carello 46cm のワイパー

イタリアのべネト州から今週初めにカレロのクラシックワイパーの新品が2種類届きました。
carello 46cm のワイパー_a0129711_16285447.jpg
新品といっても40年ほど前のもので、未開封のワイパーです。
ほとんどの品物はラバー部分が硬化してしまっているのですが、今回入手したのもはそのまま使用できるほど弾力性も残っていました。
シルバーのものはgt4用、黒いものは308GTB、GTS 用のものです。
残念ながらすでに2セットともご予約済みですが、また見つかり次第入手予定です。


  # by cavallino-cars | 2021-09-17 16:29 | Comments(0)

89y Ferrari 328GTB

89y Ferrari 328GTB_a0129711_10225761.jpg
走行わずか3600㎞の328GTBのご紹介です。
89y Ferrari 328GTB_a0129711_10531112.jpg
ヨーロッパ仕様でしかもクラシケ付き。
上の写真は最後の5桁は加工して消してありますがクラシケには記載されています。

89y Ferrari 328GTB_a0129711_10231962.jpg
イエローに黒のレザーというのも魅力的です。
89y Ferrari 328GTB_a0129711_10234021.jpg
32年前に製造された328で、まだこんな新車のような固体があるのが驚きです。


  # by cavallino-cars | 2021-09-09 10:26 | Comments(0)

QV ha Venduto oggi

QV ha Venduto oggi_a0129711_11140657.jpg
今日シルバーのQVのブログをご覧になったお客さまがご来店されました。
QV ha Venduto oggi_a0129711_19061675.jpg
2時間ほどゆっくりクルマを確認され、注文書にサインをいただきました。
赤のQVではなくシルバーをお探しで、
さらにご希望の16インチのクロモドラのホィールがついていたのも良かったとのこと。
今回は港からそのままショールームに運び、何も手を加えない状態でしたが、それでもピニンファリーナの美しいラインは際立っており、内装も申し分のないコンディションだったからです。
QV ha Venduto oggi_a0129711_11144743.jpg
来週から早速タイミングベルトの交換を含む整備に入ります。
整備を終えタイヤを新しいものに交換後は、リヤのイタリアでのナンバープレートの穴埋めなどの板金作業に移ります。
最後に磨きをかけ、コーティングを済ませれば1984年にマラネロを出た時の美しさを取り戻すことでしょう。

308GTBのQVは1982年から85年まで作られ、その生産台数はわずか748台。半数はアメリカに輸出されたと思われます。
ヨーロッパ仕様のシルバーでオプションの16インチのホィールのつくものは50台にもみたないはずです。

イタリアで一人のオーナーの元で大切にされたこの1台を日本の新しいオーナーに紹介できたことをうれしく思います。

お買い上げありがとうございました。

  # by cavallino-cars | 2021-09-08 19:21 | Comments(0)

84y 308GTB Quattrovalvole

イタリアから譲り受けたGTBがコロナ前に比べ船や現地のトラックの手配に時間がかかり2ケ月遅れで、先週の木曜に山下埠頭から無事に、弊社のショールームにやってきました。



84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_11140657.jpg

このQVはリザーブされていましたが、船に載って日本にむかっている途中、お客様の都合でキャンセルとなり、再び For sale となりました。

84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12244553.jpg
赤のGTBもいいですが特にシルバーはピニンファリーナの曲線のラインが強調されて308ならではの美しさがはっきりとわかります。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12234040.jpg
ドアミラーは電動となり、小さな跳ね馬のエンブレムがつきました。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12251347.jpg
高齢のオーナーが何十年もずっと大切に所有してきた1台です。本当は売りたくなかったのですが息子さんがどうしても欲しい1台があり、手放すことにしたそうです。
ドア回りの黒いフレームは雨のシミの跡が多いのがほとんどですが、まったくそのようなものが見当たりません。
雨の日は乗らず、室内のガレージで保管されてきた証でしょう。


インテリアもオリジナルの素晴らしいコンディションです。
運転席のサポートもひび割れや傷みなどはほとんどありません。ヘッドレストにもしっかり跳ね馬のプレスがあります。

84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12240846.jpg
マフラーもオリジナルが装着されています。キャブのシングルパイプに対しQVは4本出しとなりました。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12243186.jpg
走行51,656㎞のこの固体のタイヤはおそらく当時の新車時のもの。タイヤの打刻は193。
おそらく1983年19週生産のものだと思われます。当時もっともすぐれていたといわれるピレリP7がついています。
308のキャブではミシュランが指定したがQVになってからはピレリが最初から装着されるようになりました。
既に新しいタイヤは発注済みです。4本のホィールにはFerrai の打刻がしてあるCROMODORA 製。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12524811.jpg
キャブレターの頃は表面に書いてあったCROMODPRAの浮き文字は裏側に移りました。
上の写真はフロントに納まるスペアタイヤの裏側のショット。

84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12252912.jpg

給油口につくゴムのプロテクションも破れなどもありません。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_12223788.jpg

コンディションの良さはエンジンルームのきれいさからもうかがえます。
エアクリーナーボックスの上にプリントされたFerrari の文字もはっきりと残っているほどです。
ウォーターリザーブタンクも新しいものに交換されています。
フロンントのショートスポイラーもクラシックな雰囲気があり当時のフェラーリの美しさを感じます。
84y 308GTB Quattrovalvole_a0129711_11144743.jpg


このクラシックな雰囲気のセンターコンソールはQVまでで、次の328になってからはガラリとモダンなデザインに変更されます。

これからタイミングベルトはもちろん、オルタネーターやエアコンのベルト、そしていたんだホース類、油脂類なども交換。オイル漏れなども点検します。
機関系の修理が完了したのちにリヤのイタリアのナンバーの穴も埋めを行い、予備検査をとり、最後にクリーニングをしてから納車となります。
今契約していただいても納車は年内ギリギリになる予定です。
現在ショールームに展示中ですのでお気軽にご来店下さい。

  # by cavallino-cars | 2021-09-06 11:17 | Comments(0)

CARELLOのワイパー

以前オランダから輸入した現在販売中のDino308gt4 の右リヤフェンダーの傷の補修のため板金工場に入庫している。
CARELLOのワイパー_a0129711_09455355.jpg
輸入時にはワイパーは写真のような黒のステーのものがついていました。
CARELLOのワイパー_a0129711_09462682.jpg
CARELLOのワイパー_a0129711_10113734.jpg
シルバーのステーにワイパーブレードの黒がアンバランスで当時みつけることができたシルバーのものに交換して納車しました。
CARELLOのワイパー_a0129711_10105741.jpg
あれから12年が経過し、やっと新品のカレロのワイパーを見つけることが出来ました。
CARELLOのワイパー_a0129711_09465767.jpg
一般に人には2000円くらいの価値しかないものでしょうが、308のオーナーにはいくらだしても購入したいと思えるほど貴重なものなのです。CARELLOのSERIE ROSSO のTRICOというこのワイパーは今では短いものは比較的みつかりやすいのですが、この長さのものはまず入手するのは困難。
CARELLOのワイパー_a0129711_09470878.jpg
裏にはPRINCIPALI APPLICAZIONI として1973年以降のDino308gt4 と記載されています。
CARELLOのワイパー_a0129711_09475932.jpg
今回このgt4には当時のCROMODORAの純正のホィールをフランスで譲り受けることが出来たうえに新品のワイパーまで入手することができました。まだ新しいオーナーは未定ですが、オリジナルの美しい当時の姿でまた日本の新たなオーナーの元で走れる日がくることをうれしく思います。
2週間後にはショールームに戻る予定です。

  # by cavallino-cars | 2021-09-03 10:14 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE