gt4 トラブルシューティング

a0129711_20230610.jpg
猛暑の中、gt4のスピーカーを取り外すために高速で工場まで向かう。
入谷から渋谷までは順調。
大橋ジャンクションで渋滞に巻き込まれ、池尻手前で突然エンジンが停止。
油温、水温とも正常。
池尻の高速の入り口の合流車線にそろそろとセルで動かし、停めます。
本線上では渋滞の原因になる上、危険なのでなるべく安全なところに停めなければなりません。

セルは回るが、通常は残量のメモリまで跳ね上がるガソリンゲージが、0をさしたままピクリとも動かない。
パワーウインドウも不動。

電気系のトラブルなのは明白です。

a0129711_20291766.jpg
5分ほどして再度アクセサリーのポジションにするとガソリンゲージの針が動き、エンジンも始動。
自走もできそうでしたが、万一本線で止まってしまったら、危険きわまりない。
しかも後続車に迷惑がかかる上、大渋滞の原因になってしまうので、すぐにJAFに連絡。
レッカーを呼び、工場へ運んでもらいました。
a0129711_20300711.jpg
動かさなくて正解でした。

原因はフューズボード。
現場でフューズがきれていないかは確認したのですが、端子のガタまでは見落としていました。

熱のためもあるのでしょうが、端子部分のプラスティック部分の劣化で接触不良をおこし、フューエルポンプに電気がいかなかったためでした。

gt4のフューズボードのトラブルは過去にも何回か経験ずみ。
GTBでも同様な故障はあります。

メカニックに端子を修理してもらい、完了。

トラブルは突然やってきます。

万一、今回と同じ症状になった場合はエンジンが再始動しても、途中で止まる可能性があるのでレッカーを呼んで運んでもらったほうがよいでしょう。

任意保険でもカバーは出来ますが、特にクラシックカーオーナーはJAFへの加入をおすすめします。
JAFに連絡するだけでJAFから首都高に連絡が入り、高速隊の車がすぐに来てくれ、後続車の誘導もしてくれます。

安全も保障されますし、レッカー費用も15キロまでは無料です。

JAFさん今回もお世話になりました。
納車前で本当によかった。


  by cavallino-cars | 2019-08-02 20:52 | Comments(2)

Commented by いも虫ヒューズ at 2019-08-03 01:01 x
オリジナルのカバーは取付出来なくなりますが、5年前くらいに下記ガラス管ヒューズボードに交換してからはヒューズ絡みのトラブルは無くなりました。
いも虫ヒューズよりヒューズも入手しやすいし、見えない場所なのでおススメです。
http://www.birdman308.com/fusebox_upgrade.htm
Commented by cavallino-cars at 2019-08-07 10:38
貴重な情報ありがとうございます。そういえば弊社で販売した308が戻ってきた時にこのフューズに変えてあるのを見ました。308の純正のフューズボードはリベット部分が緩み、熱で基盤が溶けてしまうトラブルが多いです。サイトによるとパワーウインドウの上がりもよくなるようですね。価格も安いので一度とってみます。ありがとうございました!

<< アイドリング Dino208gt4 Sold!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE