2023年初乗り

 年末、年始は母を施設から自宅によんで新年を迎えたり、年明けに新しい施設に引っ越しをしたりして忙しく、まったく自由な時間がとれませんでした。先週の土曜に今年やっと初めて自分の308に乗ることができました。
2023年初乗り_a0129711_11174995.jpg
朝9時すぎにマンションのB3の駐車場で10秒ほどのクランキングの後、いつもどうりに快音を響かせエンジンを目覚めさせます。
2023年初乗り_a0129711_11184056.jpg
最初の10分ほどはファーストアイドルが機能し、チョークをひかなくとも1500回転をキープします。
ほとんどの308やgt4にもこのシステムはついてはいますが、実際に機能する固体は経年劣化のため少なくなっています。
2023年初乗り_a0129711_11180400.jpg
水温が80度くらいまでに上昇するまではエンジンの回転は3000rpmくらいまでに抑え、フルスケールでは回しません。
2023年初乗り_a0129711_11320671.jpg
2023年初乗り_a0129711_11335619.jpg
20分ほど乗ると水温は70度に上昇、
2023年初乗り_a0129711_11332719.jpg
それに対し油温はほとんど上がりません。上が始動時、下が20分後。90度になるには1時間ほどかかります。
2023年初乗り_a0129711_11341805.jpg
ドライサンプなのでgt4よりも油温が上がるのに時間がかかるのです。
2023年初乗り_a0129711_11200275.jpg
天気は快晴。イタリアを思わせる真っ青な空。
2023年初乗り_a0129711_11212770.jpg
308はドライビング本来の持つ楽しさとクラシックならではの美しさを共有する数少ないクルマです。
乗るたびに好きになり、飽きることがありません。
2023年初乗り_a0129711_11235266.jpg
硬いですが、ゲートにそってかすかな金属音とともにすいこまれるように入っていくシフトや、
2023年初乗り_a0129711_11265691.jpg
キャブレター独特な加速にアクセルに連動するあの管楽器のようなサウンド、革のステアリングの触感、ぞくぞくするようなコーナリング。
2023年初乗り_a0129711_11264178.jpg
そして手作りならではの優美なスタイリング。
当時のフェラーリは1台1台職人による手作りで作られ、年間生産台数は12気筒のフェラーリを含めても1500台にもみたないものでした。
2023年初乗り_a0129711_11463214.jpg
そんな手作りだけのもつ美しさが308やgt4には溢れています。
さらにこのクルマを魅力的にしているのはそのハンドリングと動力性能でしょう。
昨年フィオラノサーキットで308をレーシングスピードで走らせたあの感覚はまだ身体に残っています。
今年もこの感動を一人でも多くの方にお伝えできるように素晴らしいクルマだけをご紹介していこうと思います。

  # by cavallino-cars | 2023-01-23 16:08 | Comments(0)

Targa

年末にイタリアから送られてきたナンバーをお客様に郵送したところ、さっそく取り付けた写真を送っていただきました。
Targa_a0129711_18021672.jpg
やはりつけるとぐっと雰囲気が変わります。
Che Figo かっこいい!!
日本も有料でもいいのでこんなナンバーがつけられるようになるといいですね。

  # by cavallino-cars | 2023-01-05 18:04 | Comments(0)

Buon anno !!

Buon anno !!_a0129711_19072677.jpg
新年明けましておめでとうございます。
Buon anno !!_a0129711_19081749.jpg
エンツォの遺産と言える308とgt4。年々オリジナルコンディションのものは少なくなってきています。
Buon anno !!_a0129711_19085896.jpg
その中でも素晴らしいコンディションのフェラーリだけを輸入し、一人でも多くの方に50年前のフェラーリをレーシングスピードで走らせる悦びと感動をお届けしていきたいと思います。

謹賀新年 
2023年


  # by cavallino-cars | 2023-01-02 19:15 | Comments(2)

Toyota classic car festival

Toyota classic car festival_a0129711_17345288.jpeg
今年の10月に開催されたトヨタクラシックカーフェスティバルで弊社からご購入いただいた御客様がDino208gt4 を出品。
Toyota classic car festival_a0129711_17505924.jpeg
なんと見事トヨタ博物館館長賞を受賞しました。
Toyota classic car festival_a0129711_17351659.jpeg
Toyota classic car festival_a0129711_17352930.jpeg
嬉しいお知らせをいただきました。

今のオーナーは328からの乗り換え。非常にこのgt4を気に入っていただいて大変うれしく思います。
クルマの性能はもちろん、雰囲気も大事にする方でフロントにイタリアっぽいナンバーを購入後に探して取り付けるほど。
Toyota classic car festival_a0129711_17550317.jpeg
かなりいい雰囲気です。

今年の秋パドバで行われたイベントでローマに住む従妹がイタリアのナンバーのリプロを作ってくれるお店をみつけ、今回当時ついていた同じ数字のナンバーを発注してくれました。

イタリアでのオリジナルナンバーは上の写真より小さいもので、バンパーの中央に
Toyota classic car festival_a0129711_17391634.jpg
このようにナンバーがつきます。
Toyota classic car festival_a0129711_17421326.jpg
そしてこれが今回送られてきたもの。上がトヨタの館長賞を受賞した208gt4のもの。

下はベネチアから譲り受けた白の初期型の308gt4のものです。
Toyota classic car festival_a0129711_17452322.jpg
オリジナルは輸入する時に陸運局に返却するため、船積されるときには
Toyota classic car festival_a0129711_17381280.jpg
こんな感じできます。
オリジナルのイタリアのプレートは数字とローマ字の間の丸いところに刻印がされていますがリプロはありません。
それでも十分に雰囲気がでます。
Toyota classic car festival_a0129711_18065421.jpg
ましてもともとついていたナンバーと同じ数字と州が記載されたものならオーナーならばうれしくないわけがないでしょう。
お二人には本日郵送いたしますので楽しみにしていてください。
裏には両面テープを貼っておきましたので紙を剥がしてバンパーに接着するだけです。
左右の長さを測ってセンターにつけていただければと思います。
Toyota classic car festival_a0129711_18162108.jpg
ぐっとイタリアの雰囲気が出ること間違いなしです。

gt4のオーナーでもしご希望の方がいらっしゃいましたら手配いたしますのでお気軽にご連絡下さい。


  # by cavallino-cars | 2022-12-27 18:16 | Comments(0)

buon lavoro !

ferrari の目の前にあるToni Auto というレストア工場に
buon lavoro !_a0129711_17044277.jpg
今年6月にイタリアで購入したDino208gt4 にエアコンをつけてもらうために何度か打ち合わせの上、7月に入庫。
条件は出来るだけオリジナルのように装着して欲しいとリクエストをしました。
buon lavoro !_a0129711_17052458.jpg
譲り受けたgt4は初期型で当時エアコンはオプションだったためついていなかったためです。
buon lavoro !_a0129711_17055148.jpg
エンジンや足回りは Toni Auto でレストア済みだったので今の社長である息子さんのDavid氏に連絡をとり、
buon lavoro !_a0129711_17061042.jpg
お世話になることに。そして先週ほぼ完成したとの連絡を受けました。
夏にはお父さんが亡くなるという悲劇があり、作業が一時中断しましたがやっと形になりました。
buon lavoro !_a0129711_17101521.jpg
写真でみるかぎり、素晴らしい出来です。日本ではどんなに費用をかけても不可能な作業です。
スイッチも当時のオリジナルを使用。前期型ですが冷却効率の高い、後期型のように吹き出し口をシフトレバーの前につけてもらいました。おそらく世界でもこの1台のみ。
buon lavoro !_a0129711_17063068.jpg
1月にはテストをして問題なければ船積みの準備にかかります。
都合があえば、モデナまで見に行こうと思います。

Grazie a Davide !!

  # by cavallino-cars | 2022-12-27 17:13 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE