9月29日 土曜日 

9月29日は若い24歳の新たなフェラーリオーナーの記念すべき日となったに違いない。
初めてフェラーリ308gt4との出会いは地方のフェラーリミュジアムだったとのこと。
その美しさに心を奪われ、ネットで検索しているうちに弊社にたどりついた。

1年前に初めて来店され、私のgt4の助手席に乗り、gt4を体験した。その日から半年後、イタリアのマントバで譲り受けた208gt4のblog の記事を見て、まだ車を見ぬまま、契約いただいた。

これを逃したら一生同じ車とは出会えない気がしました。これが彼の言葉。まさにそのとうりでクラシックカーとの出会いは一期一会で同じものは1台とない。

お昼に来店され、操作系のインストラクションを説明し、納車させていただいた。
a0129711_198936.jpg
マントバのガレージで初めて見た時の光景を思いだす。
a0129711_1984948.jpg
エンジンがセキュリティが働き、かからず、Reggio Emilia のフェラーリディーラーに回送し、翌日試乗して契約したこと。イタリア の素晴らしい道での試乗。出来ることなら自分のガレージにおいておきたかったほどの車だ。

a0129711_1993843.jpg
新しいオーナーから今日、インプレッションをつづったメールが届いたのでご紹介したい。

アクセルレスポンスの素早さ、キャブの加速感、ターンインでアクセルを軽くもどした時のノーズが中に入る感じが最高です。

背中から聞こえてくるキーンというエンジン音やステアリングにダイレクトに伝わる路面状況、明るすぎない照明にライトアップされたメーターのかっこよさ、ずっとあの空間に座っていたいほど素晴らしい。

すべてがよすぎて何を書いていいかわかりません。

a0129711_19115054.jpg
過去のイタリア人のオーナーの思い入れがたくさん詰まったこのgt4は日本の新たなオーナーにも、早くも言葉にならないほどの喜びをあたえている。クラシックフェラーリのある生活は実に素晴らしい。

  by cavallino-cars | 2012-09-30 19:14 | Comments(1)

Commented at 2012-10-05 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< GTB turbo オリジナル... 208gt4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE