Dresden からのDino208gt4


a0129711_17564771.jpg

昨年ドレスデンから購入した78年のDino208gt4 が昨日やっとショールームに入庫した。
ドイツで契約書をかわしたのが昨年5月なので約1年。

a0129711_17554719.jpg

ボディショップでは塗装はもちろん、ドアが少しさがっていたため、ヒンジのピンも左右交換。

a0129711_17562960.jpg

マフラーカバーとホィールの剥離塗装、新品タイヤ装着をはじめ、
a0129711_11200804.jpg
前後のバンパーフレームの再メッキ、塗装の補修は小さな傷取りから、クラックの修理、リヤクオーターウィンドウをはずしての細部のやり直し,結局剥離してオールペイントをするというおおがかりなものとなった。

a0129711_17551888.jpg

完成した車は予想を上回るきれいさです。
写真でこの美しさが伝わらないのが残念なほど実車はオーラを放っています。

a0129711_17560109.jpg

機関系の整備では前後のブレーキパッドの交換、オルタネーターOH、ステアリングラック交換、
エアコンコンプレッサーオイル交換、マフラーバンド交換、オイルパン、ミッションガスケット交換、チェンジシャフトシール交換、エンジンステーブッシュ交換、サブタンク交換、ラジエターキャップ交換、プラグコード交換、ウォーターホース交換、スタビブッシュ交換、クラッチ交換、
ステアリングラックブッシュ交換とかなりの作業を実施済み。

後は金曜に、キャブ調整を行って終了。
今からテストドライブの日が楽しみです。

  by cavallino-cars | 2019-06-12 20:31 | Comments(0)

<< クロームメッキは美しい方がいい。 93y Ferrari 348GTB >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE