急遽ヨーロッパに!!

久しぶりにgood condition の308gt4が売りにだされたので今週の火曜日にヨーロッパに出張することになった。

目的のgt4はベルギーのブリュッセル空港から30分くらいの小さな街にある。
たった一台のためだけに行くのはもったいないので以前からイタリヤからオファーがあった208gt4と308GTB も見てくることにした。

今回もお世話になったのはBritish Air ways。午前11時50分成田発。午前6時発の羽田発に比べてかなり楽です。10日の火曜日はヒースローに到着後まずミラノ、リナーテ空港に向かう。

一時間ほど出発が遅れ、空港のレンタカーカウンターに着いたのは午後の10時。

a0129711_1961187.jpg
翌朝7時には朝食をすませ、最初の目的地Lecco に78年のシルバーの208gt4を見に向かう。
Lecco まではミラノから車で約1時間。

33000kmと少ない走行距離に期待してきましたが、車のまわりを一回りして終了。
ペイントはオリジナルですが表面のクリヤ塗装がはがれ、細かい傷のようなクラックが無数にボディにある。
しかも左右フェンダーはぶつけた跡があり、左リヤクオーターにはタッチペイントした傷の上にステッカーが張られている状態。全塗装の費用を考えたらとんでもない価格になってしまう。
あまりの落胆にこちらの写真は一枚も撮らずじまい。早くその場から立ち去りたい気持ちだった。


気を取り直して200kmほど南のReggio Emilia の308GTB を見に行く。
Reggio Emilia は前回すばらしい208gt4と出合った場所だ。
a0129711_18303036.jpg

残念ながらこちらもひどいもの。
a0129711_18322244.jpg
右のウインドウのウェザーストリップは破れ、
a0129711_1833774.jpg
エンジンルームはほとんど手がいれられていないのがわかる。Lecco のgt4を見たおかげで免疫がついたのか何枚か写真を撮る気持ちの余裕ができた。
a0129711_1835496.jpg
a0129711_19101168.jpg


これにて今回のイタリヤで見る308は終了。15分ほどなのでモデナまで足をのばしてみた。
a0129711_1839468.jpg
マラネロにあるフェラーリは今や昔の正門が裏門のようで白いビニールの貼られた458やFFなどのテストドライブは反対側の門からでていく。お昼時だったせいかフィオラノでも期待していたF12テスト風景もみられず、ミラノに戻ることに。

まぁこんな日もある。

  by cavallino-cars | 2012-07-14 18:47 | Comments(0)

<< 高速サービスエリアでの給油 308GTB from Cas... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE