Orviet のGTSturbo

ベネチアを後にRoma とFirenze の中間にあるOriviet にある個人オーナーの88年のGTSターボを見に向かう。
a0129711_12533723.jpg
到着したのは午後7時を過ぎていたが、イタリアはサマータイムを採用していることもあり、昼間のように明るい。
a0129711_12513074.jpg
こちらはひと目見ただけで終了。
a0129711_12515236.jpg
リアのバンパーに傷があり、
a0129711_125276.jpg
フロントフェンダーには傘でつつかれたような凹みもある。オーナーはオリジナルペイントなのであえて修理をしなかったという。
a0129711_12523172.jpg
内装も革が乾燥し、
a0129711_1252496.jpg
白っぽく変色してしまっているような状態。事前に送られてきた写真からは想像もつかないコンディション。これだから見ないではけっして購入できない。
a0129711_12535326.jpg
フロントのフォグライトにもヒビが入っている状態。このパーツも現在欠品中で、中古が運よくみつかっても30万円もする。
日本にも輸入代行や個人で車を写真だけで購入する方がいらっしゃるが、よほど間に入った方が信用できるか、売主が信用できない限りおすすめはできない。売るほうはよいところしか言ってこないし、悪い写真は送ってきません。勝ち目が1割にも満たないポーカーに1000万円をかけるような愚行はやめた方がいい。

  by cavallino-cars | 2015-07-18 12:59 | Comments(0)

<< 67y Alfaromeo G... 一路、ベネチアへ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE