GTBturbo in Vicentino

今回ブダペストからミラノまで初めてハンガリーの航空会社Wizz air を利用した。
BAを使うと一度ロンドンヒースローまで戻り、ミラノまで行くことになり、時間が無駄になる。
何と言っても9000円という破格の料金も魅力!!

荷物を預けるのに€10かかったが、それでも安い。機内での飲み物は有料。座席も指定できないのでバスにのるような感覚。午前6時5分発の2333便にのり、ミラノには7時45分に到着した。

a0129711_17303642.jpg
いつもはリナーテだが、今回は早朝便がマルペンツア着のものしかなかった。
マルペンツアはリナーテより規模が大きいのと何といってもミラノ市内の近くを通るのでリナーテより市外にでるのにかなり渋滞する。
a0129711_17311914.jpg
予想どうり、ミラノをでるまで1時間以上もかかってしまった。イタリアもすっかり冬景色で高速の両サイドには雪が残る。でも外気は5度前後。ハンガリーの凍てつく寒さに比べれば春のように感じてしまう。


GTBturbo のある目的地はVicentino といってミラノから東に車で2時間ばかり走ったところ。
到着したのは3時間後の午前11時をすぎていた。

a0129711_17293573.jpg
オーナーに迎えにきてもらい、さっそく車をみせてもらう。
外装は赤、内装はクリームのGTBturbo が倉庫のはじに停められている。

a0129711_17333265.jpg
近くまで行き、ドアを開けた時に買う気が失せてしまった。
写真ではきれいに見えた内装があまりに汚かったからだ。
きれいに見えるが実際は細かい皺に黒い汚れが入った皺が無数にある。これだから写真だけで購入することは出来ないのだ。
a0129711_17335753.jpg
ヒーターの液晶も本来点灯するはずのものがご覧のようにつかない。

a0129711_17343816.jpg
フロントのボンネットを開けようとしたらレバーの枠がガタガタでとれそうになった。

ローマの従姉妹に電話をし、ヒーターインジゲーターは新品パーツがないため、今回は残念ですが、購入を見合わせたいと話してもらった。

片道3時間もかけて5分で終了。こういったこともあります。
今回はハンガリーから素晴らしいgt4を持ち帰ることが出来たので気分もそれほど落ちません。

13年前に亡くなった従姉妹の父からいただいたマフラーを私よりイタリア人のご主人にもらっていただくのが相応しいと考え、一路従姉妹の待つローマへ向かう。
a0129711_17494696.jpg
途中マラネロによったためローマ着は午後の8時半。

私から?のプレゼントを大変よろこんでいただいた。

ローマの自宅でキャンドルの明かりの中でいただいた手作りパスタとオーソブッコの味は2012年のクリスマスの忘れられない思い出だ。

  by cavallino-cars | 2012-12-13 17:53 | Comments(0)

<< 2013 Happy New ... My first visit ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE