roma の休日


Nereto から帰って来た日のホテルはローマのナボナ広場の裏のHotel Raphael。
いつもはローマに住む従兄弟がつきあってくれるのですが、今回は骨折してしまい安静にしなくてはならず、一度泊まってみたかったチェントロのホテルにしました。
このホテルからはパンテオン、ベネチア広場、トレビの泉、スペン広場、カンピドリオ広場とどこも徒歩圏内。
a0129711_17443953.jpg
夜のライトアップされたトレビの泉は幻想的で今でも色褪せない美しさです。
a0129711_17451533.jpg
散歩の後、ホテルの前のオープンレストランで夕食。
a0129711_17495970.jpg
前菜はカラマリ(イカ)やズッキーニの花のフリットの盛り合わせ。フリットの上にかかっている黒いソースはバルサミコ。美味しいものを食べた時はイタリアに来て良かったと思う瞬間です。
a0129711_17494471.jpg
メインは少し早いですがトリフのソースのかかった牛のビステッカ。
ソースの上にはトリフがどっさりのっています。あわせたワインはブルネロディモンタルチーノ。

24日月曜は日本では秋分の日ということでローマでも1日ゆっくりすることに。
お昼はモツレッラの有名なOBICAでランチ。
a0129711_17370759.jpg
きんきんに冷えたメロンに生ハムの前菜。
a0129711_17373076.jpg
メインは小さめのモッツレラにイチジク、生ハムにルッコラとオリーブにプチトマトという軽めのもの。イタリアならではの昼食です。
a0129711_17595513.jpg
これはカンピドリオ広場にある美術館の上のカフェのテラスからみたローマの風景。
a0129711_17591399.jpg
a0129711_18004879.jpg
a0129711_18193093.jpg
こちらは美術館にはいらなくとも脇の入り口から行けるので休憩するのに最高のスポット。
a0129711_18014664.jpg
最終日の夕食はホテルの屋上のテラスで。
ライトアップされた古代ローマの遺跡をみながらのディナーは格別です。

a0129711_18021619.jpg
上の写真は午後6時半。ディナーテーブルの一段下の階で軽い飲み物やアペリティーボを楽しめます。
ここからのサンセットも最高です。

a0129711_18031023.jpg
最上階のテラスにはわずか8つほどのテーブルしかないので予約することをお勧めします.
a0129711_18203769.jpg
忘れられない想い出になることは請け合います。
a0129711_18050021.jpg
この美しい国イタリアからまた珠玉の1台がやってきます。

  # by cavallino-cars | 2018-10-05 18:05 | Comments(0)

Nereto のDino208gt4

Sirmione からローマに到着したのは午後の8時。
翌日23日の日曜日、ローマから東に2時間ほどのTeramo 州 Nereto という街に向かいます。
a0129711_16395946.jpg
天気は快晴。日曜ということもあり道はがらがらです。
目的は1976年製の208gt4。今年の3月にドイツのOffenburg から譲り受けたgt4のオーナーからイタリアの友人がgt4を売りたいという連絡があり、今回訪ねることにした。
こちらは秋の気配を感じる日本とは違いまだ夏まっさかり。外気温度は30度。
8時にローマをでて到着したのは午後の11時ちかく。
待ち合わせの場所に行くとオーナーのVincenzo さんが待っていてくれた。
a0129711_16471098.jpg
案内されたのは彼のコレクションの15台ほどの車があるガレージ。
a0129711_16520010.jpg
chassis#11782のこの車は1976年1月31日に登録されている。
a0129711_16492687.jpg
ホィールは初期型のCROMODORAでセンターキャップのタイプ。Dinoの刻印の入るこのホィールは今では入手困難な大変貴重なもの。
キャップ中央にはプラスティック製のDinoのエンブレムがつく。
a0129711_16480142.jpg
ドアの内張りも上のL字型の部分だけがアルカンタラになっているのが初期型の特徴。
中期以降はドア内張りと同じビニールレザーとなるが個人的にはデザイナーのこだわりが感じられる初期型のものが好きだ。
a0129711_16472515.jpg
もちろんマフラーは当時のオリジナルのシングルパイプがつく。
試乗のために外に車をだしてもらう。
a0129711_16532267.jpg
メッキ部分と紺のボディのコントラストは実に美しい。
a0129711_16535471.jpg
ハンドルのスポークとインパネが黒なのは208gt4の特徴。
a0129711_16524440.jpg
運転席につくVitaloni のミラーは刻印のある当時のオリジナル。
a0129711_16533813.jpg

フロントにフォグライトがないのも208gt4の特徴。
初期型の薄いバンパーが後期型に比べより精悍なイメージをもたせている。

a0129711_17240869.jpg
イタリアクラシックカー協会の認定証のゴールドプレートもつく。

a0129711_16522601.jpg

トランクの生地も麻のようなオリジナルが装着。

a0129711_16530671.jpg
a0129711_16541140.jpg

センターキャップのホィール、初期型の薄いバンパー、シングルパイプのマフラーに紺とクリームのコントラストの内装というエレガントなgt4は今では非常に貴重。
タイミングベルトも交換したばかりのこの固体を正式に譲り受けたのは帰国後2週間をすぎた昨日。
日本入国は年末の予定。ご興味ある方はご連絡お待ちしております。



  # by cavallino-cars | 2018-10-05 17:30 | Comments(0)

Villa cortine

Sirmione は10年ほど前にミッレミリアで訪れた時以来。
a0129711_19385865.jpg
当時宿泊したホテルがこのVilla Cortine。
ガルダ湖半の半島の突端にあるこのホテルに行くには専用の許可証をもらい、橋を渡って街中を通っていかなければならない。ミッレミリアでは何の許可証もいらなかったが、今回はイヴェントではないので橋の手前の案内所でパスを用意してもらう。道は車が1台やっと通れる幅。
a0129711_19395388.jpg
城壁の真ん中の橋をわたってホテルまではおおよそ10分ほど。走っているうちに10年前の記憶が蘇ってきます。
a0129711_19415872.jpg
ホテル前につくとゲートがあり、インターホンで名前を告げると電動で開門。
a0129711_19432153.jpg
こちらがホテルの入り口。往年の名車がここにずらりと並んだ当時の様子を想い出します。
こちらは30度超えの真夏のような気候。
a0129711_19460526.jpg
ホテル内の桟橋では日光浴を楽しむゲストが大勢います。
a0129711_19480122.jpg
桟橋手前のレストランで遅めのランチをいただきました。
a0129711_19494624.jpg
夏らしくイタリアの発泡酒ランブルスコに
a0129711_19502693.jpg
スカンピ(手長海老)のグリル。ほんのつかの間ですがリゾート気分を味わいました。
a0129711_19545648.jpg
明日はローマに向かいます。

  # by cavallino-cars | 2018-10-04 19:55 | Comments(0)

Bresia の208gt4

a0129711_19031140.jpg
21日Bergamo のホテルで7時半に朝食。ここはパンはもちろん、ヨーグルトもすべて手つくり。
a0129711_19054890.jpg
テーブルにはクリストフルの銀食器が揃います。
イタリアらしい食事を終えたあと、Bresia のディーラーのPaolo Rossi さんをたずねる。
Bergamoからは1時間ほど。
a0129711_19143711.jpg
目的は1オーナー、走行50,500kmの77年のDino208gt4。
店舗の裏の倉庫に案内される。
a0129711_19174367.jpg
すべてのホィールは中期型のものがつき、センターキャップは当時Dinoのプラスティック製のものがつく。
a0129711_19191246.jpg
前後のラバーバンパーは薄型のもの。バンパーを囲むメッキバンパーは若干やれてはいるが、磨けばそれなりの艶はでてくるはず。
a0129711_19200252.jpg
シートはすべてオリジナル。
a0129711_19182097.jpg
マフラーもシングルパイプの当時のものが装着される。
エンジンをかけてもらおうとしたが、バッテリーをつないでもかからない。
おそらくセキュリティーがきいてしまっているのだろう。
マネージャーのRossi 氏がトライしても結局かからず、今回はパス。
a0129711_19165913.jpg
気になるところは写真左のリアシート裏のガソリンタンクの上につくガソリンの残量をはかるためのメーターセンサーがオリジナルでないことやイグニッションコイル先のクリップのみ。
左テールレンズとナンバーの間のメッキのノズルのようなものはセキュリティのものだろう。
エンジンがかかるようになったら再び連絡いただくことにして、今夜のホテルのあるSirmione に向かいます。


  # by cavallino-cars | 2018-10-04 19:24 | Comments(0)

2台のDino208gt4を見にイタリアへ

先月20日、イタリアに2台のDino208gt4 を見にでかけた。
羽田発8時50分発のBA8便でロンドンヒースローに現地時間午後1時10分に到着。
a0129711_15570642.jpg
午後3時20分発の便でミラノリナーテ空港についたのは午後の6時25分。
その日は現地の友人とBergamo でディナーの約束のために向かいます。
Bergamoまでは車で空港から約30分。
a0129711_15573503.jpg
到着したのは午後7時40分。レストランはまだガラガラです。
日本からきたばかりなので私はアンティパスト(前菜)にプリモピアットのみにします。
いつもセコンドピアット(メインのお肉料理や魚料理)までいただくと日本時間の朝の3時頃にフルコースを食べるようなもので、どんなに美味しくとも拷問のようなディナーになってしまうのです。
a0129711_15595598.jpg
今回は前菜にOstoriche (牡蠣)を注文。これが素晴らしくクリーミーで美味しいことこの上なかった。
a0129711_16003051.jpg
プリモはスカンピ(手長海老)のパスタ。これも絶品でした。
この2皿で私はバスタ(満腹)。
ドルチェとカフェをいただき、
ディナーが終わったのは午後の11時。
a0129711_16041016.jpg
8時半に席についた時には2組しかいなかったお客さんも午後10時には満席。
今日は20日の木曜日です。
平日の夜でも優雅に食事を楽しむイタリア文化は不変。
家族ずれや、恋人同士、友人達らと過ごす時間があっての人生がイタリア人の生き方なのでしょう。

イタリアではめずらしくこのレストランは禁煙。
タバコはみなさん外で吸っていました。
a0129711_16013304.jpg
こちらは喫煙スペース。
このDaVittorio というレストランはいつ伺っても期待を裏切りません。
ローマやガルダ湖周辺のホテルはドイツ人やアメリカ人の観光客がメインですがここだけはイタリア人がメイン。ここに来るたびにイタリア人の人生の楽しみ方をいつも感じます。
明日は1台目のgt4を見にBresia に向かいます。

  # by cavallino-cars | 2018-10-02 16:28 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE