フェラーリと呼べるフェラーリだけを

a0129711_16114996.jpg
私の出張中に京都から208gt4を見に来店されたお客様が先週の土曜日に再び来店された。
a0129711_16124680.jpg
すでにその美しさとコンディションのよさを前回確認した後、申込金はお振込みいただいている。
今回の目的は試乗。
a0129711_1613359.jpg
さっそく入谷インターから銀座方面に首都高にのる。
トップエンドまでよどみなく回るエンジン、ラックアンドピニオンの路面とタイヤの接地感がリニアに伝わってくるステアリング、コーナーリング中にアクセルの開度に応じ即座にノーズが向きを変えるバランスのよさ、とても39年前に作られたとは思えないほどの驚くべきポテンシャルはドライバーを魅了せずにはいられない。
a0129711_16142957.jpg
クラシック308の大きな魅力はその美しい姿は言うに及ばず、何といっても今のモダンスポーツカーを運転するように、全開で踏んだ時の痛快さだ。
a0129711_16153459.jpg
アクセルに敏感に反応するエンジンはフェラーリならでは。
アクセルオンでノーズは上を向き、コーナー手前で全開から右足を離すだけでノーズはダイブする。
フロント荷重のままクリッピングポイントをクリアする気持ちよさはまさにスポーツカーそのもの。
a0129711_16144848.jpg
古いからといって2000回転しか回さないことが車を大事にするという方もおられるが、40年前の車を全開でとばせる痛快さは一度味わってしまうと麻薬のようなものでこれほど気分が高揚することはない。
古きよき時代のデザインを残しつつ、スポーツカーとしてモダンフェラーリにも勝るとも劣らない楽しさを併せ持つ車は70年代のフェラーリだけだろう。

ニキラウダやレガツォーニが現役時代のこのgt4に乗っていると当時にタイムスリップしたようだ。
ゆっくり優雅に走るのもいいが、スポーツカーはやはりそれらしく走らせないとその本当の価値はわからない。

私の輸入するフェラーリは納車前に必ずテストランをします。そんなにとばして大丈夫なのかといぶかしがる方もいるかもしれないが、フルブレーキングでどちらかにハンドルを取られるような確認はとばしてみなければわからない。
少なくとも納車時には問題ない状態でお渡しするためなのです。
その後のトラブルはオーナーの自己責任となる。出来るだけトラブルのないようにどの車も納車前には12ヶ月点検を実施してから納めている。

このgt4のオーナーとなられる方は既にクラシックアルファを所有されている。
今まで古い車をここまでとばしてくれるディーラーの人はいなかったようで感激してくれた。
明らかにアルファロメオとは異なるフェラーリ独特なドライブフィール。
a0129711_16165685.jpg
キーンというジェット機のようなフェラーリサウンドとキャブ独特の吸気音、シングルパイプの甲高いエキゾストノートでみたされたコックピットに座っていると、私でさえこのままどこまでも走り続けたい衝動にかられる。
試乗を終えた後、予想以上にポテンシャルの高いgt4に驚かれたにちがいない。
a0129711_16163134.jpg
イタリアのマントバから来たこの素晴らしいgt4が歴史ある京都の街を走ることを想像しただけでわくわくする。
日本で一番クラシックフェラーリの似合う街でこれから多くの方を魅了するにちがない。
a0129711_1637577.jpg
私が4年前でスコットランドでオーナーの横に乗せてもらいカウンターをあてながらコーナーをクリアしていった感動を少しでも多くの方にお伝えしていければと思う。
時代を超えた美しさと電子制御の多様されたモダンフェラーリでは味わえない、真のドライビングプレジャー、を与えてくれるgt4は珠玉の1台だ。

Mさんこの度はありがとうございます。
ご自分でステアリングを握り、アクセルを踏んだ感覚は格別です。
乗れば、乗るほど好きになりますよ。
自分だけの1台を持つ喜びは最高です。
今からインプレッションをお聞きするが楽しみです。

  by cavallino-cars | 2014-05-26 16:37 | Comments(1)

Commented at 2014-05-26 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< McLaren650S Lotus Esprit 30... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE