chassis#11376 整備完了

a0129711_21031374.jpg
先週の月曜、最終チェックをしていたDino208gt4 のエアコンのクラッチが不良であることが判明。
名古屋にオーバーホールにだしていたクラッチが今朝、到着。午前10時にコーンズに持ち込み、本日夕方6時に無事、最終検査を終えた。
完成検査の試乗をされたのはコーンズのベテランメカで348チャレンジからお世話になった平本さん。
今のモダンフェラーリにはない良さがあっていいですねと一言。
そのまま話をしたかったが、来週には関西に納車しなければならないこのgt4はこれから磨きの作業のために今日中に工場に入庫させなければならない。
高速での最終テストをかねて工場へ。エンジンは快調。エアコンの作動も確認。ハンドリング、キャブのレスポンスも最高の状態。
a0129711_21035249.jpg
あー、それにしてもなんと官能的なサウンドなのだろう。
けっして速くはないが、湧き上がるようなトルク感と6000回転でクライマックスを迎えるエンジン。
細いレザーのステアリングの独特の感触。美しいメーターナセル。
その全てがおりなす美しい空間と時間は、70年代のフェラーリにしかない素晴らしさにあふれている。

納車整備のために要した時間は2ヶ月。
ゆっくり時間をかけて整備して下さいと言ってくださったOさん、ありがとうございます。月曜にはガレージにお届けいたします。


  by cavallino-cars | 2017-10-24 23:26 | Comments(0)

<< verona の208gt4 ステアリングコラムスイッチ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE