1年点検

a0129711_1844524.jpg
2015年7月に日本で登録したGTSの1年点検作業を実施中。
1年でオイル漏れが発生。ラジエターからの冷却水の漏れもあり、今回、ホース類の交換とガスケット類の交換を実施。カムベルトは3年前に現地で交換済みだが、オイルが飛び散っていたため今回交換することにした。
a0129711_18453442.jpg
ヘッドのガスケット交換のためにカムベルトのプーりーをはずしてみると1つだけリムがかけていた。
このプーリーのリムの欠落は以前にもDino308gt4 で同様のトラブルがあり、納車前はもちろん、点検時にはいつも気をつけてみているもの。このまま走行していて万一ベルトがはずれたりしたら、バルブクラッシュをおこし、エンジンをオーバーホールすることになる。
a0129711_1846407.jpg
こちらははずしたラジエターコア。下から冷却水が漏れたあとがあるためラジエター屋さんに外注で修理を依頼。
a0129711_18472264.jpg
ボディ側のアルミのパイプにも水が漏れた形跡が残っている。
a0129711_18475738.jpg
ホースの中はこんな状態。来年には交換必須の状態です。ウォーターポンプも回ってはいるが、手で回すとひっかかりがでてきており、こちらも交換することに。このトラブルは実際にベルトをはずして回してみないとわからない。
a0129711_18482530.jpg
昨年末にお預かりしたが、二コルでこの手の車をさわれるメカニックは2人のみ。
1月はフェラーリの研修でほとんど手がつけられなかったのと、国内にパーツがなかったため本国オーダー分が遅れ、今ままでかかってしまった。オーナーのM様お待たせしてすいません。
もう少しお待ち下さい。
春の暖かい日差しが感じられる来月には修理完了の予定。

  # by cavallino-cars | 2017-02-22 18:57 | Comments(0)

gt4のガソリン漏れ

a0129711_2123031.jpg
Dino308gt4 のガソリンタンク上につくタンクゲージユニット上部のプラスティック部分から満タンにした時にだけじわっとガソリンが溢れ出てくることを確認。光のあたっている丸いクボミにガソリンが染みでてくる。プラスティック部分の下の溶接部分からじわりと漏れてきている。新しいゲージユニットとゴムのガスケットを交換してテストして問題なけれれば終了。オーナーは臭いにも敏感であるべきという教訓です。満タンにした時にのみ症状がでる。
a0129711_1038402.jpg
何年か前に元F1 driver のエリックコマス氏とラリーに出場した時、右リアの空気圧が低いと言われ、メカに確認してもらったら2キロのものが1.8キロになっていて驚いたことがあった。
F1ドライバーでない私たちはそこまで車の変化に気がつくことは不可能でも、臭いや音、メーター類には常に気を配りながら運転することが必要。クラシックカーやスポーツカーはオーナーが車の状態を常に把握することもその楽しみのうちと思った方がいい。

  # by cavallino-cars | 2017-02-20 10:38 | Comments(0)

GTBturbo の排気漏れ

a0129711_18415837.jpg
GTBターボのオーナーからヘッドライトを明るくして欲しいのとリクエストがあった。
a0129711_18425989.jpg
工場まで自走している途中排気漏れに気がついた。
a0129711_18444045.jpg
リフトアップするとウエストゲートからマフラーにつながるマニホールドの蛇腹部分が切れてそこから排気漏れがしていたことが判明。ウエストゲートの作動時のショックを吸収するためターボにはこの蛇腹がつく。ちなみに328にはこの部分はストレートのまま。
a0129711_18451754.jpg
今回はオリジナルパーツが入手困難なため、この部分を切断し、伸縮性のチューブを溶接することにした。
a0129711_18471922.jpg
マニホールドをつなぐボルトもやせてご覧のような状態。
a0129711_18583346.jpg
すぐにどうこということはないかもしれないが、将来ぽっきり折れてしまう可能性もあるのでこちらも交換。
a0129711_1845503.jpg
Coのサンプリングのチューブにも小さな穴があいていたため、とりはずし、
a0129711_18463872.jpg
付け根の穴はボルトで塞ぎます。これで排気漏れの修理は完了。
ヘッドライトもキセノンに交換し、
a0129711_18504362.jpg
a0129711_1851841.jpg
a0129711_18513723.jpg
メーター回りのライトも明るいバルブに交換。
最終確認をしていたら助手席側のロックが効かないことが判明。
a0129711_18521461.jpg
とりあえず内張りをはずしてみる。
a0129711_18533244.jpg
すると鍵穴からでるプラスティックのバーが本来、上のネジ部分につかなければいけないはずのものが脱落していた。こちらももとの位置に取り付けて無事作動することを確認。
a0129711_18561142.jpg
製造されて30年も経過しているのでこのようなトラブルは仕方ないこと。きちんと直せばまだまだ現役のスポーツカーには負けない魅力を発揮します。
オーナーから次回はアキュムレーターを交換したいとのリクエストがありました。
生産台数わずか308台。288GTOの半分ほどしかマラネロから出荷されていないGTBturbo。
その意味でも大変貴重なフェラーリだ。しかもその加速はF40 を彷彿とさせるほど凄まじい。その意味でもベストコンディションで楽しんでいただきたい。
そのために点検整備には是非入庫していただくことをお勧めします。

  # by cavallino-cars | 2017-02-13 19:16 | Comments(0)

納車前点検整備

a0129711_10233564.jpg
Pietrasantaから譲り受けたDino208gt4 は現在、ディーラーで納車前の点検整備中。
タイミングベルトの交換、油脂類の交換などの他に今回はフユーエルホース、ステアリングギヤボックス、ブレーキホースなどの交換とヘッドからのオイル漏れがあるため、ガスケット類の交換をすることに。
a0129711_10214181.jpg
予備検査が今月の14日にきれるので取り合えず弊社名義で火曜日に登録しました。
a0129711_10251046.jpg
交換パーツは60点ほど。すべて今週中にはヨーロッパより到着予定。
ご契約いただいたY様。もうしばらくお待ち下さい。

  # by cavallino-cars | 2017-02-09 10:31 | Comments(0)

Ferrari Classiche

a0129711_12404523.jpg
昨日、去年の夏に申請した76yFerrari 308GTBファイバーグラスのクラシケの書類がディーラーより届いた。今回で7台目となります。
ディラーに持ち込んでからこのブックレットが届くまでは約半年。オリジナルの車と認定されたものだけにこの立派な書類がmaranello から発行される。
a0129711_12415640.jpg
最初の1台はPavia のファイバーグラス。
a0129711_1243457.jpg
2台目はAncona の308GTB。
a0129711_12441978.jpg
3台めは南イタリアのCocenzaからのGTBturbo。
a0129711_12462671.jpg
4台めは白のmodena のDino208gt4。
a0129711_12472854.jpg
5台めはMantoba のDino208gt4。
a0129711_124966.jpg
6台目はドイツからのDino308gt4。
a0129711_12535865.jpg
そして今回のLucca のファイバーグラスだ。
a0129711_12545881.jpg
クラシケの申請費用は車種によって異なる。308の場合はGTB,GTS, gt4ともに2015年までは30万円ほどだったが、昨年から50万円に値上がりした。(208gt4も同額です。)
自分の愛車と長くともに暮らそうと思うがゆえに高額な費用を負担され、Classiche の認定書を取得するのだろう。
308は私にとってBest Ferrari です。スポーツカーとしてこれ程素晴らしい1台はない。
この一冊の証明書が、オーナーの愛車に対する想いを強め、ともに長く人生を過ごすことを願います。

  # by cavallino-cars | 2017-02-02 13:13 | Comments(6)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE