75y Dino gt4

Alessandria からおおよそ40分の丘の上に建つ邸宅に向かう。
a0129711_19245613.jpg
オーナーのための専用の道を上り、ゲートを開けてもらいさらに進むと目的のgt4がガレージにあった。
a0129711_19252549.jpg
a0129711_1926425.jpg
あまりの素晴らしいご自宅に圧倒されながら、見たgt4は期待とは裏腹にがっかりするものだった。

a0129711_19323952.jpg
a0129711_1927678.jpg
リヤにつく跳ね馬は本来のものではなく、フォードのムスタングにつくエンブレムに似ている。
a0129711_19274624.jpg
フェンダー左右のウインカーレンズもノンオリジナル。
a0129711_19283455.jpg
おそらく後でつけられた内装の赤のパイピングにいたっては言葉もでない。
a0129711_1928544.jpg
ステアリングやダッシュボードの変色も気になる。
a0129711_19292266.jpg
フロントウインドウのモールは浮き、
a0129711_19441028.jpg
雨漏り必至の状態だ。
a0129711_19453571.jpg
ドア内張りのライトも本来メッキの枠のつくものがつくが、これはオリジナルではない。
a0129711_1929462.jpg
これでASIのゴールドプレートが取得できるのだからASI(イタリアクラシックカー協会)をあまり信用しないほうがいいかもしれない。
生産されてから40年近い年月を経て、オリジナルのまま美しく保存されているものとの差は歴然で、ひと目みただけで購入する気がうせていく。
今回見た3台はどれもFerrari には違いないが、ガンメタリックの1台は本物だけのもつ美しさに溢れている。美しいものには手を加えず、オリジナルのままが一番美しい。
a0129711_1935851.jpg
クラシックフェラーリの美しさはローマの遺跡や
a0129711_1946292.jpg
イタリアの美しい街並みに共通する繊細なまでの美しさと歴史的文化遺産のようなものをかねそなえているように思える。
そんな街を走ってきた珠玉の一台がガレージにある生活はそれだけで楽しい。

  by cavallino-cars | 2014-10-30 19:49 | Comments(0)

<< イタリア道路事情 Alessandoria の美... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE