フランスから来たGTB

昨年フランスはアルザス地方のドイツ国境よりの街から譲り受けた77年の308GTB が入国後、
わずか1週間で日本での新しいオーナーと巡り会えた。

a0129711_18111789.jpg
マラネロからスイスへ、そしてフランスで二人のオーナーに愛されたこのGTB の新たな日本での生活が始まろうとしている。

来週の初めには予備検もとれ、外装と内装の補修作業を始める。
日本でのレストアはおそらく世界で一番素晴らしいものだろう。
オーナーの希望で内装も新車のような美しさを取り戻すことになる。

a0129711_18121216.jpg
作業は来月中には終わり、3月中には公道を正式に走れるようになるはずだ。
ヨーロッパにあった素晴らしいコンディションの308を国内に持ってこれただけでも嬉しいが、新しいオーナーがさらに新車の美しさを取り戻して乗っていただけることが何より嬉しい。

この308は極東の島国に来てマラネロのゲートを初めてくぐった35年前の姿に戻ろうとしている。
美しく生まれ変わったら、写真をフランス人の前オーナーに送ってみよう。

  by cavallino-cars | 2012-02-14 18:16 | Comments(0)

<< モナコブルーのGTB アルザスからのGTB >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE