Good news from Italy

a0129711_2392931.jpg
今日の午後、年末に見に行ったイタリアのgt4のオーナーから正式にお譲りいただけるという連絡がきた。イタリアにいくたびに308gt4は見ているが、本当に欲しくなるような固体に出会うことは非常に少なくなってきた。
a0129711_2320396.jpg
自分でも乗りたいと思えた308gt4は半年ぶり。29日にお会いして待つこと16日間。
縁がなく譲っていただけないのではと諦めかけていた。
これほど嬉しいことはない。
a0129711_23213733.jpg
明日には決済をすませ、英国のパートナーに連絡し、車の引き取りを依頼する予定だ。

国内で輸入代行を行う会社もあるが、クラシックは自分の目で確認しないととても購入する気にはなれない。
シートも写真ではオリジナルに見えても違う生地や革で張り替えられていたり、塗装の状態や、エンジンのレスポンスなどは実際に現地に行って見なければ分からないことが多い。現地スタッフが見に行くといっても308の知識が豊富な方とは限らないし、その人がどれだけ正確な情報を伝えてくれるかも不明だ。
素人目に綺麗に見えても私が見てだめな車は今まで何台もある。
去年も、完璧なコンディションと言われ赤のgt4を見てきたが、助手席のシートはモケット部分とレザーのつなぎ目が切れていた。ウインカーレバーが黒いものやレバーの付け根のプラスティックの部分にクラックが入っているもの、ルームライトが異なるものなど実際に見てみなければわからない。

何台ものgt4を見てきたからこそ、写真だけではわからないことがたくさんあることがわかるのです。
a0129711_23372458.jpg
今でも私の手にはメラータのワインディングを走ったステアリングの感覚が残っている。
a0129711_23355028.jpg
久しぶりにコンディションのいい308gt4を譲っていただけたことがこの上なく嬉しい。
Grazie Stefano!!

  by cavallino-cars | 2014-01-14 23:18 | Comments(0)

<< Fiat Dino spide... Genovaから来たセニョリーナ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE