chassis#14500のDino308gt4

パーフェクトなgt4が再び弊社に戻ってきた。
a0129711_13080090.jpg
この車と初めて出会ったのは2011年1月28日英国のロンドンの郊外のガレージ。
オーナーに購入を約束し、帰国して振り込む直前に他の人に売られてしまった。
a0129711_13105753.jpg
その後2012年の年末に、なんと新しいオーナーから譲り受けることが出来、日本にやってきた。
a0129711_13112909.jpg
2013年の1月21日、大井埠頭で再会した時は3年越しの片思いが実ったような気分だった。
a0129711_13120721.jpg
そのまま仮ナンバーをつけ、自走で板金工場までドライブしたことを今でも思い出す。
3000回転をこえてからあのキーンというキャブレターモデルのフェラーリ独特のサウンドを聴きながら、高速を走る。そのレスポンスは328や355さえ凌ぐほど素晴らしい。
同年4月に静岡で3年間を過ごし、2017年4月に東京のフェラーリコレクターのガレージに移り住む。
a0129711_13140556.jpg

a0129711_13131168.jpg
a0129711_13132491.jpg
a0129711_13152386.jpg
a0129711_13172446.jpg
a0129711_13143488.jpg
購入されてからすぐに内装のフルレストレーションを行う。シートは張替えではなくオリジナルの生地に再塗装を施した。センターのモケットの生地はもちろんオリジナル。
a0129711_13213154.jpg
a0129711_13215456.jpg
a0129711_13223530.jpg
a0129711_13225530.jpg
メーター類のガラスのクリーニングを含む徹底ぶりで、夜間のメーターの美しさは現代のデジタルメーターにはない美しさだ。
クラッチはファーストオーナーの時に油圧に改良したため、その踏力は国産のクラッチと変わらないほどで、ディリーユースさえ出来るほど軽い。
a0129711_13210627.jpg
トップエンドまで一気に回るエンジンは308の真骨頂で、特に2速、3速でアクセルを開けた時のノーズが上をむくほどのレスポンスはキャブレターならではの気持ちよさだ。
フルトラ化したエンジンはレスポンスがよくなると言う話を聞くが、それはローパワーの米国仕様のエンジンのみで、ヨーロッパ仕様のオリジナルのレスポンスの良さはCDI やフルトラにすると逆に瞬発力が失われてしまう。
a0129711_13234813.jpg
外装、内装、エンジン、どれをとってもパーフェクトな308gt4が入庫した。
14インチのホィールはオプションの7.5J のものが装着される。
自分だけの1台をお探しの方にはこれ以上の車はないといっていいほど素晴らしい固体です。

  by cavallino-cars | 2019-04-13 13:28 | Comments(0)

<< nuovo volante p... Automobile council >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE