エンジントラブル

今回もレンタカーはHertz でお願いした。
a0129711_18532126.jpg
車はLancia delta。 もちろんディーゼル。2日目のボローニャからの帰り道、A1という高速道路を130kmで走行中左リヤからプシューという音がした。

パンクかなと思いすぐに路肩に停めてみたがタイヤは正常。
但しアクセルペダルを踏んでもエンジンの回転が上がらない。時刻は午後の6時半。
すぐにHertz のエマージェンシーサービスEnglish speaking に連絡して状況を説明。場所は高速の中央分離帯に書いてある数字を伝えた。
a0129711_18561680.jpg
白の看板に書かれたものと
a0129711_18574295.jpg
茶色の看板に書かれた2つがある。目の前にはマロネ(茶色)の看板に186とかかれている。ミラノから190kmほどの地点だ。

20分ほどでキャリアカーが迎えにいきますとのこと。一応心配なのでローマの従姉妹にも連絡してもらったら問題ないという。待つこと2時間。まだ来ない。周囲はだんだん暗くなる。

結局トラックが来たのは9時を回っていた。20分でくるはずがなんと3時間です。
最初の1時間ほどはいらいらしていましたが、2時間を超えるあたりからは来てくれるだけでありがたく思えるようになりました。

ロードサービスのないレンタカーを借りて誰も知らない高速道路の上で路頭にまようよりましです。
トラックが来た時にはGrazie Grazie と運転手に抱きつかんばかりの勢い。それほど不安でした。携帯の車から取る充電器も持っていなかったので電話のバッテリーがきれたらどうにもならないという焦りと万一暴漢に襲われても誰も助けてくれない場所だっただけにトラックの赤色灯が見えた時は感激しました。

その後レッカー車の助手席に乗り、壊れたランチアを人気のない駐車場に下ろし、タクシーを呼んでもらってボローニャ空港のHertz へ。着いたのは午後の11時。
空港ではなんと乗っていた同じLancia Delta とAlfa Julietta があるがどっちがいいかと聞いてきた。、当然Lancia は当分みたくないので迷わずAlfaに。

ユーモアなのか本気なのかは不明。かなりBlack なジョークでした。ミラノのホテルにチェックインできたのは午前1時半。

a0129711_18585275.jpg
観光で来るのと暮らすのとでは大きな違いがある。10年以上もこの国で暮らしてきた従姉妹はイタリア人のように明るい。優しいご主人がいるとはいえ、数え切れないほどの苦労をしてきたに違いない。
そんな苦労を一言もいわない彼女は本当に素敵な人です。そしてイタリヤを心から愛しているのがわかります。
今回も何度も心配してくれてHertzに連絡してくれました。
あとどれくらいで着くかとかを連絡してくれてどれだけ救われたかわかりません。
Grazie mille!!

レッカーを待っている間そんなことを考えていました。

a0129711_18592747.jpg
帰国間際にイタリヤを嫌いにならないでねと何度も言われたことが印象的でした。

a0129711_12394744.jpg
こんなことがあっても私はイタリヤが大好きです。
a0129711_12401852.jpg
緑の多い、気候のよい国、美術館の中でくらしているような美しい建物や遺跡の数々。
そして美味しい食事と陽気な人々。

世間でイメージされているようなチャラチャラしたイタリヤ人は少なくとも私のまわりにはいない。
フェラーリを譲っていただく方がたはそのご子息もふくめ、非常にまじめな方ばかりです。
そしてみな家族想いの人たちばかり。

世界一美しい国に住む彼らを羨ましく思うことはあっても決して嫌いになることはないでしょう。


この国で生まれたフェラーリからは乗るたびに美しいものをこよなく愛するイタリア人のスピリットを感じます。


a0129711_19191249.jpg
大変な思いをしましたが、本当にいい経験をしました。

機械は壊れるもの。車を販売しているのに基本的なことを忘れていました。
20分でくるはずが、3時間ほど待たされましたが、それに怒るより、来てくれたことに感謝するべきだと感じます。
次回もHertz にお願いするつもりです。

a0129711_19203916.jpg
次回からは必ず携帯電話、シガーライターからの充電器を持参すること。自分の車の位置は常に確認しながら走行することにします。

ちなみに壊れたLancia の走行距離はわずか4450km。新車のような車でした。

  by cavallino-cars | 2012-05-26 19:20 | Comments(4)

Commented by J-Watanabe at 2012-06-01 08:49 x
私も何万キロかはレンタカーでヨーロッパを走っていますが、レッカー移動されたことはありますが、壊れてレスキューを呼んだ経験はまだ無いです。携帯充電器必要ですね。他人事ではなく感じました。デルタディーゼルも普段の足の候補に上がっていますが、どんなフィールのクルマなのでしょうか、気になります。
Commented by cavallino-cars at 2012-06-01 10:30
powerもあって内装はいかにもイタリヤ車という感じでいい車ですが、普段の足として使うなら私でしたらVOLVOのディーゼルワゴンをチョイスします。ハンドルは少し太めですが、ランチアより速く、足も硬いので高速向き。ちなみに今回2台目に借りたジュリエッタもディーゼルでしたが、印象はVOLVOのワゴンの方がよかったですね。あくまで個人的印象です。
Commented by J-Watanabe at 2012-06-04 07:42 x
欧州車ディーゼルワゴンMTが欲しいのですが、全く輸入されてなくて、、、快適なんですがね。
Commented by cavallino-cars at 2012-06-05 00:05
ヨーロッパでレンタカーを借りるとほとんどがディーゼルで驚きますね。しかも乗るとどれも速い。日本になぜ正規輸入されないかが不思議です。燃費もいいし、速く、おまけに環境にもやさしいのになぜか販売されていません。並行輸入だと排気ガス規制クリアのテスト代が高い。同車種を何台か輸入すれば少しは安くなります。何か一緒に輸入しますか?

<< Dino 208gt4 Driving GTB tur... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE