ヘッドライトが点かない??

a0129711_21141910.jpg
フィレンツェから譲り受けたgt4の日本でのオーナーからライトが点かなくなり、フォグライトだけで運転していたが、とうとうフォグもきれてしまったとの連絡があった。
オーナーは他にミウラや308のファイバーグラスを所有するクラシックカーの愛好家。
すぐにフューズボードをみて基盤が割れているので手配して欲しいとのこと。
何台もの古い車を所有しているからこそ、このような的確な情報をつたえてくれる。
クラシックを乗るということは、最低限のメカニカルな知識も必要なのです。

a0129711_21145241.jpg
こちらはクラックが入り、割れてしまったフューズボード。30年間ご苦労さまでした。
英国から新しいものを取り寄せ交換したらヘッドライトもフォグも無事に点灯。

a0129711_21155238.jpg
今回フロントウインドウ回りのシーリングが劣化し、水漏れの可能性があるのでオーナーに相談したところ作業をすすめて下さいとのこと。
上の写真と下のものは新しくシーリングを行った後の状態。
a0129711_21162262.jpg
一度シーリングを削りだして、再シーリングを施す。
新しくなったラバーシールは水の浸入を完全に防いでくれる。
a0129711_21171317.jpg
こちらはイタリアで購入した時のもの。
シーリングがすでに細くなり硬化しているのがわかります。
30年以上も前のシーリングが劣化するのは当然。
古い車を長く乗るにはこういう細かいメンテナンスは必要不可欠。
クラシックを所有するにはそれなりの愛情も必要なのです。

古くともよいものを大切にする気持ちさえあればこのgt4もこれから何十年も美しいままで、ドライバーを魅了し続けるにちがいない。

  by cavallino-cars | 2014-04-17 01:07 | Comments(0)

<< gt4 を求めてitalia へ welcome back!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE