driving 308Vetroresina!!

a0129711_12521336.jpg
今日、308ファイバーグラスで首都高速をドライブした。

総生産打数715台。そのうち右ハンドルは僅か154台。

油圧クラッチに交換されたこの固体は実に運転しやすく、毎日に通勤に使っても苦にならないほど。

シングルパイプから奏でられる乾いたエキゾーストノートはまさにフェラーリミュージックと呼ぶにふさわしい。

アクセルを少しだけもどして侵入する高速コーナーはこの車のもっとも得意とするところだ。

a0129711_12565560.jpg
クリップで少しだけアクセルペダルをもどすとスーッとノーズがインにはいる。

コーナー出口に車がむいたところでフルスロットルにするドライビングスタイルはレーシングカーそのもの。

308からBBに乗り換えるとテールのヘビー感は否めなく、コントロール性やスポーツ性は308の方がはるかに高い。

さらに軽い308とBBとはスロットルレスポンスも顕著に違う。

BBにくらべV型8気筒のF106 ユニットはアクセルペダルのほんの少しの踏み加減で即座に反応するのだ。

a0129711_12574545.jpg
ラックアンドピニオンのステアリングはとても40年前につくられたと思えないほど路面状況を的確にドライバーに伝えてくる。

あのぞくぞくするようなコーナリングは速度こそ異なるがモダンフェラーリと変わらないほどエキサイティングで、

今でも私を魅了し続けている。

( 上の2枚の写真は今回試乗した車そのもので、英国で撮影されたもの。 )


  by cavallino-cars | 2018-04-12 12:58 | Comments(1)

Commented at 2018-04-12 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< Alpina D5 ローマの休日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE