<   2020年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

初期型のgt4のオリジナルホィール

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17300280.jpg
75年、76年モデルの初期型のgt4のオリジナルホィールには
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17302765.jpg
必ず Dino と
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17301729.jpg
CROMODORA に
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17304117.jpg
14 x 6 1/2 という打刻がされている。

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18015969.jpg
これは246に装着されるものと同じで246のオリジナルホィールにはこの3つが打刻されている。

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18023519.jpg
76年モデルはその3つの打刻以外に FERRARI と打刻されたホィールが何本か装着される。

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17312082.jpg
たまに Dino の代わりに
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17310705.jpg
Fiat という打刻があるものは gt4 用のものではなく、
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18030783.jpg
Fiat dino coupと
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18040401.jpg
spider のためにつくられたもの。

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_17305162.jpg
さらにセンターキャップの Dino のステッカーはプラスティック製がオリジナルです。

ホィールはもちろん、センターのプラスティックのDino のステッカーさえ今では入手困難なパーツです。

購入するならこんなところにもこだわりたいですね。

オリジナルであるからこそ価値があるのです。

初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18021491.jpg
40年以上前に作られた車なので、すべてがオリジナルという固体はないですが、
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18153365.jpg
リプロダクションの新品に交換されている車より
初期型のgt4のオリジナルホィール_a0129711_18155637.jpg
出来るだけオリジナルパーツが装着されている固体を自分のガレージには納めたい。

そんな気持ちで1台、1台厳選したものだけをお届けしています。





  by cavallino-cars | 2020-04-29 18:17 | Comments(5)

rear bumper

先日お客様からファイバーグラスの問い合わせをいただいきました。

右ハンドルをご希望ですが、こんなご時世なので現地に見に行くことは不可能。

ならばクラシケを取得している車はいかがでしょうかと写真を送ってこられました。

価格は2000万円。
rear bumper_a0129711_18002092.jpg
この写真ではわかりずらいが、

よくみるとリヤバンパーの左右が下にさがっているのがわかる。

経年劣化によるものなのか、軽くヒットして歪んでしまったのかは不明。
rear bumper_a0129711_18004091.jpg
通常は上の写真のようにまっすぐになっている。

実車をみれば他にもいくつか問題はあるかもしれない。

見ないで購入するのは実にリスキーなのであります。

  by cavallino-cars | 2020-04-07 18:05 | Comments(0)

サイドブレーキ

308やgt4のサイドブレーキは坂道でも効かない車が多い。

サイドブレーキ_a0129711_11324265.jpg
これは構造的に内側のパッドだけを押してローターをロックさせているため。

あまり強く効かせるとブレーキを引きずってしまう可能性もある。

サイドブレーキの警告灯はきちんとおりていなくとも消えてしまうことがあるので

要注意です。

サイドブレーキを効かせるようにするには微妙な調整が必要なのです。

  by cavallino-cars | 2020-04-03 11:33 | Comments(0)

brake trouble

以前Dino308gt4 のブレーキパッドが戻らず、引きずってブレーキがロックしたことが

あった。
brake trouble_a0129711_11252121.jpeg
これはその時のキャリパーとパットの状態。

原因はブレーキホースの劣化。

エア抜きをしてもホースからはブレーキオイルがでるが、

実際にそのホースを吹いてみるとエアが抜けない。

押す力はあっても戻るラインが劣化によって詰まってしまったために起きた。

ホースを見る限り外見状は硬化もしていないので点検時にはわからなかった。

ブレーキホースは少なくとも10年毎に交換をお勧めいたします。

  by cavallino-cars | 2020-04-03 11:26 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE