に建てられたレンガ造りの三菱1号館も再現され、
雰囲気はまさにLONDON。

a0129711_11543377.jpg
ここにはいくつものレストランがはいっている。
今の季節は中庭が見えるオープンカフェのA16が気持ちいい。
A16はサンフランシスコに本店があるお店。
ピザのマルゲリータがおすすめです。

緑も多く、久しぶりに東京で居心地のよい場所をみつけました。
今度は車をおいてワインでも飲みに来てみます。

  # by cavallino-cars | 2009-09-17 12:05 | Comments(0)

Hybrid プリウス

a0129711_1883576.jpg
今注文しても納車は来年5月というFerrari なみに待たされる
プリウスに初めて乗ってみた。

a0129711_1891478.jpg
その燃費は驚異的で
210km走ってもガソリン表示のメモリは満タンのまま。

人気の秘密はまさにここにあるのもうなずける。
未来的なデザインも嫌いではない。

初めてハンドルを握ると自然に他のプリウスも意識する。
街にこんなにもたくさんのプリウスが走っているのに気がついて驚いた。

a0129711_181012.jpg
しかし問題もないわけではない。1番気に入らないのがシートの高さだ。

欧州車は座るとドアの高さがほぼ肩の位置。
運転者と同乗者の身体は充分守られている。

しかしプリウスはシートが高く、いっぱいに下げても脇から上はドアの上。
しかもハンドルは欧州車に比べかなり下に取り付けられている。

乗り降りもシートが高すぎ、小柄なお年寄りにはかなりつらい。
おそらく側面からぶつけられたら欧州車に比べ、
身体はかなりのダメージを負うにちがいない。
衝突時も身体はフロントウインドウを割り、
前に飛び出しやすいだろう。
 
2つめはヴィトンのエピのような内装のパンチング。
かなりチープな感じ。
せめてハンドルだけでも革巻きにすれば
印象はかなり違うのに残念。

3日間試乗して、BMWの3シリーズに乗り換えたら
車に守られている安心感でほっとした。

クラウンやハリヤーは試乗していないのでいちがいには言えないが、
燃費をとるか、安全性をとるかを考えさせられました。

がんばれ!トヨタ!!

  # by cavallino-cars | 2009-09-16 18:24 | Comments(0)

Porscheパナメーラ

a0129711_15204727.jpg
昨日恵比寿のウエスティンホテルでパナメーラの発表会が行なわれた。
会場はこの不景気とは裏腹に大勢のお客さんで賑わっていた。

パナメーラはポルシェ初の4ドアセダン。
400馬力の2輪駆動と4輪駆動の4S,
500馬力のターボの3種類が用意される。

第一印象はカイエンを平たくした感じ。

a0129711_15213655.jpg
内装は今までのポルシェでもっともゴージャス。
ドイツ車とは思えないほど。
マセラッティに近い雰囲気がある。

リヤシートはヘッドクリアランスも充分あり快適。
ただし完全な4人乗り。

スポーツカーとセダンの両方を1台でこなす究極のスポーツセダン。
しかし400馬力、500馬力のセダンなんて必要なのかは疑問です。
この調子だと来年は600馬力のセダンが登場することでしょう。

こんな大きな車をドリフトさせながら運転するのは品格にかかわります。
とばすのはスポーツカーに限るのです。

しかし直進での安定性や遮音性、ブレーキフィールなどはかなり興味があります。
試乗車がでたらまたご報告いたします。

a0129711_1522932.jpg
デザインは横からみるとFerrari456のようなスリットが入り、イタリア的。
後ろ姿と正面のまるさは紛れもなくポルシェだ。
たぶん運転した感じはカイエンターボのように足回りがすばらしく、
エンジンもスムーズに
ストレスなくまわるのだろう。

昨日1日で成約が約90件ほどあったらしい。
うち50台くらいはパナメーラにちがいない。
この不況もポルシェオーナーにはあまり影響がないようであります。

  # by cavallino-cars | 2009-09-11 15:55 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE