納車前整備

a0129711_23141922.jpg
7月20日にコーンズ東雲サービスセンターに入庫させたDino208gt4 の整備がやっと来週末に完了する。
a0129711_23145413.jpg
本国からのパーツの入荷が遅くなったのと、キャブモデルを扱えるメカニックが限られるために2ケ月もかかってしまった。
整備完了後はクリーニングをしてから納車となります。

今年、一度だけ、イベントに間に合わせるために納車をいそいだことがありました。
購入いただいた方が同業者だったということもあり、何かあった場合でも対応ができるだろうという思いもあった。
もちろん納車前には各種点検をすませ、タイミングベルトの交換はもちろん、がたつきのあったステアリングギアボックスも交換。
フルクリーニングをすませた後にキャリアカーで納車した。
暑い時期ということもあり、納車後にウォーターホースがきれ、電動ファンも壊れた。
クラシックカーなので納車後のトラブルはオーナー負担となるのが基本。しかし出来るだけこのような事態は避けたい。
あぶないパーツは時間がかかっても交換してから納めたいのです。

ご契約いただいたOさん、申し訳ございませんが、もう少しだけお待ち下さい。

  by cavallino-cars | 2017-09-21 23:29 | Comments(0)

<< milano の208gt4 恐るべし、日本の湿気 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE