Dino 208gt4

a0129711_147045.jpg
今回のイタリヤ出張のもう一つの目的はこの208gt4だ。
5月23日にミラノから車で1時間半ほどのベルガモに向かう。ガレージの中に入っていたその車は驚くほどのコンディションだった。
a0129711_1474375.jpg
特筆すべきはそのスエードのインテリヤだ。製造から37年も経過した車はほとんどが色があせ、左右のパイピングなどは切れているものがおおいのだが、この車にはそれが見られない。

外の光の下でみたいので車両を押して外にだした。
a0129711_1493846.jpg
エンジンをかけてみたが、20秒ほどで止まってしまう。
メカニックが10分ほどで来てくれて、フュエルポンプが動いていないという。
そのままReggio Emillia のフェラーリディラーに運ぶことになった。オーナーは翌日、あいにくスイスに日帰りで行かねばならないので、治ったら連絡をくれるということになった。

それにしてもこの綺麗さはなんだろう。とてもマラネロをでてから37年も経過しているとは思えないほどだ。
a0129711_14144283.jpg
208はインパネが黒いものがつくが、まさに新車と間違うばかりの美しさなのだ。

a0129711_14152026.jpg
驚くのはそればかりではない。ホィールセンターにつくキャップはDino のもの。もう入手できないためほとんどのものが跳ね馬のものに変えられている。だが、この車にはオリジナルのものがついている。そればかりがそのすべてがくもりもない実に綺麗な状態なのだ。

a0129711_1423183.jpg
フロントウインドウには新車時に貼られていたタイヤ空気圧を示すステッカーもつく。

a0129711_1424451.jpg
リヤマフラーの網の遮熱板もたいていのものは腐っているのだが、きわめて状態がいい。

a0129711_1425246.jpg
黒いフロントスポイラーは当時のメーカーオプション。
a0129711_14355542.jpg
ウインドウ回りのメッキモールもドアの修理などでいくらかは傷がついているものだが、それもない状態。布製のウエザーストリップも純正のものがつき、ほつれさえもない信じられないコンディションなのだ。

試乗ができればすぐにでも契約したいところだが、あまりにも遅く、運転してつまらない車ならば購入するつもりはない。フェラーリは走って楽しい車でないと意味がない。北米仕様や日本仕様を販売しない理由はまさにそこにある。そのポリシーは変えるつもりはまったくない。
明日修理が終わって乗った結果次第ということでミラノまでアウトストラーダにのった。

  by cavallino-cars | 2012-05-28 14:38 | Comments(0)

<< Dino 308gt4 in ... エンジントラブル >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE