<   2019年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

Alfaromeo のタイヤ交換

猛暑の中、アルファスパイダーのタイヤ交換に行ってきました。
a0129711_14141264.jpg
ホロを閉じていれば、
a0129711_14184721.jpg
渋滞さえなければこんな暑さでも風が入ってきて意外と快適。
a0129711_14155395.jpg
イタリアでついていたのは2011年製造のKUMHOという中国製のタイヤ。
今回、ショックを交換したのでタイヤも新しいものに交換しました。
乗り心地重視でソフトなブリジストンのREGNOに。

a0129711_14193017.jpg
フロントのショックはスプリングとは別の位置にあります。
a0129711_14132559.jpg
リヤはショックはスプリングの中。ただしリフトした時のストッパーはバンドです。
交換後はもう工場からだした瞬間、その違いがわかるほど。

石のタイヤからゴムのタイヤに交換したようなフィーリングです。
先日208gt4のタイヤを交換した時にも思いましたが、車庫入れのときもハンドルは軽くなるし、高速でのしなやかさは極端に変わります。

10年近く交換してない方はたとえ溝があってもすみやかに交換することをお勧めします。

  by cavallino-cars | 2019-07-31 14:22 | Comments(0)

CROMODORAのホィール修理

a0129711_19443491.jpg
今回イタリアのAosta で購入したDino208gt4 のホィール3本のリムに小さくて目立たない傷や縁石にこすったような傷もあった。
a0129711_19454645.jpg
日本で直す予定だったが、今回はJEANLUI君の紹介のカロッツェリアで修理してもらいました。
a0129711_19480743.jpg
上の写真はもっともひどい1本。
イタリアでのレストアは初めてなので多少心配ですが、他にも何台も行っているとの言葉を信用してお願いしてみた。
a0129711_19450020.jpg
どうせやるなら色もそろえたいのでスペアタイヤも含め、5本ともレストアすることに。
作業時間はトラックの引き取りまでの2週間ほど。
十分間に合うと快諾してもらいました。
a0129711_17261613.jpg
上の写真は粉体塗装(パウダーコート)を行ったあとのもの。
私の指示どうり、文字はきちんと残してくれています。

そのまま色を噴くのではなく、まずはサンドブラストでもとの塗装を落とします。
a0129711_10440200.jpg
次に傷のついたリムを形成し、塗装をするという日本で行うのと同じ手法。
a0129711_19444495.jpg
これは完成した5本のホィールです。
写真で見る限りは完璧です。

すべてのホィールにDinoとCROMODORAさらに、Ferrari のレタリングが打刻された非常に貴重なもの。できるだけきれいに仕上っていて欲しい。

最終仕上げのウレタン塗装ではどうしても文字に塗装をのせるので文字ぼけする可能性が非常に高い。
写真で見る限りはきれいに見えますが、文字がどこまで残っているかが気になるところです。

a0129711_18172616.jpg
実車を見て確認できるのは東京港に到着する9月の末。
どんな風に治っているか楽しみです。

  by cavallino-cars | 2019-07-26 19:56 | Comments(0)

タイヤ交換

先週の土曜にエンジンをオーバーホールしたばかりのgt4を横浜からコーンズ東雲に自走で入庫。
途中、水温が110度近くまで上昇、その後90度に戻るという症状がでたため、
クリーニングのついでに診てもらった。
診断結果は電動ファンのカプラーがしっかりはまっていなかったとのこと。
a0129711_16022958.jpg
そして今日、東雲工場より引き取り、京橋でタイヤを新品に交換。
途中、水温は90度をキープ。
やはり原因はカプラーの接触不良のようです。
a0129711_15494698.jpg
今回はミシュランを装着。乗り心地は極端によくなりました。

a0129711_15553416.jpg
今までついていたタイヤは2008年18週、4月生産の11年前のもの。
(上の写真の1808が製造年月を表しています。2008年18週生産と言う意味です。)
東雲までのゴツゴツした乗り心地はタイヤが硬化していたためでした。

208gt4の総生産台数は75年から80年までの6年間で840台。
a0129711_15492590.jpg
そのうち、ホィールキャップの装着されるこのタイプは76年まで。
しかもすべてのホィールには今では入手が困難な Dino と CROMODORA の刻印の入るオリジナルが装着されています。
おそらく140台くらいしかないはずです。
しかもリヤトランクは軽いアルミ製なのが初期モデルの特徴のひとつ。
その意味でも貴重な1台。
本日よりショールームに展示中。

  by cavallino-cars | 2019-07-25 16:37 | Comments(0)

Aosta は本日も快晴

a0129711_18182605.jpg
今日北イタリアのAosta で購入した208gt4 を引き取りました。
これから英国にもどりSouthanpton の保税倉庫に向かいます。
a0129711_18175391.jpg
Udine で購入したGTBturbo といっしょのコンテナで来週末には日本向けの船に載せる予定です。


  by cavallino-cars | 2019-07-24 18:22 | Comments(0)

208gt4コーティング

今回もCORNES東雲工場でコーティングをお願いします。
担当は向山さん。
a0129711_19114465.jpg
タイヤの山は十分ありますが、10年以上前に製造されたもののため、乗った感じはかなり硬い。
作業終了後、いつものタイヤ屋さんで新品に交換予定。
週末にはショールームに入庫予定です。

  by cavallino-cars | 2019-07-23 19:15 | Comments(0)

308用シングルパイプマフラー復刻版の価格

先日、ご紹介した308用のシングルパイプのマフラーの復刻版はANSAで作っており、
価格は2300ユーロ。
それに22パーセントのタックスがつきます。
a0129711_18401382.jpg
そのまま海外に送る場合はディタックスが出来るとは思いますが、その手続きが可能かは確認中。
送料も含めると総額でおおよそ36万円それに消費税がプラスされますので約40万円になります。
ちなみにすべて受注生産だそうです。
納期は発注後3ヶ月。

  by cavallino-cars | 2019-07-23 18:42 | Comments(2)

仙台へ

イタリアからドイツのオフェンベルグに着いたばかりのDino208gt4 を譲り受けてからおおよそ1年。
a0129711_17184210.jpg
塗装はもちろん、前後バンパーの再メッキなども施し、エクステリアはマラネロからでてきた頃はこうであったろうと思わせるほど美しい輝きを放つ。

駆動系はタイミングベルト交換やブッシュ交換、ウォーターホースなどかなりの重整備を行い、やっと納車になります。
a0129711_17111732.jpg
午後の2時にキャリアカーが到着。
今朝の雨が嘘のように東京の空は晴れ、雨にぬれずに載せることができました。
a0129711_17114237.jpg

かつてはイタリアのフィレンツェを走っていたこのgt4が明日から日本の道を走ります。

a0129711_17291655.jpg
なんとも感慨深いです。

明日の午後にはナンバーもつき、日本での新しいオーナーのガレージに納まる予定。
S様お待たせいたしました。
来週は梅雨明け。
是非ドライビングインプレッションをお聞かせ下さい。



  by cavallino-cars | 2019-07-23 17:16 | Comments(0)

Dinoのオリジナルホーンボタン

a0129711_10243834.jpg
246や初期型のgt4のハンドルにつくDino の文字がついたホーンボタンは今や入手が非常に困難。
OEM(複製)のものは今でもマーケットに出回っているが、オリジナルはまずでてきません。
どこかで売りにでていれば迷わず購入します。
この写真のように回りにシルバーのリングがつきます。
メッキされてピカピカのものはオリジナルではないのでご注意下さい。
8年ほど前は2万円ほどでしたが、今や新品を運よく見つけることができても10万円近い価格。
しかし自分だけの1台にはオリジナルをつけたくなります。
高価でもオーナーなら欲しくなるアイテムです。


  by cavallino-cars | 2019-07-22 10:36 | Comments(0)

Dino246 or Ferrari308

a0129711_10115709.jpg
数日前、Dino246 を欲しいという方から電話をいただいた。
日本にあるものはオリジナルのものはほとんどなく、シートベルトも308と同じようなタイプに変更されている。

a0129711_10124717.jpg
現在の246の価格はイタリアでは30万ユーロから40万ユーロ(3630万円から4840万円)。
512BB は20万ユーロから30万ユーロと価格が下がり、Dinoの方が高くなってきている。

お客さんの予算は4000万円。
今イタリアにあるものでオリジナルと思われるものは40万ユーロ。
日本にもってくると予算を1000万円以上越えてしまう。

a0129711_10131538.jpg
たしかに246は美しいですが、オリジナルのビニールレザーのシートは汗をすわず、夏はシートに汗がたまるほど。

a0129711_10142031.jpg
これから買おうとされる方にとって一番の問題はエンジンの調子がいいのか悪いのかが判断できないことだろう。
一度所有してしまった方は私も含め、5000万円前後の価格ではまちがいなく購入することはないでしょう。

形に魅せられて初めて購入される方ばかりだからです。

調子のいい246はアクセルを踏むとノーズが上がるほどそのレスポンスはいい。
エンジンはアイドリングでも安定しており、
アクセルを踏むと308とも異なる独特の排気音がする。
秀逸なのは、そのハンドリングだが、
a0129711_10145525.jpg
ステアリングギヤボックスはガタがあるものがほとんど。
a0129711_10205222.jpg
走ると船を操船しているような感覚でディノ本来のハンドリングを楽しめない。

その意味でコンディションのよい固体を探すのはいまでは私でも難しいのです。

もし私が246を買うとすれば、出来るだけオリジナルのものを選びます。
シートはビニールレザー、シートベルトは飛行機のようなバックルタイプのKlippan 製、ハンドルはモモ、ホーンボタンはシルバーのリングのつくオリジナル。
シフトもダウンシフト、アップシフトが問題なくできること。
そして何よりエンジンが軽く回ること。

a0129711_10154975.jpeg
しかし308のファイバーと乗り比べるとボディ剛性やパワーなどの点で246が劣るのは間違いない。

当時のF1ドライバーであるレガツォーニもビルヌーブも512BBや365BBに乗っていないことからもスポーツカーとして308が乗って、楽しい車であることがわかる。

それが20万ユーロで買えるのだから、私なら間違いなく308をチョイスする。

コーンズの大阪でクラシケ付きの246が5000万円をこえる価格ですぐに売れたということを購入希望のお客さんからお聞きした。購入された方は実際に乗られて購入されたか心配になります。

たしかに246は誰がみても美しい車ですが、4000万円以上も払って購入するかというとかなり考えてしまいます。

今までレストアした246は5台。そのどれもが左右のフェンダーのみみの長さがちがっていた。おそらく新車の時からそのような仕上げだったにちがいない。

さらにリアトランクの下からリアタイヤハウスまではスチールで水抜きがなく、すべての車は錆が進行してひどい状態になっている。構造的な欠陥といってもいいかもしれない。

ちなみに308のラインから下のリヤトランクからリアタイヤハウスの部分はすべてファイバー製。
錆びる心配はない。
さらに水が入った時のために水抜きの穴もあいている。

Dino246での錆の教訓を生かしてファイバーにしたと推測される。
246や208は作り自体が308に比べ、錆が進行しやすい構造になっているのです。

a0129711_10215625.jpg
デイトナは、ハンドリングも秀逸で、あの管楽器のような12気筒のサウンドなど魅力にあふれていますが、フロントエンジンのためハンドルが重すぎるのと、ブレーキの効きが悪いといる欠点がある。
しかもハンドルポストからエンジンルームの熱気が熱風となってドライバーに直撃します。
エアコンはついてはいますが、効いている感じはしない。
ちなみに私が買った頃は2500万円ほど。
今は1億円近い。とても購入する気にはなれません。

しかし過去の価格の推移からみて投資として購入するのであれば話は別でしょう。

今や275やDaytona, Dino は趣味の車をこえて美術品の部類に入ってしまったような気がします。

私はスポーツカーをガレージにしまって、ゆっくり眺めて楽しむタイプではありません。

a0129711_10192727.jpg
やはりそれなりの速度で走らせることに歓びを感じます。

a0129711_10172526.jpg
その意味で、gt4や308GTBは、いつ乗っても、あー、この車をずーっと持っていたいと思える車なのです。

エアコンがついているのも嬉しい。
それにより1年のうちに乗る機会が格段に増えます。
私が246を所有していた頃は年間で20日ほどしか乗る機会がなかったように記憶しています。

Dinoが良くないといっているのではないのです。
調子のいい246は確かに素晴らしい車です。
しかし308のファイバーボディに2千万円もプラスして買うことに疑問をもってしまいます。
今やオリジナルで本来の246の走りの良さを持っているものを探すのは至難の業です。
当時でさえ20台ほど乗って1台出会えるかどうかの確率でした。
個人の主観の違いといってしまえばそれまでですが、これはかつて所有していたことのある私のアドバイスです。

一度、調子のいい308のファイバーボディと乗り比べてから246の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

いつか246とファイバーの価格が逆転する日がくるかもしれません。

a0129711_10180000.jpg
この感覚は乗ってみた者でないとわからないと思う。


  by cavallino-cars | 2019-07-22 10:23 | Comments(0)

308GTB用シングルパイプのマフラー

クラシケ認定の308GTB,GTS用のシングルパイプのマフラーの復刻版が本国で発売が始まりました。
a0129711_17064382.jpg
色こそ違いますが、形はオリジナルとほぼいっしょです。
現在価格等を問い合わせ中です。
ご興味ある方はご連絡お待ちしております。

  by cavallino-cars | 2019-07-20 17:02 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE