Lamborghini Jalpa

a0129711_20271753.jpg
愛宕のシュワラスタープラチナウォッシュでクリーニングを済ませて
本日アライメントをとりに工場に Jalpa を運転していった。

a0129711_2027547.jpg
328より一回り大きいサイズのJalpa のクラッチはカウンタックから想像もつかないほど
軽い。トルクは太く、アイドルスタートさえできるほど。

ひとたびハンドルを握ると狭い道を通る時以外はその大きさを忘れてしまうほど
取り回しはしやすい。

エンジンはCountach のように劇的なもりあがりはないが、3500回転を超えるあたりから
力強く加速する。

a0129711_20282019.jpg
取り外したルーフはシートの後ろにたて掛けてフックで止めるタイプ。
308 や 328 のように置くだけのタイプとは異なる。
Ferrari はシートとバックパネルとの隙間が狭く、シートの背もたれで収納した
ルーフを押さえるのに対し、Jalpa はシートとバックパネルとの間に30cmほどのスペースが
あるためフックをつけないとルーフが暴れてしまうからだ。
このスペースがあるのとないのとでは大違いで脱いだジャケットや
バッグなどを置くスペースがあるのは非常に魅力的だ。

a0129711_20284634.jpg
リヤのトランクもその容量は十分でゴルフバッグも余裕でつめるほど。
エンジンフードをその都度開けて、トランクにアクセスする308より使い勝手は
格段によい。

a0129711_20421256.jpg
天気のよい秋空の下、ルーフを開けてのV8エンジンをフルスケールで
回しながらのクルージングはフェラーリとは違った楽しさがある。
ベルトーネの直線的なラインが美しい1台。

  by cavallino-cars | 2010-10-25 20:37 | Comments(0)

<< Jalpa on 首都高 modena or 308? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE