Macerata の208gt4

ミラノから南東へ4時間。マチェラータに見に行ったのは79年モデルの89,000kmの208gt4。
待ち合わせの広場でオーナーを待つこと5分。調子よさそうなV8エンジンの音が近ずいてくるのがわかる。
a0129711_19024826.jpg
期待していたがこちらも5分で終了。まず塗装がひどすぎる。
a0129711_19072189.jpg
リアトランクフードの裏にいたってはタクシーでもこんな塗装はしない。
普通はオリジナルのカラー番号のついたステッカーははがして塗り終わってからはる。

a0129711_19040257.jpg
ヘッドライトは黒のカバーにまで赤の色がとんでいる。
a0129711_19052951.jpg
左右の小さなウインカーライトはGTBのものがつく。
a0129711_19050650.jpg
ステアリングはノンオリジナル。シートやドア内張り、室内灯などはオリジナル。
a0129711_19032800.jpg
インパネにプリントされたFAN HAZZARD WIPE SPEEDなどの文字はところどころなくなっている。
a0129711_19063711.jpg
ホィールは塗装のはがれがいたいたしい。こんな扱いをされてきた車は日本に持ってくる気にはけっしてなれないのです。
ひとつおかしいところがあると次から次へとでてくるもの。
a0129711_19044532.jpg
ドアロックのノブも通常はプラスのネジのタップが上部にきってあるがこの固体につくのはこれ。
a0129711_16594150.jpg
オリジナルはこちら。
ミラノから4時間もかけてきたのにがっかりです。
いまではコンディションのよいgt4に出会うことが本当に少なくなりました。



  by cavallino-cars | 2017-10-04 17:03 | Comments(0)

<< trieste の28,000... milano の208gt4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE