GTB turbo トラブル特集

a0129711_11594465.jpg
1986年から89年まで生産された328と同じフェースの ターボはGTBが308台、GTSが828台の合計1136台が生産された。
a0129711_1221444.jpg
その爆発的な加速は意外とフェラリスタにも知られておらず、328を買えない人のための廉価版というイメージが強い。
a0129711_1225046.jpg
しかし一度でGTBターボを運転したことのある方なら、F40のような加速に驚かれるに違いない。もう328では物足りなくなるほどの強烈なGなのだ。
a0129711_1235632.jpg
そんなハイパフォーマンスなエンジンはトラブルにみまわれる事もある。
a0129711_124201.jpg
一つは排気バルブの欠損。その結果欠損したところの燃圧はゼロに。当然パワーもなくなる。
a0129711_12204368.jpg
二コルオートモビルのフェラーリ担当メカニックに聞いたことろ、F40にも同じことがたまにおこるという。圧縮比が高いターボエンジンをフルブーストで運転すると起きる可能性も高いのかもしれない。
a0129711_125833.jpg
F40でも多いのがマフラーからの白煙。暖気後のアイドリング時にモクモクとではじめたらバルブガイド、ステムシール、ピストンリングからのオイルが燃焼室に入り、燃えている可能性が考えられる。ステムシールだけですめばヘッドをはずすだけで済むが、リングまで交換となるとエンジンオーバーホールとなるので最低でも200万円は必要。
a0129711_1915367.jpg
a0129711_19171241.jpg
もう一つはウエストゲートの劣化。ウエストゲートバルブは中にコップをひっくり返したような耐熱のラバーが入っており、排気圧である程度のブーストがかかるとそれを開放するシステムになっている。そのカップリングが損傷しているとターボをかけるとブースト計が振り切って、赤い警告灯がつく。こちらも生産後29年たっているので傷んでいるものが多い。
a0129711_1263948.jpg
いずれもまだパーツはあるので修理は可能だが、購入前にはせめて白煙がでていないか、フルブーストをかけた時にブースト計が振り切って、警告灯がつかないかくらいは確認した方がいい。

  by cavallino-cars | 2015-07-03 12:07 | Comments(1)

Commented by 岩槻のTT at 2015-07-03 22:49 x
破損したバルブは衝撃的な画像ですね…私のGTBも一歩間違えばこうなっていたかと思うと冷や汗ものです。そもそも絶対数が少ないモデルですから、こういった形でノウハウを蓄積していって頂ければ、我々の様なニッチなユーザーにとっては心強い限りです。

<< modena cento or... pininfarina cel... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE