本当にあった怖い話

本当にあった怖い話_a0129711_14153396.jpg
20年ほど前は考えられなかったが今やテレビで自動車保険の宣伝合戦がすごい。
そのほとんどが外資系または新しい保険会社だ。

各社ともその保険料の安さをうたっている。
本当に安くてよいものが提供されるのならこれほどうれしいことはないが、
事故にあってみなければわからないのが実情。

本当にあった怖い話_a0129711_14145690.jpg
驚いたのは某有名女優が宣伝するOOジャパン。
夜中の2時に運転中、右車線のトラックの荷台下のバーと右側面を接触。
トラックは大型だったためそのまま気ずかず走行。
追いかけようとしたが、まず傷を見たくて停止し、確認。
フロントフェンダーからリヤフェンダーまでこすり傷を確認。
運転者の過失だったため、そのまま帰宅。
翌日、警察に届けをだし、保険会社に連絡。

保険会社は翌朝警察に届けたのは不自然と判断。
飲酒の可能性があるとして支払い拒否。
支払い拒否の理由を書面で出してくださいとお願いしたら、
弁護士がでてくる始末。
結局お客さんは修理代をすべて自己負担してました。
もちろんそれからは保険会社を変えてます。

東京海上、三井住友、AIU、あいおい損保などの
大手保険会社は安心ですが、
安さを売りにしている保険に入る場合は
万一場合の対応をしっかり確認されてから
加入されることをおすすめいたします。


ちなみに弊社は三井住友と東京海上を扱っていますが、
トラブルはなし。

  by cavallino-cars | 2010-07-24 14:09 | Comments(0)

<< 理想の1台 Beautiful Sunda... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE