<   2020年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

208gt4 マフラーカバーの取り付け

先週の金曜にオリジナルのマフラーに交換したDino208gt4にマフラーの遮熱板を取り付けるために横浜の板金工場に向かいます。
いつものように入谷から高速に乗ってふとリヤを確認するとすさまじい白煙をバックミラーで確認。
とりあえず避難所にクルマを停めて確認するとモクモクとマフラーの排気管から出ている。
エンジンルームは異常なし。オイルも漏れている様子はありません。
油温、水温ともに正常。
メカニックに念のため電話をして相談したところ、おそらく新しいマフラーの中にある油分が熱で蒸発し白煙がでているのではとのこと。あの量をみたら誰でも心配になります。

交換前には何の症状もでていなかったのでまず間違いないとは思いながらも念のためエンジンの回転は3000回転におさえて工場まで向かいます。
東名に入るころには最初の頃のくらべ白煙はずいぶん少なくなってきました。

板金工場はボディショップ川名。彼とは私の初めてのDino246 を全塗装してもらってから30年らいの付き合いです。
当時は午後の11時くらいに工場にいっても作業をしてくれていました。
二人ともフェラーリの美しさに魅せられて何時間も話していたこともありました。
私の最も信頼できる仲間の一人です。
208gt4 マフラーカバーの取り付け_a0129711_21591354.jpg
ネットの取り付けは思った以上に大変な作業で朝の9時から5時間ほどかかりましたが、無事にきれいにつきました。


208gt4 マフラーカバーの取り付け_a0129711_21464191.jpg
やはりベルトーネが考えたオリジナルのデザインが最も美しいと思います。

208gt4 マフラーカバーの取り付け_a0129711_21391002.jpg
帰りの高速ではマフラーからの白煙もすっかりなくなりました。
やはり原因は新しいマフラー内部のオイルだったようです。
208gt4 マフラーカバーの取り付け_a0129711_23083278.jpg
4本出しの時より、トルクも増し、アクセルのレスポンスもよくなりました。
サウンドも乾いた2L独特なはじけるような排気音にかわり、おもわずトップエンドまで踏んでしまいたくなります。


このクルマのオーナーは308gt4も所有されており、208は308にはない軽快さが好きだとおっしゃている意味が実際に乗ってみるとよくわかります。
わずか170馬力でこれほど楽しく、美しいクルマは他にない。


  by cavallino-cars | 2020-06-29 22:28 | Comments(0)

30分のランデヴー

30分のランデヴー_a0129711_21540183.jpg
仕事の合間のわずか30分ほどのランデヴー。
着座位置は458よりも低く、まるでカートのようです。
しかしシートは固すぎず、適度なホールド感も心地いい。
湿度が高いせいかステアリングのレザーもいくぶんしっとりとしている。
30分のランデヴー_a0129711_21541709.jpg
エアコンは44年前のクルマと思えないほどコックピットを冷やしてくれ、シャツの背中も汗ひとつかかない快適さです。
いつもの試乗コースをゆっくり走る。
次回は箱根にでも行ってみようと思う。

  by cavallino-cars | 2020-06-26 21:58 | Comments(0)

89y model Ferrari GTBturbo for sale

89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_10474762.jpg
イタリアから魅力的なオファーがきました。
89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_10471716.jpg
1989年最終モデルのABS付のFerrari GTBターボです。
89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_10470655.jpg
走行は48,500㎞。赤にタンの内装。
89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_10473185.jpg
すべてオリジナルコンディションの固体。
89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_10465686.jpg
工具、新車時の保証書、ブックレットなどもすべて揃っています。
89y model Ferrari GTBturbo for sale_a0129711_12523775.jpg
ご興味ある方はご連絡お待ちしています。

  by cavallino-cars | 2020-06-26 10:50 | Comments(0)

オリジナルマフラーに交換

オリジナルマフラーに交換_a0129711_12331109.jpg
2012年の12月にブタペストから譲り受けたDino208gt4 にはオーナーが特注で作らせた4本出しマフラーがついていました。マフラー以外はすべてオリジナルの素晴らしい固体だったので購入しました。

2013年に通関し、すでにお客さんのガレージに納まってはいるが、いつかオリジナルマフラーを見つけ、交換したいと思っていました。

そして昨年オリジナルのマフラーをナポリで見つけ、今回このクルマにとりつけることに。

7年もかかりましたが、やっと実現しました。
これもクラシックの楽しみ!です。
オリジナルマフラーに交換_a0129711_12403203.jpg
昨日装着が完了。

オリジナルマフラーに交換_a0129711_12411256.jpg
交換後にエンジンをかけると排気漏れをしているような音がする。


オリジナルマフラーに交換_a0129711_12413526.jpg

確認するとインテークマニホールドに穴があいていました。これは前回308GTBの排気漏れと同じ場所。
今回もHolts のGun Gum Bantage でふさぎます。水につけた布は8時間で硬化します。
14時間後の今日の昼にエンジンをかけましたが、排気漏れも無事にとまり、
乾いた208gt4ならではのサウンドを奏でます。

オリジナルマフラーに交換_a0129711_12332800.jpg

あとは上の写真のようにオリジナルの遮熱版と左右のステーを取り付けるだけです。
すでにこれらのパーツも昨年ナポリで入手済み。
月曜には板金工場に入庫させ作業をする予定。





  by cavallino-cars | 2020-06-25 12:55 | Comments(0)

モダンフェラーリに思うこと

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_10150223.jpg
458specialeに乗ってまず気が付くのは水温、油温ともに3㎞、10分程の走行で
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00141122.jpg
水温は80度、油温は70度にまであがることです。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00142129.jpg
308ではまずありえません。今のフェラーリは実に乗りやすくなっています。
暖気も10分もすれば、エンジンをフルスケールで回しても問題ないでしょう。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00143952.jpg
首都高入谷に乗る時はすでに水温、油温ともに85度にまで上昇。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00150368.jpg
コックピットはカーボンとアルカンタラに囲まれ、シートはバケットタイプで、フロアーはアルミ、あたかもレーシングカーのようです。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00152424.jpg
ステアリングはカーボンとレザーのコンビネーション。ステアリング上部にはエンジン回転数を表示するLEDライトがつく。ウインカーはステアリングのスポークの左右におさまり、ハンドルから手を放さずに作動させることが可能になっている。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00154044.jpg
7kmも走れば水温は95度、油温は90度までに上昇。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00163834.jpg


しかし、水温、油温計は通常は表示されず、スピードメーターが表示されます。
水温と油温をチェックするにはダッシュボード左のスイッチで画面を切り替えなければなりません。
スポーツカー乗りにとっては水温、油温は常に確認したいところですが、今のオーナーは気にしないのか、水温や油温があがることは100%ないというメーカーの自信なのでしょうか。
たしかに真夏でも599や458,488などがオーバーヒートしているところは見たことがありません。



モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00165904.jpg
カーボン製のドアパネルはまさにレーシングカーそのものですが、電動のフロントボンネットの開閉スイッチやガソリンキャップのスイッチ、それにスピーカーなどが標準で装備されるところがF40 とは違うところ。
徹底的な軽量化を図るモデルとこのスペチアーレとはそのコンセプトが異なります。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00155063.jpg
それにしてもひとたびアクセルを床まで踏んだ時の605馬力の加速はそのままサーキットに持ち込みたくなるほどで、おそらくオーナーでもステアリング上部のLEDがフルに点灯するまで踏める人は限られていると思います。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00180874.jpg
リヤにはダウンフォースをもららすための巨大なデフューザーがつきます。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00174974.jpg
リヤタイヤ前の羽もダウンフォースを増すための装備です。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00172086.jpg
そこまで空力にこだわっているのならドアノブもフラットにしてほしい。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00170941.jpg
こちらはガソリンキャップ。中央のへこみにも違和感があります。
空力のためのへこみなのか、走行中にフラップがバタつかないためなのか、どなたかご存知の方は教えてください。
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_01104252.jpg
巨大なデフューザーの中央に見える赤いパネルは時速225キロで下降してフラットになり、空気抵抗値をさげ、さらに高速走行を可能にします。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_01103085.jpg
フロントにある跳ね馬の左右のパネルは時速120㎞で電動で開き、そこから空気が入り、左右のグリルに振り分けられ、


モダンフェラーリに思うこと_a0129711_18001009.jpg
フェンダーに逃がし、ダウンフォースを増してクルマを安定させます。

時速50㎞程で走行している時は高級サルーンを運転しているようで、排気音も静かです。
ひとたびアクセルを踏み込めば強烈な加速をし、F1のようなサウンドが室内に飛び込んできます。
まさにレーシングカーそのもので、かつての348チャレンジを乗っていた時のことを思い起こします。

今やスポーツカーは限りなくレーシングカーに近いものになってきました。
しかし果たして公道でダウンフォースを生むためのデフューザーやサイドフィンは必要なのかは疑問です。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00185471.jpg
speciale をコーンズに入庫させた後、308GTBに乗ってみました。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00184396.jpg
水温がやっと75度くらいに上がっても
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00182968.jpg
油温は60度までもいきません。
458の速さには遠くおよびませんが、308を運転していると60キロくらいで流していてもあのキーンというフェラーリサウンドの心地よさや、体にフィットしたシート、質のいい革で巻かれたステアリングホィールの質感、どれもエレガントで私にはしっくりくるのです。アクセルを開けた時の加速も十分刺激的です。

私にとってスポーツカーの最高速は180キロもでれば十分で、重要なのはコーナーリングのコントロール性の良さとアクセルレスポンスです。あのタイヤが路面をしっかりグリップしている感覚が伝わってくる感じはまさにスポーツカーそのものです。

モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00204592.jpg
308にはデフューザーもつきませんが、そのボディデザインは実に美しく、洗練されています。
当時のスポーツカーに求められるものと現代のそれとは基本的に異なることがわかります。

サーキットでは有効でも公道では不要?なダウンフォースのための装備を備えた1台を選ぶか、美しく、まさにスポーツカーとしてのクラシックを選ぶか、
モダンフェラーリに思うこと_a0129711_00193631.jpg
乗り比べてみて、どちらか1台を選ぶとしたら私は308をチョイスします。
20代や30代なら458を選んでしまうかもしれませんが、この年齢にならないとわからない質感のよさや
デザインの繊細さがあります。

モダンフェラーリとは異なる素晴らしさが308には確実にあるからです。





  by cavallino-cars | 2020-06-24 23:29 | Comments(0)

イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子

イタリアの外出禁止が解除されたのは5月18日。
イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子_a0129711_14071654.jpg
しかし先週末の土曜日にローマに住む従妹から送られてきた写真ではいつもは観光客でにぎわう
ナボーナ広場はご覧のような状態。
イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子_a0129711_14074737.jpg
空の青さだけはいつもと変わりませんが、
イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子_a0129711_14073453.jpg
土曜なのにこんなに人がいない噴水をみるのは初めてです。
イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子_a0129711_14072619.jpg
広場の裏手にあるお気に入りのHOTEL RAPHAEL も入口は閉鎖されたままです。
イタリアはまだまだ感染がおさまっていない様子_a0129711_14241081.jpg
いつもなら太陽を楽しむ地元の人たちでにぎわうオステリアのビーチも閑散としています。

当初7月から東京便が再開される予定だったアリタリア航空も8月に延期。
いつになるかわからない状態が続きますが1日も早い収束を願います。

  by cavallino-cars | 2020-06-23 14:10 | Comments(0)

308GTBエンジンフードボルト

308GTBエンジンフードボルト_a0129711_13032687.jpg
Ferrari 308GTBのエンジンフードは片側3つのボルトで固定されている。
そのネジは6角のこれがオリジナル。この取り付けの調整でミリ単位でフードをあげたり、下げたり調整してルーフとの高さを合わせている。
劣化によりネジのピッチが破損しているものもあるので交換してある固体もある。
残念ながらオリジナルのネジの調達はもはや不可能で、今入手できるものは少し径が大きくなり、メッキのものになる。

308GTBエンジンフードボルト_a0129711_13035966.jpg
左がオリジナルで右が現在入手できるリプロダクションのもの。

308GTBエンジンフードボルト_a0129711_13040851.jpg
裏は上のようになっておりしっかり固定されるようになっている。
上がオリジナルで下がリプロモデル。

308GTBエンジンフードボルト_a0129711_13121332.jpg
これから購入される方は是非チェックしてみて下さい。
すでに所有されている方はご自身のフェラーリにどのタイプがついているのかを
確認してみるのもいかもしれません。
308GTBエンジンフードボルト_a0129711_11532537.jpg
これは英国で見たシルバーのGTBのフード。異なるボルトがついています。

  by cavallino-cars | 2020-06-22 13:10 | Comments(0)

ベルギーの308GTB

ベルギーの308GTB_a0129711_11271086.jpg
イタリアの知り合いを通じ、ベルギーにある308のオファーがきました。
日本に持ち込んで予備検までの費用を加えても1250万円と格安です。
ベルギーの308GTB_a0129711_11274023.jpg
色はブルーアカプルコで私の好きな色です。最近、オールペイントをしたとのこと。
ホィールも純正のクロモドラを装着。
ベルギーの308GTB_a0129711_11272197.jpg
内装はタンできれいですが、中央のラインがオリジナルより太いのが気になります。
シートは100%張り替えてあります。
ベルギーの308GTB_a0129711_10482467.jpg
明らかに違うのがわかりますか。

ベルギーの308GTB_a0129711_11273168.jpg
ステアリングはナルディが装着。MOMOがオリジナルという人もいらっしゃいますが、
最終モデルはナルディがついていたクルマもあったようでヨーロッパでのクラシケでは認定されています。
しかしこのステアリングはステッチが白すぎます。おそらく革をまきなおしているのでしょう。
ベルギーの308GTB_a0129711_11274923.jpg
エンジンルームはドライサンプのヨーロッパ仕様。しかしプラグホールに水が入るのを防止する
ラバーのキャップがついていません。8つでも数千円のものなのでこんなところも気になります。

リーズナブルなので少しずつ手を加えて乗りたい人にはよいかもしれませんが、
オリジナルの好きな私には安くとも買うことのないクルマです。
高ければすべていいとは限りませんが、安いものにはそれなりの理由があると思った方がいいかもしれません。

  by cavallino-cars | 2020-06-16 11:39 | Comments(2)

クラシックフェラーリ1台ですごす

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10454614.jpg
先日Dino208gt4 をご検討いただいている方からメールをいただきました。
内容はクラシックフェラーリ1台ですごせるでしょうかということでした。
私は毎日仕事でクルマに乗るため、さすがに真夏の炎天下や大雨の時はきびしいので
難しいのではとお答えしました。

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10451636.jpg
しかしこの仕事を始める前の30歳のころを思い起こすと乗るのは週末やお休みの時だけ。
当時は10年落ちのgt4に乗ってどこにでも行っていました。

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10553780.jpg
軽井沢や、箱根にも何度も行きました。
クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10555249.jpg
地下に駐車場のある真夏の逗子にも毎週のように行っていました。
それぞれのクルマと過ごした時間は今とは比べようもなく長い時間をすごし、
良い想い出ばかりです。

2台体制となるとスポーツカーは乗る機会も極端に少なくなるのも事実です。

あれから30年以上が経過しましたが、Kさんのメールで当時のことを思い出し
週末だけの1台体制もいいかもしれないと考えるようになりました。

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10453464.jpg
夏は常にタオルは持参という日々で、快適ではないこともありましたが、
それ以上にドライブする悦びがまさっていたからです。
もちろん若かったということもあります。

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10481511.jpg
クラシックフェラーリの持つ美しさは何時間みていてもあきることがないばかりか、
クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10482467.jpg
モダンフェラーリとは異なるそのボディラインや内装の繊細な造りは美術品のようです。
OFF に乗るのはクラシックと決めて出来るだけ308に乗って出かけるのもいいかもしれません。

相談をいただいたKさんがgt4のことを他のクルマ屋さんに相談したら
雨の日に乗るとメーターが動かなくなるから絶対やめた方がいいと言われたそうです。

メーターはともかくそういう考えもあるのもわかります。
今のフェラーリはブレーキを踏んでボタンを押せばブォーンと一発で始動します。
しかもエアコンは寒いほど効き、快適そのものです。しかも速い!
故障もほとんどないです。

私の車歴を振り返ると、フィアットX1-9に始まり、アルファ2000スパイダー、
78y ロータスエスプリとエアコンのつかない車ばかりを3台、30歳まで乗り続けてきました。
そして初のエアコン付きのクルマが308gt4でした。

納車の日のドライブでは緊張してしまいシフトの度にゲートをみたほどでした。
フェラーリのシフトレバーがゲートをこする金属音や、独特な排気音、
革のステアリングからつたわる路面のフィールは今でも鮮明に憶えています。

購入した月には父と二人で箱根に行きしました。
夏休みには那須の別荘に何度も行きました。
雨にも降られましたが、メーターが止まったことはありません。
暑い日が続きますが、せっかく気に入りのクルマを買ったのですから
当時のように出来るだけ乗ってクラシックフェラーリを楽しみたいと思います。

ピカピカに磨いて飾っておくのもいいでしょうが、
クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_10474794.jpg
やはりクルマは乗ってこそ、
初めてその楽しさや良さがわかるものです。

クラシックフェラーリ1台ですごす_a0129711_11434748.jpg
ゴルフにいったり、週末の1泊旅行などにも行ってみるのもいいと思います。
年をとってからではそれこそ乗るのが面倒になってしまう気がします。

雨の日に乗るのは気は進みませんが、便利さをとるか、乗りたいクルマに乗るか、どちらを優先するかです。
私も308を売って、ローマにでも買い替えて、毎日使用しようかなどともたまに思いますが、
やはりその気にはなれません。

古く、美しいものとともに暮らす素晴らしさは格別です。
自分だけの1台と長くつきあっていくカーライフも悪くない。

自分のライフスタイルで何が大事で、何をしたいのか、クラシックフェラーリにしても、
モダンフェラーリにしても楽しめるのは今しかないと思った方がいいかもしれませんね。

きっと素晴らしい想い出になるはずです。


  by cavallino-cars | 2020-06-16 10:57 | Comments(0)

Alpine A110

弊社のお客様より買い替えの依頼がありました。
Alpine A110_a0129711_18073612.jpg
奥様用なので、当初ベントレーのコンチネンタルGTを検討されていたのですが、
奥様が昔からルノー5ターボに乗りたかったとの希望をお聞きし、
Alpine A110 をお勧めしたところ、大変ご興味を持たれたご様子。
とはいえスポーツカー。シートはノーマルのセダンとはちがいます。
一応ショールームに行ってバケットシートに座っていただき、
問題ないことを確認していただいてから
ご注文いただきました。
Alpine A110_a0129711_18074621.jpg
いつもお世話になっているトラフィックの金山社長に磨きとコーティングをお願いしました。
今回はホィールコートとウインドウの撥水処理も含めて19万円。1年後のメンテナンスも5万ほどです。
輝きのましたAlpine でオーナーのナンバーをつけるため横浜陸事に向かいます。
Alpine A110_a0129711_18084700.jpg
真夏のような日差しでもクーラーは優秀でコックピットは快適そのもの。
エンジンは308と同じ255馬力。車重は1110キロとほとんどかわりません。
Alpine A110_a0129711_18090581.jpg
ターボチャージャー付の直噴4気筒DOHCエンジンはトルクフルで気持ちよくトップエンドまで回ります。
なんといってもAlpine の素晴らしさは先代譲りの足回りのよさ。低速から高速コーナーまでそのバランスの良さは秀逸で
ポルシェボクスターに優るとも劣らない素晴らしさです。

Alpine A110_a0129711_17465956.jpg
自分用に1台購入しておもいっきりとばしてみたくなる1台です。
Alpine A110_a0129711_17465369.jpg
10年ほど前になりますが、友人のエリックコマス氏のA110 を借りてラリーモンテカルロにでたことがあります。
Alpine A110_a0129711_17522209.jpg
その時彼にAlpine のドライビングを教わりました。ターンインでハンドルをきり、アクセルを踏み、テールをパワースライドさせ、あとはアクセルコントロールだけでクルマの向きを変える。
フランスの山道で自在に操れるアルピーヌの素晴らしさをその時初めて知りました。
 
当時のアルピーヌのラリーカーならではのドライビングスタイルはこのモダンになったA110 にも継承されています。
なんといっても毎日のれる快適さがいい。
ボクスターやケイマンを検討されている方はAlpine もいいかもしれません。

来週には納車予定です。

  by cavallino-cars | 2020-06-15 18:19 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE