ristorante Vivilo -un giorno squisito

今回フランチャコルタに泊まった理由は前回行ったレストランにローマに住む従妹を招待したかったから。
正直に言うと私も是非もう一度行きたかったからなのです。
日程が決まるとすぐに東京出発前に今夜のディナーを予約。
午後の7時45分の予約でしたが10分ほど早く到着。まだご覧のように午後の7時でもかなり明るいです。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01012155.jpg
お店から15メートルほど離れたところの専用パーキングに駐車します。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01014773.jpg
入口のインターホンを押すとオートロックが解除されドアが開けられます。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01020426.jpg
中庭を抜けるとすぐにカメリヱレが迎えにきてくれました。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01022566.jpg
建物の入口を入り、階段で2階に。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01034154.jpg
セラーの脇をとうり、
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01024793.jpg
一つ目のダイニングルームを抜け、大きな窓のあるメインダイニングに。そこから見る景色は緑一色。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01025714.jpg
本当にワイン畑の真ん中にあるレストランなのがわかります。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01054912.jpg
8時を過ぎるころから少しずつお客さんが増えてきて、9時前にはメインダイニングはもちろん、手前のテーブルも満席。
ローマの従妹には前回注文したコースを食べてもらいたかったのですが2人からでないとだめとのこと。
私のわがままで今回はアラカルトに。
まずは玉子とトリフときのこの前菜を注文。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01140944.jpg
カメリヱレがおもむろにトリフを持ってきてくれます。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01142004.jpg
その後たまご型の食器をテーブルに置いてくれ、上半分をとるとクリーミーなスープの上に軽くパン粉で揚げた?玉子が。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01163828.jpg
そこにマネージャのジョバンニさんがトリフをけずってくれます。こんな広い部屋でもこのテーブルはすごいトリフの香り。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01181145.jpg
スプーンで割ると
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01395507.jpg
とろとろの卵の黄身がでてきます。もちろんトリフとの相性は抜群です。
ristorante Vivilo -un giorno squisito_a0129711_01400743.jpg
その下にはソテーしたフンギ(きのこ)がはいっていて絶品。
Squisito!!(ほっぺた落ちる)と言ってしまうほど。
これだけでここに来たかいは十分です。
ここの素晴らしいところは味はもちろんですが、他の高級イタリア店と比べてすべての料理が軽いこと。
11月にはおそらく白トリフで同じような一皿を提供してくれるでしょう。
フランチャコルタのワインとここの料理があれば間違いなくイタリアのとりこになるはずです。
ミラノの空港から1時間半ほどかかりますが、
行く価値のある素晴らしいレストランです。
consiglio fortamente!!


  by cavallino-cars | 2023-08-30 02:20 | Comments(0)

<< Dino246のエンジンを搭載... 安心なVISAのタッチ決済機能 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE