308GTB fiberglassの購入ポイント

この5年間で輸入したファイバーグラスの308は計7台。その内訳は1台は英国から
a0129711_19591059.jpg
雪の降りしきるジュネーブ空港から30分ほどのスイスから
a0129711_200458.jpg
そしてイタリアのトリノから
a0129711_202351.jpg
これはベローナのコレクターから
a0129711_203536.jpg
こちらはモデナから車で1時間ほどのルッカからの1オーナーカー
a0129711_10493282.jpg
これは同じくイタリアのパビアからの1台で国内に持ち込んでからフェラーリクラシケを取得済み。
a0129711_2094737.jpg
a0129711_10442879.jpg
そして最後の1台はフェラーリ本社から譲り受けた特別な1台。
a0129711_20121516.jpg

その購入ポイントのいくつかをご紹介します。
a0129711_2013515.jpg
まずはフロントのアルミグリルのチェック。
a0129711_20142611.jpg
歪みのあるものや左右のはじがボディからとびだしている写真のようなものは事故をおこしている可能性があるので極力さけます。
エンジンルームをみてドライサンプでないものもNG。
a0129711_20152339.jpg
後ろから見て左側にオイルのリザーブタンクがあるものがオリジナルです。シングルデスビのものだけを選びます。
a0129711_10244755.jpg
リヤのテールライトはSIEM製のものがオリジナル。スチールモデルになってからはCARRERO製のものになります。こちらもオリジナルにこしたことはありません。
a0129711_10263080.jpg
308のエンブレムはプラスティック製ではなくスチールのものがつくのもファイバーモデルの特徴です。
a0129711_1126587.jpg
フロントのスペアタイヤセクションはアルミ板をビニールレザーでくるんだカバーがつきます。
a0129711_11264362.jpg
中にあるスペアタイヤは薄いテンパータイヤがオリジナル。スポーツカーは前後を軽くすることでその操縦性が向上します。そんなこだわりもフェラーリならではでしょう。
a0129711_12122948.jpg
リアのトランクもシボの入ったビニールレザー製のオリジナルを選ぶ。
a0129711_10401083.jpg
マフラーはシングルパイプのものがベストです。
a0129711_10425079.jpg
今ではりプロダクションモデルのシルバーのものもでていますが、オリジナルはこの銅色の鉄製のものです。
a0129711_2032462.jpg
ドアのウエザーストリップはすべて布製のもの。
a0129711_10574262.jpg
ゴムのものがつくのは308のスチールボディの後期のモデルになってからです。ウィンドウフレームは艶消しの塗装がされます。スチールボディになってからは艶のある塗装に変わります。
a0129711_1052548.jpg
エンジンフード裏にはすべて網が一面にはられているのがオリジナルです。
a0129711_10564017.jpg
スチールボディになってからはエア抜きのダクトの部分のみにつけられるようになります。
a0129711_959383.jpg
a0129711_20343994.jpg
a0129711_20353853.jpg
a0129711_1038476.jpg
スピードメーターはすべてダブルレターのものがオリジナルです。
a0129711_20371166.jpg
a0129711_2038086.jpg
距離計の数字もタイプライターのような細い数字が特徴。
a0129711_20392015.jpg
ヘッドライトはファイバーの初期モデルのみが一体型になりますが、
a0129711_20405547.jpg
同じファイバーでも後期モデルはすべてライト上の部分に写真のようなカバーがつきます。
おそらくコストの削減によるための変更でしょう。
a0129711_11124331.jpg
リアのナンバーのつくパネルはフラットなのがファイバーモデルの特徴。ナンバーの形にへこんだものはスチールボディになってからのものなので避けます。
a0129711_104311.jpg
ウインドウウォッシャータンクはスペアタイヤの前に青いビニールバッグタイプのものがつきます。
唯一ことなるのはフィオラバンテ氏のために特別に作られたものだけ。
a0129711_1015445.jpg
後期のスチールボディにつくポリタンク型のものが装着されています。
a0129711_11541768.jpg
エンジンフードを開けるとリアパネルが8つのネジでトランクの後ろでとめられているのもファイバーの特徴。
a0129711_11552830.jpg
エンジンフード裏には左右ともにフックがついており、簡単にエンジンフードを取り外せるようになっています。
ここまでチェックをした後に初めて試乗をします。
a0129711_1025411.jpg
308の一番の楽しさは何といってもV8キャブレターエンジンのレスポンスのよさにつきます。
a0129711_11285812.jpg
何百台もの車を乗ってきた経験から少し走っただけでそのコンディションがわかるようになりました。軽く回るものや重いもの、走らずともレーシングしただけでその違いがわかるものもあります。
a0129711_10241310.jpg
キャブレターのエンジンはよほどのことがない限り調子を取り戻すことは可能です。一番みるのは事故をおこしていないか、どのように治しているか、どのようにメンテナンスをしてきているかなどです。オリジナルと異なるパネルがついていたり、ウエットサンプのエンジンが載っている様なもの、
a0129711_12162199.jpg
ボディコンディションの良くないものはどんなに調子よくても買うことはありません。もっとも今まで見てきたファイバーでそのようなコンディションでエンジンの調子のいいものは一台もありませんでした。
ハンドルも太い、小径のものに変えられているようなものもNGです。
a0129711_1071718.jpg
ボディの多少のクラックなどはあまり気にしませんが、オリジナルでないパーツがついていたり、ダッシュが張り替えられているようなものは買わない方がいいでしょう。
a0129711_1033518.jpg
今やパワーウインドウが壊れた時のエマージェンシー用のレバーを入れる穴のカバーでさえ、見つけることは困難な時代です。
a0129711_1063399.jpg
キャブレターの308は運転する悦びを与えてくれますが、同時にオリジナルであればあるほどその美しさは際立ちます。
a0129711_107436.jpg
自分だけの1台としての価値は今風のハンドルをつけたり、ウイングをつけることではなく、オリジナルの美しさを保っていてこそ、その価値があると考えます。
a0129711_12181713.jpg
その意味で当時のものを知ることは実に重要で、オリジナルでないところを承知で購入するのはいいですが、買ってしまった後で自分の車のおかしいところがわかって後悔するようなことは避けるべきでしょう。当時のままの状態でもキャブレターのセットアップがきちんとされていればその動力性能やハンドリングは素晴らしいの一言につきます。
当時のファイバーの308は12気筒の365BBや512BB は言うに及ばず、275やDaytona と比べてもスポーツカーという意味でそのスポーツ性は突出しています。
信じられないという方は一度弊社のGTBに乗っていただければわかるはずです。
a0129711_10141768.jpg
40年も経過している車なのですべてがマラネロ出荷当時のままの状態であるという固体はないでしょうが、
a0129711_11271917.jpg
自分のガレージには出来るだけオリジナルの状態のものをおきたいものです。

  by cavallino-cars | 2015-10-07 12:21 | Comments(0)

<< Welcome back Ferrari は美しく、速く... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE