75y Dino208gt4 と80y 308gt4

a0129711_15405545.jpg
昨日ボディクリーニングを終えたDino208gt4 を引き取り、80yの308gt4を磨きのために工場に入庫させた。2台ならぶことは珍しい。
a0129711_1541177.jpg
初期型のgt4(奥の固体)はバンパーが薄く、
a0129711_15413831.jpg
フロントグリルも小ぶりなものが装着される。
a0129711_15415315.jpg
それに比べフェラーリのエンブレムがつけられた中期以降のモデルはアルミの伝統のグリルが装着され、バンパーも初期型にくらべ、厚いものがつけられているのがわかる。
a0129711_15421835.jpg
208gt4と308gt4の大きな違いはタイヤサイズ。208が195/70/14に対し308は205/70/14と一回り太いものがつく。ラジエター上のアルミの熱抜きのルーバーも208のシルバーに対し、308は黒いものが装着される。
a0129711_1543335.jpg
テールライトは分解すると、Daytona やDino で使用されている小径のライトが組み込まれている。リヤバンパーに埋め込まれたメッキのフレームのつくバックライトも当時のものならではの美しさがある。トルクフルな3リッターを選ぶか、ライトウェイト感覚の208を選ぶかはどちらも乗る機会のある私でも迷うほど、それぞれの良さがある。
a0129711_15425227.jpg
2台のgt4はいずれもキャブレターモデルならではのエンジンの気持ちよさとバランスのいいシャーシ、スポーツカーならではの秀逸なハンドリングを備える。
ガレージにク自分だけの美しいラシックフェラーリのある生活は実に楽しい。

  by cavallino-cars | 2016-03-18 15:50 | Comments(0)

<< 308の点検時にはスプロケット... Dario Benuzzi >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE