bologna からの308GTB

a0129711_15504519.jpg
昨年の8月にボローニャから譲り受けた79年のFerrari 308GTBの納車前の最終のクリーニングを行う。
初めてイタリアで見てからはや5ヶ月が経過。
入国してリヤパネルの欧州ナンバーの穴埋め、傷の補修、左右ウインドウモールの交換、予備検査取得、タイミングベルト交換を含む整備、ニュータイヤの組み換えなどの作業をすでに行った。
現在クリーニングと並行してオリジナルのラバーパッドを使用し、フロアマットの作成をしている。
a0129711_15512595.jpg
現地でこれという車をみつけても、日本にきてから予備検、塗装の補修、整備などで300万円近い費用がかかることをご存知の方は少ない。
a0129711_155286.jpg
千葉ガレージでクリーニングをし、汚れの皮膜が一皮むけたように美しく蘇る様を見ると、この固体を日本に輸入して本当によかったと思える。
a0129711_15523931.jpg
来月には日本での新たなガレージに納まり、イタリアの文化と歴史に溢れた1台が日本の道を疾走することになる。
a0129711_15565085.jpg
ステアリングをにぎるとボローニャの風を感じる。70年代のフェラーリは実に素晴らしい。

  by cavallino-cars | 2015-01-29 16:00 | Comments(0)

<< Chassis #11862 Alessandoria のg... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE