Cost Downとボディデザインの関係

458や599、California はその性能面では実に素晴らしい進化をとげ、スポーツカーとして完成されている。しかしなぜかクラシックフェラーリと比べえると魅力に欠けるのはなぜだろう。

製産台数を増やすためのメーカーとしてのコストダウンによる
デザインの変化が原因しているのは間違いない。

ぱっとみでは308より355や430、458がよく見えてしまう人は多い。
しかしコストダウンという視点から車を見ていくと、なぜデザインが変化したかがよくわかる。

a0129711_17204993.jpg
308のファイバーグラスがスチールに変えられた理由は英国とアメリカからエンジンフードの左をあわせると右に1cmばかりとびだして調整ができないという販売店からのクレームからだとフィオラバンティ氏は言っていた。
ファイバーはどうしても品質の管理が難しく、スチール製にするとボディとのちりあわせが簡単に行えるため変更されたのだ。
a0129711_17211758.jpg
さらにバンパー埋め込みのバックライトはなくなり、テールレンズに組み込まれるようになる。
a0129711_1731457.jpg

355になると丸いテールライトの根元の黒いふちはなくなり、左右の4つのライトは同じ形状のものがつけられるようになる。しかもバックパネルはフェンダーと繋がっていないはめ込み式に変更された。誰が見ても308との生産コストの差は歴然だ。
a0129711_18392820.jpg


a0129711_1841529.jpg
308のフロントフード下のスペアタイヤスペースも以前はファスナー付のカバーがついていたが、後期のものにはそれが廃止された。ちちなみに初期モデルのカバーの中はアルミパネルでビニールレザーできれいに覆われている。
a0129711_1844154.jpg


a0129711_17295532.jpg
328になってモダンなフェースに変わったがフロントスカートとバンパーは一体化され一つのパーツとなった。
横から見るとフロントボンネットのラインよりバンパー下のスカートのラインが飛び出し、あごが飛び出したような顔になった。

a0129711_17223733.jpg
355になるとそのコストダウンはよりわかりやすくなる。
フロントセクションは左右のフェンダーとボンネット、センターのバーとF.バンパーの4つに分けられる。
一体ものよりもコストはかなり削減できるはずだ。
フェラーリ伝統のフロントグリルはアルミ製からプラスティック製に変更された。
(これは348からでダミーのグリルになった。)

a0129711_17231744.jpg
しかも308のフェンダーと比べるとあきらかにその抑揚はなくなっているのがわかる。
フロントボンネットは308のフェンダー上部のラインから比べるとより平坦になる。

a0129711_17241821.jpg
a0129711_17245173.jpg
リヤのエンジンフードの熱抜きの形をみるとメーカーのコストダウンはより明らかにわかる。
まず328までのリヤゲートがリヤクォーターピラーごと開くタイプから348以降はエンジンフードのみが開くタイプに変更されている。これだけでもかなりのコストが削減できる。

さらにルーバーが廃止され、ネットだけになったことも単にデザインの変更ということでなく、ピニンファリーナにはメーカーから製造コストの削減という命題が課せられたにちがいない。
a0129711_1727828.jpg
308のリヤウインドウはシート側に湾曲しているが355のそれはほば直線になっている。
a0129711_17273350.jpg


かつての美しいリヤビューと比べると355でさえもっさりと見えてしまうのはやむをえない。
308のリヤは直線的ラインと曲線のラインが実に美しいが、ボディのオートメーション化が始まった
348以降のモデルと比べると明らかにそれらの方が見劣りしてしまう。
246や308には熟練した職人にしか出来ない美術品のような美しさがある。
誤解をされないように、あえて申し上げるが、348や355、そして458などの現代のモダンフェラーリはどれも運転していて楽しいし、エキサイティングだ。

ただ、デザイナーの本来作りたい車が生産コストの問題や法律の規制で出来なくなってしまったことが残念だということです。

よりレーシングカーに近く、すべてのパーツを交換しやすく、軽く、そぎ落としたという見方もあるが、
年々Ferrari 独自のアイデンティティーは薄れつつあるように思える。
かつてのフェラーリは他の車とは一線をきした特別に美しく、速い車であった。

246や308が何時間でも見ていても飽きないのはコスト今ほど考えずに生産できたよき時代の車だからだろう。
a0129711_17363499.jpg
308のフロントの開口部の真横からみた斜めに切ったようなラインやリヤバンパー上まで斜めにカットされそこから斜め後方に切り落としたようなラインは何時間見ていても飽きない。正面からみると、フロントフード側に内側にかすかに下がったライン、盛り上がったフロントフェンダーなど、手作りの車だけがもつ美しさに溢れている。

同様にgt4のメッキフレームとのコントラストも実に美しい。
a0129711_18334988.jpg
a0129711_18254851.jpg
gt4のテールライトは246DinoやDaytonaに使用されているものを組み込んである。
もともと308GTB のリヤバンパー埋め込みのリバースライトはベルトーネ作のgt4が最初なのだ。

決して今のフェラーリでは味わえない美しさが70年代のフェラーリにはある。

  by cavallino-cars | 2011-10-10 18:06 | Comments(2)

Commented by tombo at 2011-10-11 08:57 x
初めまして、
旧き良き時代のFerrariを愛する1人として、いつも更新を楽しみにしています。
Commented by cavallino-cars at 2011-10-11 14:43
コメントありがとうございます。
20年以上、いろいろなフェラーリを乗った感想を思いつくままに書いておりますのでとり止めのないブログになっております。
何かひとつでも共感いただけるものがございましたら
またコメント下さい。

<< 308GTB from Anc... こうも違うものか?? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE