Viva Dino coupe!!

a0129711_1693456.jpg
先週の金曜に港から持ち帰ったFiat Dino を首都高でテストした。
Dino Coupe の総生産台数は6043台。そのうちマラネロのフェラーリ工場で作られた2.4Lのものは2414台。246と同じZFギヤボックスとガーリングのブレーキを備えるこのクーペを日本で運転するのは初めて。
a0129711_1610221.jpg
アイドリング時にシートから伝わるV6ユニットの軽いバイブレーションはフロントエンジンのフェラーリに似ている。2.4リッターのDino エンジンのトルクはすごく、どこから踏んでも力強く加速して、いっきのレッドゾーンまでよどみなく回る。
a0129711_16102443.jpg
その音はフィアットというより、フェラーリそのもので、12気筒のディトナを運転しているようだ。特に3000回転を境に音量、音質とも劇的に変化する。
目を閉じればそれはまさにフェラーリミュージックそのもの。
a0129711_16112432.jpg
a0129711_16105618.jpg
246と同じガーリングブレーキの効きは素晴らしく、ディトナのようなプアーさはいっさい感じない。
一度でも70年代のフロント12気筒フェラーリを運転したことのある人なら、このサウンドの類似性はご理解いただけるはず。
かつて運転したクラシックフェラーリの212インターより、格段にトルクフルで澄んだサウンドのフェラーリ社製V6ユニットの素晴らしさは、スポーツカー好きにとってはアクセルを踏むたびに鳥肌がたつほど官能的だ。
イタリアで初めて運転した時の興奮がそのままよみがえってくる。
布製のシートの座り心地は抜群で、左右のウエスト回りを軽くホールドする感じはバケットシートに近い。
このまま何百キロも走っても疲れることはないだろう。
リヤシートの居住性の良さも特筆に価する。
a0129711_16114792.jpg
リヤフェンダーのふくらみやフェンダーアーチの美しさもこの車をさらに魅力的にしている。
a0129711_16121568.jpg
リヤのクオーターウインドウがリヤピラー部分を支点に斜め下に少しだけ開くのも面白い。
a0129711_16123439.jpg
そこから入った風はクオーターの通気口からアルピーヌのようなリヤクオーターのスリットに抜ける。
a0129711_16125631.jpg
今や同じエンジンを積んだ246やストラトスが4000万円を超えるプライスがつく中、1000万円以下で手に入れることのできるFiat Dino はバーゲンプライスにちがいない。

  by cavallino-cars | 2014-09-15 16:17 | Comments(2)

Commented by 岩槻のTT at 2014-09-15 17:24 x
たおやかな造形が萩・津和野あたりのしっとりとした街並みに似合いそうです。一方で、ジュリアクーペの様に、前後バンパーを外して当時のツーリングカーレースっぽくモディファイしても良さそうですね。
Commented by cavallino-cars at 2014-09-16 11:03
コメントありがとうございます。ディノやディノスパイダーに比べると地味なエクステリアですが、不思議と見れは見るほど、味があります。この車のハイライトは何といってもあのパワフルなDinoエンジンとそのサウンドです。音をお届けできないのが残念です。

<< ウインドウレギュレーター交換完了 ミラノからのGTBターボ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE