Ferrari Classiche Academy

a0129711_14562754.jpg
マラネロが提供するドライビングスクールに新たなカテゴリーが加わった。
クラシックフェラーリオーナーのために2日間をフィオラノを解放してドライビングレッスンを行う。
参加人数はマックス10名。用意される車は3.2モンディアルが1台に308が4台。おそらくQVだろう。
トラクションコントロールやABSなどのいっさいつかないモデルをサーキットで走らせるのはオーナーにとっては自分の車をしっかり知る上でかけがえのない経験になるにちがいない。

a0129711_17091819.jpg

到着日はウエルカムディナーがあり、翌日からトラックでの講習が始まる。
ピロータフェラーリはムジェロの高速サーキットで行うがこちらは一般道や高速道のようなコーナーの多いフィオラノで実施されるのもいい。

初日は午前中にクラシケを訪問。昼からはフィオラノに行き、まずはインストラクターの運転する308に同乗してのデモラン。
2時からはインストラクターとゆっくりフィオラノをラップ。1Lap 4分かけて走るのだからかなりスロー。ちなみに私が初めて348で走った時のラップタイムは1分36秒。
3時からの5ラップはおそらくかなりの速度で走行するにちがいない。

2日目は11時から13時までインストラクターとラップを繰り返しドライビングのチェック。

ランチの後は2時から4時まで再びトラックでの走行。
合計フィオラノを30ラップできるのも魅力。
最低実施人数は5人から。

参加費用はドライバーが1万ユーロプラスVAT22パーセント(152万)、同伴者は1600ユーロ(24万円)とかなりお高め。それに旅費がかかります。

a0129711_17123830.jpg
1度きりの人生。今年のバケーションはマラネロというのも悪くない。

  by cavallino-cars | 2019-04-22 15:37 | Comments(0)

<< monaco blue のDi... 246Dino origina... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE