chassis#22563の308GTB


a0129711_10501918.jpg

マンチェスターからロンドンに移動し、翌週の月曜、ロンドンから2時間ほどのLeicestershire にある77年の308GTB を見に行った。
1977から78年までに製造された右ハンドルのGTBは211台。現在のオーナーは2000年に購入後、18年間所有。
a0129711_10494884.jpg

今はフランスに住んでいるため、フランスのナンバーがつく。
このAzzuro Blu metallic の塗装と内装のクリームのコンビネーションはこの固体をさらに素晴らしくしている。
a0129711_10504634.jpg

走行距離は35000マイル。塗装はスイスで数年前に行っているそうで実にきれいな状態。内装もすべてオリジナル。
a0129711_10533852.jpg

シートやドア内張りはおそらくオリジナルのレザーを塗りなおしたと思われる。
a0129711_10541582.jpg

新車のようなコンディション。
a0129711_10521051.jpg
ドア内側のスピーカーの取り付けネジは当時の小さなプラスのものがつく。
a0129711_10012383.jpg
ドア下の錆も当然ない。
a0129711_10524897.jpg

左右の足元のカーペットのかかとの位置のラバー部分も当時のもの。
a0129711_10512638.jpg

このベージュのカーペットはおそらく新車時ものにちがいない。
a0129711_10014621.jpg
ドアの内張りをとめるネジも当時のものがつき、はずれているものもない。
a0129711_10515757.jpg

マフラーはもちろんシングルパイプ。
a0129711_10504634.jpg
メーターは前期型のダブルレターのものが装着される。
a0129711_10514345.jpg

運転席右下につく時計のノブは損傷して黒いものに交換されているものもあるが、この固体はシルバーの当時のもの。
a0129711_11071810.jpg

フロントウインドウのフレームは窓を交換していると横と縦のつなぎ目がこのようにピタッとあっていないものが多い。
a0129711_10055166.jpg
この固体は一度も交換されていないのはこの納まりと新車時につけられた空気圧のステッカーの状態からもわかる。
a0129711_11081045.jpg

シートベルトのアンカーのキャップが左右ともあるのもいい。このようなパーツは今では入手が困難。
大きな問題ではないが、やはりあるにこしたことはない。
a0129711_10530502.jpg

エンジンフードの左右につくアルマイト塗装の熱抜きのルーバーも塗装の剥がれなどはいっさいない。
a0129711_10523517.jpg

こちらはエンジンフードのオープナー。
a0129711_10503181.jpg

これはトランクの手間につくエンジンフードのキャッチの部分。カバーがプラスのネジで固定されているのがオリジナル。リベットでとめられているものが多いがこちらが純正。こんな細かいところもマラネロから出荷されたままのもうれしい。

a0129711_10522428.jpg

ステアリングのレザーもヒビ割れやささくれだったところもなく41年もの時間が経過しているとは言われなければわからないだろう。
a0129711_10545254.jpg

去年マラネロを出てきたばかりといわれれば信じてしまうほどのコンディションなのです。
a0129711_10543417.jpg

a0129711_10005593.jpg
こちらはフュエルキャップ。ボディに傷がつかないようにつけられたラバーの状態も素晴らしい。
a0129711_11000886.jpg
これは助手席のサンバーザー。
どこをみても今まで見てきたGTBのトップクラスだ。
a0129711_11002038.jpg

エンジンの始動もあっけないほど簡単にかかった。
a0129711_11003278.jpg

マニホールドは金属製のものかあらスレンレス製に交換されている。タイミングベルトも交換したばかりだ。
その場で購入を決めたのはいうまでもない。それにしてもピニンファリーナのデザインしたGTBのなんとエレガントなことか。
a0129711_11074542.jpg

新緑の中でみる真っ赤なGTBもいいが、都会にはこの色のGTBのほうがしっくりくるかもしれない。
a0129711_11065644.jpg

今回ドイツで譲り受けたDino208gt4 とこのGTBは自分のガレージにそっとしまっておきたくなるような2台だ。
a0129711_10505937.jpg

世界中を捜してもこのような車に出会うことはまずないだろう。
文化遺産のような車たちと今年は何台と出会えるのだろう。毎回これっという1台と出会えることを願ってヨーロッパにでかけるが、見るほとんどの車が私の期待を裏切るものが多い。
しかし今回は2台もの素晴らしい固体に出会えたことが大変うれしい。
東京到着予定はいずれも8月。

  by cavallino-cars | 2018-05-30 11:21 | Comments(0)

<< Schneeberg のDin... 久しぶりの英国滞在 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE