feel the wind

a0129711_12461112.jpg
日曜日の早朝、30年ぶりに箱根にAlfaromeo spider で向かう。
20歳で手に入れた初めてのアルファロメオは2リッターの80年のスパイダーだった。
雨の日も、夏の日もそして冬の日もその1台で暮らす。

夏はあまりの暑さに吊り下げ式のクーラーをつけた。
走っている時は効くが、渋滞になるとまったく効かなくなり、室内はサウナ状態。

それでも夏の夜のオープンにして走った気持ちよさは忘れられない。

a0129711_12474894.jpg
この季節は日差しは強いが窓を開けると風が冷たく心地いい。
高速をおりて芦ノ湖スカイラインで幌をたたむ。

a0129711_12464964.jpg
フェラーリのようなクイックなステアリングでないのでコーナーを攻めるという走りではなく、アルファサウンドと風を楽しむ。速度は60kmほどでも十分に気持ちいい。

ダリルホールやスティービーワンダーの曲が入ったカセットを聴きながらドライブしていると80年代にタイムスリップしたようだ。
細いウッドのステアリングにはドライビンググローブが似合う。

シフトチェンジするたびに助手席にすわる彼女のひざにシフトレバーを握る手がふれるほどタイトなコックピットもいい。


a0129711_12455359.jpg
この車の最大の魅力はなんといっても美しいピニンファリーナのデザインだろう。
a0129711_12480722.jpg
初期型のボートテールのスパイダーよりもテールがきられたようなコートダロンガの方がすっきりしたイメージで好きだ。メーターパネルもレーシーなアルファロメオのイメージだ。

a0129711_12573209.jpg
a0129711_13010263.jpg
ハンドルが少し重く感じたのでフロントの空気圧を2.2から2.5にしただけで低速でのステアリング操作が軽くなった。

a0129711_12575606.jpg
都内からわずか1時間。新緑の中を走る気持ちよさは格別だ。

a0129711_12594134.jpg
途中ポルシェボクスター、911カブリオレ、フェラーリ355などのスポーツカーに何台もすれ違う。

いつものコーナーをギリギリのスピードで侵入してハンドリングやバランス、足回り、そしてブレーキの確認をする首都高でのテストドライブとは別の気持ちよさがある。

a0129711_12484912.jpg
レースを経験してからは車をコントロールする楽しさのみを追及してきたが、普通に乗っていても気持いいことを思い出した。
a0129711_12565179.jpg
やはり車はできるだけ乗ったほうがいい。
真夏になる前にはまた箱根に来ようと思う。

itaria でのこのアルファのファーストオーナーは初夏に訪れる別荘で楽しむためだけに
購入したという。箱根にでかけその気持がよくわかった。
次のオーナーにもこのアルファと素晴らしい思い出をつくってほしい。

  # by cavallino-cars | 2019-05-21 13:01 | Comments(0)

ドイツでEdie Irvine の288GTOが盗難

a0129711_16115594.jpg
5月14日ドイツの車屋に288GTO を買いにきた人がテストドライブをしたいといい、そのまま乗り逃げして盗難してしまったというニュースです。
a0129711_16150027.jpg
288GTOは今や200万ユーロ。現地価格で2億4000万円。
日本でも過去にお客さんと試乗中にエンジンから異音がするので見て欲しいと、販売員をおろしたすきにそのまま逃走したケースもありました。
どういう状況で盗られたかはわかりませんが、業者も気をつけていたにちがいありません。
保険に入っていたとは思いますが、なんとも気の毒というか怖ろしい話です。


  # by cavallino-cars | 2019-05-15 16:12 | Comments(2)

Ferrari Classiche Academy

a0129711_14562754.jpg
先日ご案内させていただいたマラネロで開催されるクラシックカーのドライビングスクールの次回の開催は10月2日、3日、4日。
a0129711_17091819.jpg
ご興味ある方はお近くのディーラーに連絡すればまだ間に合うかもしれません。ちなみに1回目は3月25日、26日、27日。2回目はまさにこのゴールデンウィーク中の5月6日、7日、8日に開催される予定。


  # by cavallino-cars | 2019-04-30 13:52 | Comments(0)

マクラーレン650Sスパイダー入庫

a0129711_18543695.jpg
2015年新車で購入したオーナーからマクラーレン650Sスパイダーが弊社に入庫した。
購入する際、オーナーと赤坂のショールームに伺い、首都高を試乗。
そのハンドリング、加速、スタビリティはフェラーリも凌ぐほど素晴らしく、レーシングカーに最も近い市販車といってもいい。レース経験のあるオーナーに運転を変わり、助手席に乗る。
高速を2速、3速とフルスロットルにすると足もとの血液がふとももまで上がってくるのがわかるほどその加速は凄まじい。運転席に座っている時には感じられなかったあの感覚は今でも覚えている。
スレートグレーと呼ばれるこのメタリックペイントは296,000円のオプション。
その他のオプションは下記のとうり。
a0129711_18534985.jpg
カーボンファイバーサイドインテーク  369,000円
スポーツエキゾースト(軽量で排気効率がよく音もノーマルよりもスポーティ) 778,000円
a0129711_18551638.jpg
シートヒーター、メモリー付き電動シート 443,000円
コントラストステッチ ダッシュ、ステアリング  84,000円
a0129711_18541272.jpg
カーボンインテリア  517,000円
a0129711_18532501.jpg
ダイヤモンドカットフィニッシュホィール 251,000円
スペシャルカラーキャリパー   148,000円
前後パークセンサー   266,000円
リヤカメラ  167,000円
車両リフトシステム  591,000円
フロアマット  52,000円
a0129711_18531580.jpg
リヤのスポイラーは速度に応じて高さが変わるほか、急ブレーキを踏むとポップアップしてエアーブレーキの役目もはたす。
4年前にオプションと含む新車価格が4000万円を超えたこの固体が、走行わずか3500kmで半値の2000万円で購入できるのはマクラーレンファンはもとより、スポーツカーを愛する者には朗報だ。

サウンドではフェラーリに劣るが、操縦性は優るとも劣らない。
テールレンズの形は今の720よりも個人的には650の方が美しく思う。
650馬力は十分刺激的です。

F1で歴史あるマクラーレンのステアリングを一度握ってみてはいかがですか?             

  # by cavallino-cars | 2019-04-29 19:09 | Comments(0)

聖地modenaから来たDino208gt4

a0129711_13475246.jpg
2015年2月モデナから譲り受けたBianco のgt4は3月に船積みされ、
a0129711_14014336.jpg
日本に到着したのは同年5月。現地を出航する前にすでに1台弊社から購入されているお客様から申込金が入り、売約済みとなった。
a0129711_13494290.jpg
日本に到着後、エンジンや足回りのリビルト、タイミングベルトの交換作業、オイル漏れの修理、塗装の補修を行い、半年後の2015年の12月25日のクリスマスに宮崎に納車された。
a0129711_14061021.jpg
その後、2017年10月にもう一人のオーナーのガレージに移り住んだこのgt4が再び弊社に戻ってきた。
a0129711_14071502.jpg
初期型のこの固体にはCROMODOA製のDinoの刻印のあるオリジナルのホィールが装備される。
a0129711_14034416.jpg
今や50万円に値上がりしてしまったFerrari Classiche も取得済み。
a0129711_13512200.jpg
スペアキーやマニュアル、マニュアルケースなども揃う貴重な1台です。
a0129711_15330257.jpg
マフラーはこのシングルパイプがオリジナル。このエキゾーストから奏でられるサウンドは実に軽く、乾いた音色でスポーツカー好きにはたまらないだろう。
a0129711_13471384.jpg
208の特徴はその美しさに加え、いっきにトップエンドまで回るエンジンだ。
フェラーリがライトウエイトを作ったらまさにこんな車になるにちがい。


a0129711_15292400.jpg
タコメーターをみていないと2速、3速はあっという間にレッドゾーンに針が入ってしまう。
足回りは308に優るとも劣らない素晴らしさだ。

現在ショールームに展示中。



  # by cavallino-cars | 2019-04-25 14:15 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE