70年代のフェラーリの美しさへのこだわり

a0129711_12293092.jpg
これは美しく照らされたDino308gt4 のエンジンルームだ。
a0129711_12295899.jpg
この照明のカバーがこちら。レンズの回りには光り輝くクロームメッキのフレームがつく。
こんな見えないところにもデザイナーの美しさへのこだわりがある。BBなども同じものがつく。
70年代のフェラーリならではの美しさはこんな小さなところにも見受けられる。
ちなみに廉価版の246や206はバルブがむき出しのままつけられ、カバーはつかない。
a0129711_12302014.jpg
写真右上のヒューズボード右のシルバーの金属のフレームの中にバルブがつく。
80年代になるとテスタロッサはエンジンフード裏に308と同様のライトがつくが、フレームは黒のものになる。
328はエンジンルームにソケットが備わり、そこに付属のライトをプラグインして照らす。
a0129711_12304679.jpg
手前のメッキのくぼみは配線を逃がすためのもの。見えないところにもメッキを使うことにエンツオのフェラーリは美しくなければならないというスプリットとそれを形にしたデザイナーの美しさに対するこだわりを感じる。
今ではコストの面で決して出来ないことの一つだ。

mi piace molt bella 308 !

  by cavallino-cars | 2016-01-28 12:47 | Comments(0)

<< mint condition ... 288GTOとGTBturbo >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE