今まで308 は購入リストにはなかった?!

a0129711_11182149.jpg
今までなんでこの車の素晴らしさに気が付かなかったのだろうと思える車がある。
それがFerrari 308 のキャブレターモデルだ。

昨日、黒のGTB を見にお客様が来店された。

以前は355のF1 をお乗りだったが、360以降のFerrari には興味が持てず、欲しい車がないという。
今までの308のイメージは、デザインは好きだが、壊れる、ぼろい、遅い、安いというイメージしかなく、購入希望リストにのったことはなかったそうだ。
しかし、キャブレターの車への興味を捨てきれず、来店されたとのこと。
そのコンパクトなサイズ、スイッチ類の繊細さや、美しさに魅了されずにはいられない。
キャブレターならではの剃刀のようなシャープな加速は328や348でさえ、凌ぐ。

数年前までスコットランドで試乗するまでは私も308への興味はなかった。

国内にあるほとんどの308 はパワーダウンした北米仕様やインジェクションモデルで低価格だが、荒れたものが多い。それらを乗ってしまうと308への興味は失せるのも理解できる。

スコットランドでヨーロッパ仕様の308に乗ってその悪いイメージは見事にふっとぶ。
エレガントな内外装、トルクのあるエンジン、コントロールしやすいバランスの良さ、優れたハンドリングなど、それにあのFerrari sound が加わるのだからたまらない。
さらにエアコンまで装備される。
自分の求めていたものがすべてそこにあった。

a0129711_11204841.jpg
今回輸入した308は2台とも1オーナー。
弊社の輸入した308はほとんどが1人のオーナーが10年以上所有してきたものばかりだ。
それほど魅力に溢れた車なのだ。

a0129711_2059213.jpg
今まで何台もの308を販売してきたが、一人とし手放した方はいない。
皆様308のある生活を楽しまれている。
一生持ち続けたくなるような1台。
モダンカーのセダンとクラシックな308の佇むガレージはエレガントだ。
チャレンジが並ぶガレージとは一線をきす。

見ているだけでも美しいネオクラシックな308シリーズは運転すれば
その魅力はさらに増す。
車好きには珠玉の1 台なのです。

  by cavallino-cars | 2011-05-24 11:37 | Comments(0)

<< 新旧2台 italy に眠るEnzo の遺産 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE