<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

ステアリングポスト

348や355、モデナのどのステアリングポストにも黒いプラスティックのカバーがつく。
それが経年劣化でべたべたになり、指やパンツについてしまうとなかなかとれない。
2000万もする車とはとても思えないクオリティーの低さ。
フェラーリのマーケティングでは新車を購入する層はべたつく前に売却してNEW Model を購入するので気にしていないのかもしれない等と考えてしまう。

これもメーカーの経費削減の代償だろう。
a0129711_1125950.jpg
それに比べ、30年以上前の308のものは結晶塗装がされた金属を使用。何年たってもべたついてきたりはしない。さらに下はレザーを巻いたカバーがつく。上の写真は308GTB fiberglass のもの。

a0129711_11125621.jpg
こんな細かいところまでハンドメイドのよさに溢れている。細い革まきのステアリングの手のひらに感じるステッチ、アルミのメーターパネル、質感のあるライトスイッチやワイパーレバー等、目に見えるもの、手に触れるものすべてが美術品のように美しい。ステアリングポストがつるっとしたプラスティックだったら、台無しだ。
このよさを一度味わってしまうとどんなに速い今のフェラーリのコックピットも色あせてみえる。

プラステッィクの現代的なものがいいという方もいらっしゃるだろうが、私は断然クラシック派。
このデザイナーのこだわりがデリバリーから40年近く経過した今でも308やDaytona などのClassic ferrari に魅せられる理由のひとつだ。

  by cavallino-cars | 2012-06-30 11:28 | Comments(0)

Ferrari 512BB

a0129711_19393553.jpg
イタリアから512BBのキャブレターモデルのオファーがきた。
a0129711_1940183.jpg
オリジナルコンディションの45000kmの固体。
a0129711_19404318.jpg
新車時にはフロントとリヤのフェンダーアーチの内側には写真のようなラバーがつく。
a0129711_1941198.jpg
フロントの左側のみがとれてしまっているのがおしい。しかし販売されているBBにはこのラバーがついていないものがほとんど。

a0129711_19415551.jpg
オリジナルには写真のような四角いゴムのパッキンがエアクリーナーのエンドにつく。

a0129711_19422185.jpg
こちらはリヤカウルを開けたマフラー側のフレーム。後ろからみて左側のフレームのみがカウルのガスショックがあたらないようにへこまされているのがオリジナル。
a0129711_194343.jpg
右側のフレームにはへこみはない。

a0129711_19445987.jpg
ウインドウシールドには新車時からのタイヤ空気圧をしるしたステッカーも貼られている。

a0129711_19472431.jpg
リザーブタンクは熱で膨れているものが多いが、この固体のものはご覧のような状態。ホース類を見ても、きちんとメンテナンスされていることがわかる。

a0129711_1948313.jpg
アクセレーションは308のようなシートに背中を押し付けられるような加速はないが、12気筒ならではのサウンドと息の長い加速、そして美しいシルエットが512の魅力。

a0129711_1954486.jpg
マフラーのみはステンレス製のものに交換されている。アルミ製の格子のフロントグリルとラジエターのエア抜きのアルミパネルのなんと美しいことか。

エリッククラプトンが458をBB風にリデザインさせた気持ちがよくわかる。
しかし、このオリジナルの美しさにはかなわない。

オリジナルコンディションのキャブのBBをお探しの方はご連絡を。
ご縁があれば9月にはご自宅のガレージにこの車が納まるはずです。

  by cavallino-cars | 2012-06-27 19:52 | Comments(0)

Home party

年に何回か親しい友人を自宅に招いてホームパーティを開きます。

a0129711_1657552.jpg
パーティといっても私の手料理で美味しいワインを楽しむ食事会のようなもの。レストランで注文すると高額で飲めないようなワインも気軽に飲めるのがよいところ。

写真はローマに住む従姉妹の親友を招待した時のもの。
リストランテとは違い、料理が出てくるのに少し時間がかかります。

a0129711_174613.jpg
この時の前菜はタコのカルパッチョ、バジルソース。
a0129711_1764033.jpg
オニオングラタンスープ。少々見た目が悪いがそれは手作りということでお許しを。
a0129711_1771124.jpg
イタリヤからお土産にいただいたAmarone というワイン。Buono!

a0129711_1714421.jpg
パスタは生ハムのクリームパスタにしてみました。
a0129711_177555.jpg


a0129711_1782342.jpg
自宅で友人とゆっくり飲んで食べる時間は実に楽しい。
ついつい午前様になってしまうので週末限定です。

  by cavallino-cars | 2012-06-27 17:37 | Comments(0)

消費税増税に思う

本日野田総理のもと消費税増税法案が可決した。

ほとんどの国民は福祉の充実とまではいかないが、現状維持のために受け入れるだろう。
しかし、国と地方の長期債務残高は911兆円を超え、もうじき912兆円に届く。
PC でリアルタイム財政赤字カウンターを検索してみると一秒単位で恐ろしい勢いで赤字が増えていくのがわかる。
この借金を作った政治家は誰も責任をとろうとはしないのはいかがなものだろうか。

自民党、民主党、公明党、共産党、誰も自分たちの給料を下げたり、普通のサラリーマンに比べ数倍にも及ぶ議員年金を減らそうという声はでない。本気で取り組む気があるのだろうか。

普通の企業なら、まずは911兆円もの負債をかかえたら、いかにして無駄な経費を削減し、リストラを実施するだろう。日本航空もドラスティックな人員削減や経費の徹底した削減、役員給与カットなどで黒字に転換することに成功した。そのためには議員定数の削減、経費カット、給与カットなどが増税より先にすべきことではないのでしょうか。

まず魁よりはじめよという言葉がある。上にたつ者が本気にならなければ、返済できない額だ。本気で政治生命をかけて増税をするのではなく、日本を立て直そうとする政治家が今ほど望まれる時はない。

オリンピックを招致して日本をもりあげようと都知事は血気さかんだが、増税かオリンピックかとみなに問えば、国民はオリンピックの自国の開催を望むだろうか。私の回りでは誰も東京にオリンピックを招致しようと望んでいる人はいない。

自動車重量税、取得税などこれだけ外車が多い東京都は税収も他県に比べ、圧倒的に多い。東京都の税金が何に使われているかをしっかり見極めることが必要だ。

何百億円もの税金を使用してオリンピックを誘致し、一時的にはオリンピック景気にわくかもしれないが、その経費は誰がだすのか。どれだけの経済効果があるのか。新たに建てた施設の祭典の後の維持費用はいくらかかるのか、どのように再利用するかなどのビジョンをしっかりもって、石原氏は誘致しようと判断しているのかをお聞きしたい。

脳梗塞で寝たきりになった親をもつ家族はどのような生活をしているのか、看病のために仕事を止めなければならない人が大勢いる。今の病院はリハビリしても回復の可能性がない患者は3ヶ月をめどに強制的に退院させられる。その間に自宅をバリヤフリーにして自宅介護ができるようの改装してくれという。父の時もそうだった。

資金のない人はどうするのか、子供のいない老夫婦のご主人が脳梗塞になったら自宅介護など婦人ができるはずはない。そのような人たちのための施設作りがオリンピック村などを作るよりよほど急務と考える。

ノーペイン、ノーゲイン。痛みのない前進はない。高校、大学とアメリカンフットボールをしていたころのコーチの口癖だった。

今回の増税はこの不景気の中、ほとんどの家庭にとって痛手だろう。
よりよい未来のための、前進のための一歩にしてほしい。

  by cavallino-cars | 2012-06-27 16:23 | Comments(0)

キャブレター車で注意すること

a0129711_18364276.jpg
キャブレターの308でプラグがかぶってきれいにエンジンが回らない時ほどストレスのたまることはない。
調子のよいものを一度乗ってしまうとその差は歴然で、同乗している人が感じないほどでも耐えられないほどなのだ。

原因はいろいろあるが、ほとんどがプラグがかぶっていることが多い。鍵を一度右へ回し、アクセサリーに長時間しておくとフュエルポンプがその間ずっと作動し、キャブにガソリンを強制的に送り続け、プラグがビショビショになってしまう。

a0129711_18372838.jpg
エンジンを始動する時もアクセルを踏みすぎると同じ状態になるので注意が必要だ。
エンジンをかけてすぐに止め、またかけたりしても同じ状態になる。
プラグが1本でもビショビショになってしまうとはずしてクリーニングをしないと調子がもどらないこともある。

一度エンジンをかけたら30分ほどドライブすることをお勧めする。
アクセサリー状態でラジオやi-pod を長時間聞くのも止めた方がいい。

まれにプラグキャップラバーが劣化し、プラグホールに水がたまって、ミスファイヤしているケースもある。
大雨の日に乗って外に停めておいたり、エンジンフードに水をかけて洗車し、水が入ってしまう事も考えられる。
その場合は水をとばしてあげれば問題はない。


a0129711_1838817.jpg
調子のいいキャブレターの308 のドライブは独特な加速感とそのサウンドで、たとえようもないほど甘美な世界へいざなってくれる。

  by cavallino-cars | 2012-06-22 19:14 | Comments(0)

ready to board

Mantova からのgt4も無事に英国のSouthampton の倉庫に到着した。
すでに到着済みのGTBturbo とともに同じコンテナに積まれる予定だ。

a0129711_1815934.jpg
a0129711_1821120.jpg
ヨーロッパを駈け抜けてきたフェラーリがまた2台、極東の小さな島国にやってくる。

  by cavallino-cars | 2012-06-22 18:03 | Comments(0)

イタリアの4台の308

a0129711_1385036.jpg
昨日イタリアから4台の308のオファーがあった。
77y 308GTS, 77y 308GTB, 76y 308GTBfiber, 76y308GTBfiber の4台。
a0129711_139795.jpg
GTSはミラノから北へ40分ほどの美しい街、Vareseから。
a0129711_1392588.jpg


77yのスチールボディのGTB とファイバーグラスのGTB は5月に208gt4 を譲り受けたMantova の近くのReggio Emilia。もう1台のファイバーはフィレンツエにある。

詳しい車の状態の写真を待って、よければ夏休み前に見に行きたい。
77yのスチールボディのみは内装がタンだが、他の3台はいずれも赤のボディに黒の内装。

それにしても程度のよい308gt4の売り物は何処へ行ってしまったのだろう。
半年近く1台もいい車に出会えない。

  by cavallino-cars | 2012-06-21 13:11 | Comments(0)

愛宕から鷺宮へ

a0129711_20301364.jpg
弊社ショールームの移転のお知らせではありません。
a0129711_20245877.jpg
神谷町にショウルームをかまえていたころ、お世話になった磨き屋さんの千葉店長が転勤された株式会社マテックスです。

a0129711_20351944.jpg
弊社もお店を浅草に移動したこともあり、今後はすべてのフェラーリのクリーニングはこちらへお願いすることに。
a0129711_203117100.jpg
ショールームのようなこの店舗には千葉店長の目にかなった様々なクリーニング用具が備わる。

a0129711_20314424.jpg
後方には水を使用した本格的洗車作業を行えるピットも完備。2階には6台ほど収容できるピットもあります。

a0129711_2015522.jpg
私のブログを見たと言っていただければスペシャルサービスをしてくれますので、愛車を綺麗にされたい方は下記までご連絡を。フェラーリやポルシェはもちろん、セダンも受け付けています。予約制ですので必ず連絡してから愛車をお持ち下さい。

これほど綺麗な磨きやさんは私の知る限り、都内ではここだけです。
お店も綺麗ですが、仕上がった愛車はお店の綺麗さをこえるほどですのでお勧めです。

マテックス株式会社 03-3577-0080 中野区鷺宮5-6-23 担当: 千葉

  by cavallino-cars | 2012-06-20 20:39 | Comments(0)

gt4 の魅力

a0129711_19285241.jpg
今年の春に納車させていただいた英国仕様のgt4のお客様からメールをいただいた。

色々な人から声をかけられます。
先日、高齢のご婦人がしばらく立ち止まって眺めていらして「お綺麗ですね。何というお車ですか。イギリスにいた時に夫と乗っていた事を思い出しました。・・・・・」 と微笑まれました。

何とも微笑ましい光景が見えるようです。英国で暮らしていたご婦人もきっとエレガントな方に違いない。

私も初老の方や外国人の方から何度も声をかけられた。写真を撮ってもいいですかと尋ねられたこともある。
gt4 には車に興味のない人も惹きつける美しさがある。

Scotland で魅せられてから3年以上になるが、いまだに停まっているgt4 のはっとするような美しさに見とれてしまうことがある。74年の発表以来、すでに38年が経過した。その年月を超えた美しさがこの車にはある。

その美しさは造形だけにとどまらず、ひとたび街に飛び出せば、キーンという独特な美しい音でコックピットは満たされる。現行モデルのレーシングカーのような大音量の排気音とは違い、実に心地いいサウンド。繊細なステアリングのグリップ感やスポーツカーならではのアクセレーションは、ドライバーを虜にする。

様々な安全基準をクリアしなければならない現代ではこんな美しい車は2度と出来ないだろう。

  by cavallino-cars | 2012-06-20 20:09 | Comments(0)

Bella Macchina!! GTBturbo!

a0129711_11353151.jpg
6月12日火曜日にBergamo から引き取ったGTBturbo が無事Southampton の保税倉庫に運び込まれた。週末にはMantova からのDino208gt4 とともに 40フィートのコンテナに積まれ、21日発の船にのる。
a0129711_11353942.jpg
日本には何台のGTBturbo が輸入されたのだろうか。
私の知る限りでは2台のみ。東京で見かけたことは一度もない。入港したらまずベルト類を交換し、25年分の汚れを取り除いた後で首都高速を走ってみたい。
a0129711_1140582.jpg
Bergamo では隣にイタリヤ人のAndrea が乗っていたが、一人でドライブしたフィールがどんなものか、楽しみだ。70kg以上も車重が軽くなれば、確実に加速感はます。イタリア郊外の道をドライブした時でさえ、ターボが効いた時の加速に思わず頬がゆるんだほどなのだ。

来月にはVerona からのファイバーグラスの308や素晴らしいコンディションの208gt4 も同時期に入港する。

あと1ケ月半。こんなに待ち遠しい7月は初めてかもしれない。

  by cavallino-cars | 2012-06-19 11:57 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE