CORNESは古い車はみれない?

a0129711_18334564.jpg
よくお客さんや自動車業者からFERRARIの正規ディーラー、コーンズは新しい車はみれても
古い車は整備できないのではないですか?と聞かれる。

答えはYES, They can!
最近は308や246Dinoをメインにお願いしているが まったく問題ないばかりか、
キャブのセッティングも完璧に行なってくれます。

a0129711_18343863.jpg
定期点検時には危なくなったホースや交換時期にきているパーツも的確に指摘してくれる。
上の写真のブレーキホースは英国で交換されており、硬化してなく、
触ってもゴム本来の柔らかさがあるので問題なし。
あらかじめ決めれた場所を彼らはすべてチェックしてくれる。

どこかの外車メーカーのメカニックのように何でもかんでも交換するのではなく、
場合によっては壊れたパーツを加工して再使用もしてくれるそのメカニックの
仕事ぶりは熟練工と呼ぶにふさわしい。

先日308で右のウインカーは正常に作動するが、
左にウインカーをだすとリレーからジーと音がでて、
少し時間をおいて動くというトラブルがあった。

メカニックに相談したところハザードが問題なく動くならウインカーの接点の問題と即答。
ハンドル回りのウインカースイッチに接点復活剤をスプレーしてもらっただけで
完治した。

彼らも仕事とはいえFerrari が好きで働いている。
今回もファイバーグラスの納車整備をお願いしている。

a0129711_18353981.jpg
a0129711_18361190.jpg
この車は水回りのホースがかなりくたびれているため交換が必要とのこと。
実際に見せてもらうとウォーターポンプの上の細いホースのクランプの
まわりに緑色のクーラントがもれて乾燥した跡が確認できる。

日本にパーツがないものもあるため整備に時間がかかるのは古い車なら仕方ない。

CORNESはFerrari オーナーには本当にたよりになる存在です。

古い車両のオーナーも1度は近くのコーンズサービスセンターへ
入庫させることをおすすめします。

  by cavallino-cars | 2010-12-21 18:45 | Comments(0)

<< 玉石混淆 308の納車前整備 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE