Fioravanti 氏の308

Fioravanti 氏の308_a0129711_15553971.jpg
8月29日にエンジン調整とフロントのブレーキの引きずりの修理のため入庫したFioravanti 氏から譲り受けた308が10月の初旬に完成して引き上げた。ポイントも新しいものに交換し、プラグも交換。エンジンは気持ちよく回る。
入庫時にはフロントのブレーキが引きずりぎみだったのでキャリパーのオーバーホールとローターも前後とも研磨してもらった。

しかし他の308と比べるとブレーキの初期のタッチがペダルが中にすっと入る感じで気持ち悪い。
さらにフルブレーキングをするとハンドルが若干右にとられる。
そのため再びコーンズへ入庫させることになった。
特別な車なのでコーンズのメカもそこまでおもいっきりブレーキは踏まなかったのだろう。
しかし200kmからのフルブレーキングもありえるわけで不安を残したままではどうも怖い。

メカの話によるとハンドルが右にとられるのはブレーキラインが左右にクロスしており、
ローターを研磨したためブレーキのあたりがついていなかったことが原因。
再度エア抜きをし、何度がテストしているうちに治ったとのことだった。

しかしながらブレーキペダルのシュッと奥に入るのは改善されない。
おそらくブレーキマスターではないかという結論に至り、本国よりパーツを取り寄せ現在交換中。

エンジン調整を終えたこの308は本来の速さを取り戻し、小気味よく走る。
ブレーキさえ心配なければ首都高にのり、フルスケールでエンジンを回したいところだったが
それはどうやら来週になりそうだ。

  by cavallino-cars | 2011-10-20 16:05 | Comments(2)

Commented by quatrro_B at 2011-10-20 22:01 x
はじめまして! いつも楽しく拝見しております。
今月30日、横須賀市ソレイユの丘にて「308MEETING 6th 2011」を開催します♪ ご都合よろしければ是非お越しください(^O^)/
Commented by cavallino-cars at 2011-10-21 16:48
ありがとうございます。

ミーティングの件はブログなどの告知で気になっておりました。
是非参加させていただき、一人の愛好家としてお話できればと思っていました。
残念ながら当日は予定が入っておりましてお伺いすることができそうもありません。

いつかお会いして308の魅力について語り合えたら
楽しいでしょうね。

お誘い本当にありがとうございます。
当日が快晴であることとイベントの成功を祈ります。

<< エアフィルターナット hard to find th... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE