カテゴリ:未分類( 1144 )

 

Lotus Esprit 300sport またまたトラブル

今年の4月セルは回るがエンジンがかからずオーセンティックカーズにみてもらい、フュエルインジェクターのバルブの固着が原因ということで一時は調子がよかったが、フルスロットルでガス欠のような息継ぎをするようになった。
a0129711_19213357.jpg
再び世田谷の「オーセンティックカーズに入庫。
メカの村山さんから原因がわかりましたとの連絡があったのはそれから数日後。
a0129711_19201079.jpg
a0129711_19211307.jpg
原因はフュエルタンク内の錆。
a0129711_19482315.jpg
これは当時のタンク内の写真。内部のブツブツが錆です。
その錆がフュエルポンプに詰まってガス欠になったとのこと。
a0129711_19203189.jpg
これはガソリンを抜いたタンク内の写真。すっかり茶色くなっています。
a0129711_19480562.jpg
1年前に交換したフュエルポンプの錆もひどい。

a0129711_19193521.jpg
こちらはフュエルフィルター。下に見えるのは中からでた錆たガソリンです。

a0129711_19194669.jpg
上のタンクの写真の一番下の丸い底の部分を拡大したのがこの写真です。
底に砂のように見えるのが錆です。この上にフュエルポンプがつきます。
当然ポンプもだめになりますし、
こんな細かな砂のような錆がガソリンタンク内にあれば、フュエルフイルターがつまるのは当然です。

タンクを新しいものに交換し、フュエルポンプの錆をとり、新しいフュエルフィルターに交換。
ついでにエアコンの修理もしてもらい本日引き取りに行ってきました。
a0129711_19184719.jpg
会社までの首都高ではアクセルを全開にすると3000回転くらいからターボが炸裂し、一気にレブリミットまで吹けきってしまう。GTBターボのあの蹴飛ばされたような加速には劣るものの、その加速は息が長く、アクセルをふんでいればレッドゾーンにまでとびこむまでとまらないほどの勢いだ。

首都高のような交通量の多い道でアクセルを踏みっぱなしの状態で回転計をみるのは困難で、リミットに到達するかなり手前でシフトアップしていかざるをえない。
メーター本体をみると前がみれないというは300スポーツの欠点だ。

しかしエアコンは優秀で今日のような暑さでもドライバーは汗をかくことなくコックピットを快適に保ってくれる。

a0129711_19290983.jpg
GTBターボとの決定的な差はリヤ315/35/17という極太タイヤのグリップの良さからくるコーナリングスピードの違いだろう。

GTBターボが3速で回るようなコーナーは4速で、4速で回るようなコーナーは5速で侵入していける。
一度だけ少しだけブレーキングを遅らせ、オーバースピードぎみで侵入した右コーナーでもわずかにテールがスライドしたがクリップをこえてアクセルをゆっくり開けながら立ち上がったら軽くフロントもすべりはしたがすぐにグリップを取戻し、フルブーストで立ち上がっていく。
ロータスならではの感覚です。

20代の頃、はじめてエスプリを買ってあのオンザレールのようなコーナリングに感動したことを思いだす。レースを経験して当時とは比べられないほどドライビングスキルが増した今だからこの車の素晴らしさがさらにわかるのかもしれない。

立ち上がり加速ではGTBターボには劣るが、コーナーの速さでは確実に300sportが優る。
筑波では1秒以上の差がつくに違いない。
a0129711_19295223.jpg
いちどサーキットに持ち込みGTBターボとラップタイムを比べてみたい。

  by cavallino-cars | 2019-06-25 19:44 | Comments(0)

Goldon Murray 氏のコレクション

ゴードンマーレイ氏は1979年からF1のBrabam のシャーシを設計し、ワールドチャンピオンを獲得。
その後マクラーレンへ移籍し、セナ、プロストのドライブしたMP4の開発に携わり、彼の作った車はコンストラクターチャンピオンにか輝く。
a0129711_15111359.png
その彼のコレクションにDino308gt4 があることが英国のClassic and sports car 誌の記事に載っている。それは1980年の右ハンドルのDino308gt4。
マーレイ氏は大人になるにつれ、派手な車は好きでないことがわかってきたという。
以下はインタビューの内容です。
おそらく世界中で246Dino を好きでない人は私だけだろう。
a0129711_15113477.png
しかし308gt4がデビューした時、その形をみるなり好きになった。
当時ランボルギーニウラッコを買おうかと思ったが、あんな作りの悪い車を自分のガレージにおくことは出来なかった。
同じような恐怖心をもって308に乗ってみたが、ドライブした瞬間それは間違いであったと気がついた。gt4はドライブする喜びに溢れ、さらに素晴らしい視界をそなえていたからだ。

F1のモノコックを作成した著名なゴードンマーレイ氏がこれほどまでの賛辞をおくるgt4は我々が今乗っても同じ感動を与えてくれる。

It's so nice to drive !

  by cavallino-cars | 2019-06-24 15:12 | Comments(0)

208gt4 venduto

a0129711_14573090.jpg
昨日ご来店されたお客様からドレスデンから譲り受けた208gt4の申込金が本日振り込まれました。
ありがとうございます。
7月の1週には納車予定です。
ご自身でステアリングを握って運転したインプレッションをお聞きするのを
今から楽しみにしています。

  by cavallino-cars | 2019-06-19 14:58 | Comments(0)

愛車にはオリジナルにこだわりたい


今まで何百台もの208gt4を見てきました。私が輸入してきたものに共通しているものはオリジナルが高いもの、そして自分でも欲しいと思えるものだけす。

a0129711_10554005.jpg

リヤのトランクの内張りの素材が異なっていたり、欠損していたり、

a0129711_10571193.jpg

マフラーがツインエキゾーストになっているもの、シートがすべて張り替えられているものは購入することはまずありません。

a0129711_10595851.jpg
しかし例外もあります。それは上の写真のブタペストから譲り受けたgt4。

a0129711_10593749.jpg

内装が非常にきれいな初期型でマフラーがシングルパイプでなくともそれを補うほど他の部分が素晴らしいものに限っては輸入することもあります。
この車には3年ぶりにナポリで入手できた208gt4用のオリジナルマフラーを装着予定です。
a0129711_15260592.jpg
ただし、初期型なのにクロームメッキのバンパートリムが下の部分がかくれる後期型のものに変更されていたり、
a0129711_11054209.jpg

上の写真のようにメッキトリムがついてないもの、


a0129711_11043847.jpg

オリジナルでないパターンの内装にはりかえられたものは購入をひかえます。
リヤのトランクに関しては生地がオリジナルでないものは今まで1台も輸入したことはありません。


a0129711_17551888.jpg

今回の赤の208gt4は現地でみて内装がオリジナルだったのと新車時のラッカー塗装だったことなどで購入しました。
a0129711_17560109.jpg

しかし入港して4ヶ月の整備期間中に塗装のヒビ割れが進行し、結果、塗装をやりなおすことにしました。

a0129711_17554719.jpg

整備費用を含めると総額で500万円を超える費用がかかりましたが、オリジナルだけのもつオーラを放つ素晴らしい車になりました。

1台1台同じ車はありませんが、自分のガレージに入れる車はオリジナルにこだわりたいものです。
オリジナルだけのもつ美しさがこの車には確実にあります。

  by cavallino-cars | 2019-06-19 13:22 | Comments(0)

古いアルファロメオのオーナー必見サイト

a0129711_12440310.jpg
a0129711_12182654.jpg

1600スパイダーのマフラーエンドの部分に穴が開いているのを発見。
英国のClassic Alfa というサイトからパーツをとることに。

a0129711_12371009.jpg
エキゾーストが49.5ポンド なんと6,781円!!安い!!
ついでにフロントとリアのショックも注文。ショックは前後とも2本で79ポンド、10,823円。
1本なんと!5,411円という激安プライスです。
昨日発送したという連絡があったので週末には届く予定。
ほんとに大丈夫とうたがいたくなる価格です。
古いAlfa のオーナーは必見ですね。

  by cavallino-cars | 2019-06-19 12:27 | Comments(0)

reserved ! GTBturbo に正式に予約が入りました。

a0129711_23121860.jpg
88年の新車のようなFerrari GTB turbo を購入希望のお客様より本日申込金が振り込まれました。

a0129711_23100220.jpg
現車をご覧いただく日が今から楽しみです。
もうこんな車と出会えることはないかもしれません。

  by cavallino-cars | 2019-06-19 10:37 | Comments(0)

Quale ti piace 208 o 308gt4? 208と308どちらがお好き?


今日、308gt4と208gt4をお客さんと乗り比べた。
a0129711_17445339.jpg
まずは内装が新車のように美しい308から。
a0129711_17442694.jpg
どこまでものびていくトルクフルなエンジン、甘美はサウンド、安定したサスペンション、アクセルの微妙な動きにあわせて回転が上がるV8。まさにフェラーリサウンドでコックピットは満たされる。
a0129711_17551888.jpg
その興奮さめやらぬ中、208gt4に乗り込みます。
トップエンドまでいっきに回るエンジン、308に比べ非力なエンジンを補うためにショーターギヤが組まれている208はその分シフトチェンジも忙しいが、よりスポーツカーを運転している感覚は強い。
a0129711_17553003.jpg
195という308の205にくらべ一回り細いタイヤも最初のブレークこそ速いが十分エキサイティングなコーナリングパフォーマンスをほこる。
アクセルのオンオフでノーズが向きを変える様はこのgt4ならでは。
208はカムベルト交換、オルタネーターOH,カムカバーガスケット交換、ウォーターホース交換、ブレーキパッド交換、マフラーバンド交換、チェンジシャフトシーツ交換、ブレーキパッド前後交換、サブタンク交換、ステアリングギヤボックス交換など160万円を超える整備代に、前後バンパー再メッキに
a0129711_17560109.jpg
オールペイントと300万円の板金塗装を行い、やっと購入から1年ぶりにショールームに先週もどってきたばかりだ。
どちらがお好みですかとお聞きしたら、お客さまは迷わず208を選ばれました。
理由はよりスポーツカーをドライブする楽しさがあるから。
たしかにライトウエィトのような軽い動きとピーキーなエンジンはワインディングを走るには間違いなく楽しい。
特に40年前の車だからとうヤレ感をまったく感じさせない208gt4はエアコンさえ今日の天気でもドライバーと助手席の二人が快適にすごすことができるほど効く。
他にも何台ものクラシックをお持ちの方からこんなコメントをいただくと本当に嬉しく思います。
明日正式に契約となりました。
ありがとうございました。


  by cavallino-cars | 2019-06-18 18:44 | Comments(0)

キャブ調整

a0129711_10583998.jpg
昨日、Dino208gt4 のエンジン調整を行いました。まずはエアークリーナーの掃除。
オールペイントをした車には大量の塗装を研磨した時の粉が入っているからです。
フィルターはエアーブロアーで埃をとばして、エアークリーナーはパーツクリーナーで清掃。
点火時期を正規の数値に調整。
その後キャブをばらして油面の高さを確認します。
この車はフロートの油面が低すぎたため、加速ポンプにガスが十分いかずにアクセルを踏んだときに息つぎする。
油面をあげてアイドリングを調整。
a0129711_17560109.jpg
整備を終えて首都高速にテストにでかけます。
完調のV8エンジンは本当に気持いい。特にこの車はステアリングギヤボックスも新品に交換しているのでそのハンドリングはクイックでスポーツカーそのもの。

a0129711_11154682.jpg
モダンフェラーリのような圧倒的な加速感こそないが、コーナーリングは40年前の車とは思えないほどのポテンシャルで、細いステアリングからは路面状況やタイヤと路面との接地感が伝わってくる。
旧車でしか味わえないこの感覚は何回のっても毎回新鮮な感動を与えてくれます。

  by cavallino-cars | 2019-06-15 11:17 | Comments(0)

クロームメッキは美しい方がいい。

a0129711_17551888.jpg
gt4の美しさをきわだたせているのは窓やバンパーの美しいメッキとのコントラスト。
しかし40年ほど経過しているためにバンパーのメッキは腐蝕が始まっているものが多く、ブツブツと錆が浮いてき始めているものがほとんど。
a0129711_10521030.jpg
今回このgt4はオールペイントを実施したので再メッキを施した。
ボディが美しくなれ場なるほど、この部分だけが強調されてしまうからです。
a0129711_17554719.jpg
モダンフェラーリでは使用できなくなってしまった鏡のようなメッキと黒のラバーのバンパーと溶けるような赤とのコントラストは実に美しい。
70年代の車にしかないエレガントさがある。


  by cavallino-cars | 2019-06-15 10:54 | Comments(0)

Dresden からのDino208gt4


a0129711_17564771.jpg

昨年ドレスデンから購入した78年のDino208gt4 が昨日やっとショールームに入庫した。
ドイツで契約書をかわしたのが昨年5月なので約1年。

a0129711_17554719.jpg

ボディショップでは塗装はもちろん、ドアが少しさがっていたため、ヒンジのピンも左右交換。

a0129711_17562960.jpg

マフラーカバーとホィールの剥離塗装、新品タイヤ装着をはじめ、
a0129711_11200804.jpg
前後のバンパーフレームの再メッキ、塗装の補修は小さな傷取りから、クラックの修理、リヤクオーターウィンドウをはずしての細部のやり直し,結局剥離してオールペイントをするというおおがかりなものとなった。

a0129711_17551888.jpg

完成した車は予想を上回るきれいさです。
写真でこの美しさが伝わらないのが残念なほど実車はオーラを放っています。

a0129711_17560109.jpg

機関系の整備では前後のブレーキパッドの交換、オルタネーターOH、ステアリングラック交換、
エアコンコンプレッサーオイル交換、マフラーバンド交換、オイルパン、ミッションガスケット交換、チェンジシャフトシール交換、エンジンステーブッシュ交換、サブタンク交換、ラジエターキャップ交換、プラグコード交換、ウォーターホース交換、スタビブッシュ交換、クラッチ交換、
ステアリングラックブッシュ交換とかなりの作業を実施済み。

後は金曜に、キャブ調整を行って終了。
今からテストドライブの日が楽しみです。

  by cavallino-cars | 2019-06-12 20:31 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE