<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

クラシックフェラーリとの付き合い方

クラシックカーを6台所有している友人がいる。

1930年代のBMW328、Bugatti 、50年代のOSA、Cisitalia、70年代のAbarth にAstonmartin。

彼は週に1度必ずすべての車のエンジンをかけその6台を1台ずつ30分ほどドライブする。

水やエンジンオイルなどの始動前のチェックを含めるとかなりの時間になるが冬も夏も

車のコンディションを維持するためにかかさずに行っている。

特にブガッティは水温計はドライバーシートからは見えないために新たにコックピット設置。

どの車の水温も必ずチェックしながら運転している。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19215949.jpg
1970年代の308やgt4は週に1度とは言わないが、

せめて月に1度は30分ほどドライブすることをお勧めします。

水を循環させることにより錆の進行も抑えることができます。
クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19264297.jpg
運転中は必ず水温計は見る習慣をつけて下さい。

オーバーヒートは水温計を常にみていれば事前に防ぐこともできるのです。

オーバーヒートの原因はウォーターポンプの異常か電動ファンの故障など。

リザーブタンクのキャップの劣化も考えられます。

ポンプのベルトが切れたりした場合には赤い警告灯Gが点灯しますが電動ファンの故障や

他の原因により水温が上昇した場合には何も警告灯はつきません。

白煙がエンジンルームから噴出してあわてて車をとめるとヘッドガスケットを損傷させたり、

そのダメージはさらに大きなものになります。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19230200.jpg
さらに40年以上も経過した車はエンジン内の吸気と排気のバルブのシールが劣化し、

その隙間からオイルがピストンヘッドにじわりと染みてきて、長い期間、エンジンをかけないと

オイルがたまり燃焼室がベタベタになりプラグがかぶる原因にもなります。

エンジンをかけ始めた時に白煙が出る車はいわゆるオイル下がりという上記のような状態で

燃焼室にたまったオイルが燃えているもの。

月に2回ほどドライブすれば燃焼室は常に乾いたいい状態に保たれます。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19210632.jpg
アイドリング時に水温や油温によってエンジンが欲しがるガソリンの量は常に変化します。

488や812などの今のフェラーリはコンピューターにより適切な量が燃焼室に噴射されますが、

キャブレターの308は水温が適温の時にガソリンの量を調整しているため、

エンジンをかけ始めた時はガソリンがうすく、アクセルを少し開ける必要あります。

そのため長時間アイドリングをさせることは厳禁で長くとも5分ほど。

あとは面倒でもコックピットに座り、右足でアクセルを2000回転くらいに

ホールドしなければなりません。
クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19292106.jpg
水温が60度以上に上がったら4000回転ほどを目安に回転を抑えてドライブを始めます。

月に1回か2回ほど運転すればクラッチがはりついたり、バッテリーが

上がったりすることも防げます。

何より常に燃焼室をきれい保ち、エンジンの調子をキープできるはずです。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19340065.jpg
いつもお客さんの車や在庫の車を運転することが多く自分の車はついつい

後回しにしてしまいます。

年末に2ヶ月ぶりに愛車で出かけようとしたらセルは回るがエンジンがかからない。

10月末にはデスビのポイントを交換したばかり。

その時は調子良かったのですが。。。

原因はなんとプラグ。

イリジウムのプラグに交換してから1000kmも走っていないのにもかかわらずです。

最初はイグニッションコイルの不良化と思い交換しても症状がかわらない。

だめもとでプラグを交換したらあっけなくエンジンがかかりました。

どうやらプラグにもかぶり癖があるようです。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19314362.jpg
ちなみに多少かぶっていても5000回転ほどでとばせばかぶりがとれるというのは最早迷信。

308に限っていえば一度かぶってしまったプラグははずして掃除しない限り復活しません。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19272512.jpg
今年は出来るだけ乗ることに決めました。見ているだけでも実に美しい308ですが、

やはりその真骨頂はあのアクセルレスポンスとサウンド。

そしてワクワクするようなハンドリングです。

クラシックフェラーリとの付き合い方_a0129711_19330738.jpg
いつもは車のコンディションを気にしながらのテストドライブですが、

今日、久しぶりに自分の308で首都高を走り、しばらく忘れていた楽しさを思い出しました。

私のbest Ferrari です。


  by cavallino-cars | 2019-01-23 08:27 | Comments(5)

Chassis# 22563

Chassis# 22563_a0129711_13425455.jpg
昨年英国から譲り受けた308GTBは1977年から1978年までに製造された211台の右ハンドルの1台。
Chassis# 22563_a0129711_13554085.jpg
1978年から昨年5月までの整備記録が揃う。
Chassis# 22563_a0129711_13434401.jpg
2016年1月にはスイスのカロッツェリアで全塗装を実施。
Chassis# 22563_a0129711_13440024.jpg
同年9月にはカムベルト、クラッチ、デスビのポイント、足回りのブッシュ、ガソリンホースも交換。
Chassis# 22563_a0129711_13465907.jpg
そして昨年5月にはショックをリビルトし、カムベルト、ALTベルト、ACベルトを交換。

Chassis# 22563_a0129711_13561418.jpg
それらのドキュメントがすべて揃っていることからもこの308がいかに大切にされてきたかが伺えます。
Chassis# 22563_a0129711_13474512.jpg
生産されてから40年以上が経過した308はその扱われ方で雲泥の差がでます。
オリジナルを保っている固体は今ではとても貴重です。
このような固体に出会うことはほとんどないのです。
このまま自宅のガレージにそっとしまっておきたくなる1台です。

  by cavallino-cars | 2019-01-08 19:49 | Comments(0)

Buon Anno ! Happy New Year !

新年 明けましておめでとうございます。

クラシックカーマーケットの価格高騰にともないコンディションのよい308に出会うことがヨーロッパでも少なくなってきました。



昨年入港した英国からの308はそんな中で見つけた数少ない素晴らしいコンディションの1台です。

2019年新年の初乗りはこの1台。

完調のキャブレターのアクセレーションはモダンフェラーリとは違った素晴らしさがあります。
低速からのトルクに加え、トップエンドまでいっきに吹け上がるエンジン。
独特の排気音は40年以上経過した今でも十分に刺激的です。

Buon Anno ! Happy New Year !_a0129711_13270437.jpg
レーシングカーのような大きな排気音も魅力的かもしれませんが、私は自分だけの1台としてはよりエレガントな車をチョイスしたい。

Buon Anno ! Happy New Year !_a0129711_13261491.jpg
美しく、コンパクトなボディ、芸術品のようなインテリア、そして素晴らしいハンドリグに、官能的なエンジン。それらすべてがこの1台にはあります。
ただしプラグがかぶってしまったり、エンジン調整がきちんとされていない308ほどストレスフルな車もありません。

Buon Anno ! Happy New Year !_a0129711_13264823.jpg
一度でもあの軽くトップエンドまであっという間に回るエンジンの快感を経験してしまうとどんなに速い812やマクラーレンと比べても自宅のガレージにこの車を納めたくなります。

ターンインの時のブレーキングからアクセルコントロールでノーズをインに入れる快感はまさにスポーツカーをコントロールしている楽しさに溢れ、ビルヌーブやラウダの時代にワープしたようです。

今年もこの素晴らしい体験を一人でも多くのスポーツカーファンのためにお届けしていきたいと思います。

2019年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

謹賀新年


  by cavallino-cars | 2019-01-02 15:06 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE