アース不良

ファイバーグラスの308の1年点検を終えて工場から引き取ろうとしたところ、
a0129711_18475908.jpg
イグニッションをオンにするとタコメーターがいっきにレブまで振れた。
エンジンはかけていないので電気的なトラブルのはず。
エンジンも5分ほど前まではかかっていたが、今は始動はしない。
a0129711_18462027.jpg
原因はバッテリーキルスイッチのアース部分の錆。
a0129711_18452742.jpg
上の写真の白いコードとフレームをつなぐワッシャーが錆びて、ナットもかなり古く、漏電してアースがとれていなかったのが原因。ワッシャーを磨き、ナットは新しいものに交換。バッテリーの台座部分とフレームの錆ている所を塗装し、バッテリーも念のため新品に交換。

a0129711_18540951.jpg
長めのクランキングの後、いつもの弾けるようなサウンドで本来の調子を取戻しました。
a0129711_18550345.jpg
同じ症状がでた場合は参考にしてください。
今年もあと5日。今日この症状がでて本当によかったです。
今年最後のメンテナンスもこの308で終了です。



  by cavallino-cars | 2018-12-27 19:01 | Comments(0)

<< Buon Anno ! Hap... Nereto からのDino2... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE